Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

ナチュラル感いっぱい!今注目のリネンカーテンにデメリットはあるの?

リネンと聞くと、洋服生地や寝具を思い浮かべる人も多いでしょう。
自然素材でさまざまな用途に使われていますが、その豊かな風合いで最近注目されているのがリネンカーテンです。夏素材のイメージが強いリネンですが、実は寒い季節でも心地良く使うことができます。
でも、リネンカーテンにデメリットはないのでしょうか。
リネンカーテンを上手に活用するために、知っておきたい基礎知識と注意点を解説します。「リネン」と聞いてすぐにどのような素材か説明できる人は案外少ないようです。
まずはリネンカーテンの基本的な知識について解説しましょう。

リネンとは?

リネンというと、ホテルの寝具類を思い浮かべる人がいるのではないでしょうか。または、麻でつくられた布製品全般を連想するかもしれません。
しかし厳密には、麻=リネンというわけではありません。植物の茎から採れる繊維の総称が麻で、リネンは数ある麻の仲間のひとつです。
さらりとした風合いをもち、スーツやカーテンなどに使われているリネンは、亜麻(フラックス)という植物が素材の繊維です。亜麻は比較的気温の低い地域で育成します。主要産地はフランス北部・ベルギー・東欧諸国・中国と世界に広く分布しています。
なかでもヨーロッパ系リネンは品質の良さで知られており、世界中で愛用されています。

自然素材リネン

リネンには「最古の繊維」と呼ばれる長い歴史があり、人類の暮らしに古くから寄りそってきました。定説では紀元前8,000年ごろから利用されているといわれています。なんと1万年以上も使われ続けているのです。

人々の身近にあり、丈夫で汎用性が高いリネン。
現在のリネン製品には、事前に洗いをかける防縮加工が施され、自宅で洗濯できるものも見られます。

リネンカーテンに種類はある?

リネンカーテンは豊富な織りの種類により、厚手からレース状のものまで多種多様です。リネンはやわらかい繊維としなやかで柔軟性のある生地が特徴です。同じ麻の一種であるラミーは、固く張りがあり、より強いシャリ感があります。
リネンカーテンにはリネン100%のほかラミーや綿との混紡も多く、その割合によって風合いが異なります。
夏季のインテリアというイメージを持つ人もいるようですが、季節を問わず使える商品も多数あるのです。

リネンカーテンを選ぶメリット

リネンカーテンの優れた特徴とメリットを紹介しましょう。

リネンカーテンの特徴

□丈夫で耐久性がある

リネンカーテンの第一の特徴はその耐久性です。
海外にはなんと100年以上使い続けられているリネンもあるほど。年を経るごとにやわらかさが増し、独特の味わいが出現します。長く愛用できるリネンカーテンは、一生ものにできるかもしれません。

□抗菌作用が期待できる

リネンの繊維に含まれるペクチンという成分には、汚れを防ぐほか、抗菌効果が期待できます。こうした点も、清潔に使い続けられる理由です。

□吸水性・速乾性に優れる

リネンは同じ自然素材である綿と比べ、吸水性・速乾性に優れています。湿度の高い日本の気候には最適です。
梅雨時や秋の長雨、湿気のこもりやすい夏場はもちろん、結露の季節まで、窓まわりを快適に保つのにひと役買ってくれるでしょう。

□通気性と同時に保温効果がある

自然の恵みから生まれたリネンは、呼吸をする繊維です。内側の空洞に空気が保たれ、通気性と同時に高い保温効果があります。調湿性にも優れているので、室内の湿度のバランス調整も期待できます。

□自然な透け感が楽しめる

リネンカーテンの大きな魅力がそのナチュラル感。光をほどよく透過し、太陽の動きを体感できます。リネンカーテンの透け感は、暮らしのなかに自然な光を運んでくれるでしょう。

□発色が良くデザインが豊富

ホワイト、オフホワイトを基調とするリネンですが、実は非常に発色に優れています。そのため最近では、色の種類が豊富で、部屋に合わせたデザインを選ぶことができます。

元来おしゃれな印象のリネンカーテンですが、個性的な演出にも自在に対応可能です。

リネンカーテンを使うメリット

上述した特徴からもわかるように、リネンカーテンを取り入れるメリットはたくさんあります。自然素材特有の風合いは、どんなインテリアにもよくなじみ、部屋の雰囲気に溶け込みます。素朴でありながらおしゃれという一見矛盾した希望をかなえられるのが、リネンカーテンの良さです。洗濯をすると洗いざらしの風合いを楽しめます。長く使えば使うほど愛着が増していくでしょう。
また、静電気が発生しにくいので、ほこりが立ちにくく、赤ちゃんや子ども、ペットがいる家庭でも安心して使用できます。

リネンカーテンを使うときの注意点

暮らしに自然な彩りを添えるリネンカーテン。デメリットはあるのでしょうか。

□化学繊維に比べて価格が高い場合がある

人工的に製造できる化学繊維と比較し、天然素材であるリネンは貴重です。製造工程にも多く手がかかるため、化学繊維のカーテンよりも、どうしても価格が高めになります。
また高品質なリネンカーテンは、その魅力が十分に生かせるようオーダーメイドが多く見られます。素材自体の価格にオーダー料金が加わり、購入時の負担が大きくなりがちです。

□水洗いによって縮みがでる

自宅で洗濯が可能な場合も、洗濯表示には注意が必要です。正しい洗い方をしないと縮みが発生する可能性があります。縮んで丈が短くなる場合があるため、購入時にはサイズに余裕を持たせておくと安心です。
もしくはクリーニング店でドライクリーニングをする方法もあります。

□しわになりやすい

昔から「麻のスーツはしわになりやすい」とよくいわれます。天然繊維は、化学繊維と比べるとしわになりやすい傾向があります。リネンカーテンのしわも表情であり味わいのひとつですが、気になるときには霧吹きやアイロンで対応をすることをおすすめします。

□遮光性が不足する可能性がある

自然素材のリネンカーテンには、化学繊維のカーテンに施されているようなUV(紫外線)カット効果は期待できません。自然な光の通り具合こそがリネンカーテンの持ち味ともいえますが、遮光性がないと困る場合もあります。
寝室で朝の光を避けたいという場合は、購入前に十分に検討しましょう。
どうしてもリネンカーテンにこだわりたいという人には、ブラインドやロールカーテンとの併用がおすすめです。

リネンカーテン Lif/Lin(リフリン)LL5034

 

リネンカーテンに欠ける機能性を補いつつ、おしゃれな窓空間を実現できます。

 

playlist_add_check リネンカーテンの長短を知って魅力ある部屋づくりを

 リネンカーテンは吸水性・速乾性に優れ、通気性も高く保温効果もある
 リネンカーテンは自然な透け感が特長で発色も美しい
 リネンカーテンは素朴さもありながらおしゃれ
 リネンカーテンは水洗いによって縮みが出る
 リネンカーテンはしわになりやすい
 リネンカーテンは遮光性が低い

リネンカーテンは、ほかの素材では味わえない自然で上質な雰囲気が魅力です。一方で自然素材だからこそのデメリットもあります。特別に扱いにくい素材というわけではありませんが、性質を理解していないとイメージとは異なる結果になることもあります。
リネンカーテンは長く愛用すればするほど、味わいの出るアイテムです。
購入前には住まいとの相性を考えて、暮らしに合う商品を選びましょう。

 

▼リネンの特長についてはこちらも是非ご覧ください

【リネンの5つの個性】

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0250-23-2070

COBLIN 株式会社

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら