Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

ナチュラル感いっぱい!今注目のリネンカーテンにデメリットはあるの?

優しい風合いでお部屋にあたたかな光を取り入れることのできるリネンカーテン。
無垢の床や天然木の家具など、自然素材をつかった家が増えてきており、その部屋に天然素材のリネンカーテンを使っている方も増えています。
昨年そして2021年である今年も、家にいる時間が増え、部屋の空間を心地良くするためにこれからリネンカーテンを使いたいと考えている方や、天然素材のカーテンに興味もある方もいらっしゃるのではないでしょうか。リネンカーテンを使うために良い部分だけではなく、デメリットについても知りたい方も多いと思います。

実際に使う時に後悔のないように、リネンカーテンのメリットだけではなく、使用する上でのデメリットもご紹介します。そして、そのデメリットに対してのどのように対処をすれば良いのかも一緒にお伝えします。

リネンカーテンの中にはリネンを100%使用したカーテンと、コットンなどを混ぜた混合タイプのものがあり、それぞれで特徴も変わってきます。今回は、リネンを100%使用したカーテンのメリットとデメリットをご紹介します。

 

リネンとは?

リネンというと、ホテルの寝具類を思い浮かべる人がいるのではないでしょうか。または、麻でつくられた布製品全般を連想するかもしれません。

寝具
しかし厳密には、麻=リネンというわけではありません。植物の茎から採れる繊維の総称が麻で、リネンは数ある麻の仲間のひとつです。
さらりとした風合いをもち、スーツやカーテンなどに使われているリネンは、亜麻(フラックス)という植物が素材の繊維です。亜麻は比較的気温の低い地域で育成します。主要産地はフランス北部・ベルギー・東欧諸国・中国と世界に広く分布しています。
なかでもヨーロッパ系リネンは品質の良さで知られており、世界中で愛用されています。

 

自然素材のリネン

リネンには「最古の繊維」と呼ばれる長い歴史があり、人類の暮らしに古くから寄りそってきました。定説では紀元前8,000年ごろから利用されているといわれています。なんと1万年以上も使われ続けているのです。

人々の身近にあり、丈夫で汎用性が高いリネン。
現在のリネン製品には、事前に洗いをかける防縮加工が施され、自宅で洗濯できるものも見られます。

 

リネンカーテンの種類は?

リネンカーテンは豊富な織りの種類により、厚手からレース状のものまで多種多様です。リネンはやわらかい繊維としなやかで柔軟性のある生地が特徴です。同じ麻の一種であるラミーは、固く張りがあり、より強いシャリ感があります。
リネンカーテンにはリネン100%のほかラミーや綿との混紡も多く、その割合によって風合いが異なります。
夏季のインテリアというイメージを持つ人もいるようですが、季節を問わず使える商品も多数あるのです。

では、リネンカーテンを使う上で気をつけなければいけないことは何なのでしょうか?リネンカーテンのデメリットについて、そしてその対処法についてお話したいと思います。

 

 

リネンカーテンのデメリット

では、リネンカーテンを使う上でのデメリットとその対処方をお話したいと思います。

 

リネンカーテンの注意点

デメリット1、化学繊維に比べて価格が高い場合がある
人工的に製造できる化学繊維と比較し、天然素材であるリネンは貴重です。リネン(亜麻)は一度収穫すると6~7年収穫ができません。製造工程にも多く手がかかるため、化学繊維のカーテンよりも、どうしても価格が高めになります。
また高品質なリネンカーテンは、その魅力が十分に生かせるようオーダーメイドが多く見られます。素材自体の価格にオーダー料金が加わり、購入時の負担が大きくなりがちです。

デメリット2、水洗いによって縮みがでる
自宅で洗濯をする場合も、洗濯表示には注意が必要です。洗える場合でも、正しい洗濯方法をしないと縮みが発生する可能性があります。一般的にリネンは洗濯すると5~10%縮むと言われています。 ご家庭で水洗いで洗濯する場合には、あらかじめ5%ほど出来上がり寸法を長く縫製するのもお勧めです。
クリーニング店でドライクリーニングをする方法もあります。ドライクリーニングの場合は約1%ほど縮みます。(当社製品第三者機関による収縮検査から)
デメリットに思える伸び縮みも、海外では生地を床にひ引き摺る「ブレイクスタイル」というお洒落な方法でカーテンを楽しむ方法もあります。

デメリット3、シワになりやすい
昔から「麻のスーツはしわになりやすい」とよくいわれます。天然繊維は、化学繊維と比べるとしわになりやすい傾向があります。リネンカーテンのしわも表情であり味わいのひとつですが、気になるときには霧吹きでカーテンにたっぷり水をかけることで、カーテン自体の重さによってシワが改善されます。

霧吹きをかける
洗濯によるシワが気になる方は、洗濯機に入れる前にカーテンをきれいに折り畳み洗うと取り出した際にシワシワになることがありません。ただ、防縮加工のような細かいシワはできますが、洗濯機から取り出して、カーテンレールに掛けて乾かす際に、できるだけシワを伸ばしながら干してください。その状態で乾けば、そこまでシワが気になることはありません。


デメリット4、遮光性が不足する可能性がある

自然素材のリネンカーテンには、化学繊維のカーテンに施されているような遮光効果は期待できません。自然な光の通り具合こそがリネンカーテンの持ち味ともいえますが、遮光性がないと困る場合もあります。

Lif/LinフィールドシリーズLL2001
フィールドシリーズ ~LL2001~

寝室で朝の光を避けたいという場合や、夜寝る時は真っ暗にして眠りたいという方は、購入前に十分に検討しましょう。
どうしても遮光とリネンカーテンにこだわりたいという人には、ブラインドやロールカーテンとの併用がおすすめです。

デメリットと感じる部分でも、お手入れをすれば気にならなくなることもあります。自然素材だからこそ、愛着を感じ、自分で育てていく感覚になるのではないでしょうか?
では、デメリットのあるリネンですが、もちろんメリットもあります。次はリネンカーテンのメリットをご紹介します。

 

 

リネンカーテンのメリット

化学繊維のカーテンリネンカーテンに比べると安い印象があると思います。値段は高いのに選ばれるリネンにはどのようなメリットがあるのでしょう?手に入りやすい化学繊維のカーテンにはない、リネンカーテンの魅力についてご紹介します。

メリット1、丈夫で耐久性がある。

リネンカーテンの第一の特徴はその耐久性です。
使うほどに風合いが変わり柔らかさが増してきます。はじめは麻のシャリ感のある生地が数年後にはくたっと馴染んでいきます。


海外にはなんと100年以上使い続けられているリネンもあるほど。年を経るごとにやわらかさが増し、独特の味わいが出てきます。長く愛用できるリネンカーテンは、一生ものにできるかもしれません。
また、静電気が発生しにくいので、ほこりが立ちにくく、赤ちゃんや子ども、ペットがいる家庭でも安心して使用できるのでおすすめです。

メリット2、吸水性・速乾性に優れ、汚れにくい
リネンは、他の天然繊維であるコットンなどよりも、吸水性・速乾性に優れている素材です。リネンの繊維に含まれるペクチンという成分には、汚れを防ぐほか、抗菌効果が期待できます。こうした点も、清潔に使い続けられる理由です。汚れにくいからこそ、掃除機などの機械の操作も必要もありません。

メリット3、通気性と同時に保温効果がある
自然の恵みから生まれたリネンは、呼吸をする繊維です。内側の空洞に空気が保たれ、通気性と同時に高い保温効果があります。調湿性にも優れているので、室内の湿度のバランス調整も期待できます。よく、「リネンは夏しか使うことができませんか?」という質問をいただきますが、この空洞のおかげで1年中使うことができるのです。

メリット4、自然な透け感を楽しめる
リネンカーテンの大きな魅力がそのナチュラル感。光をほどよく透過し、太陽の動きを体感できます。リネンカーテンの透け感は、暮らしのなかに自然な光を運んでくれるでしょう。繊維1本1本の太さが違うことが写真から分かると思います。

だからこそ、部屋のな赤に入る光もその時々でかわる良さを感じられます。自然素材ならではの良さを楽しみたい方におすすめです。

メリット5、発色が良く、デザインが豊富
ホワイト、オフホワイトを基調とするリネンですが、実は非常に発色に優れています。そのため最近では、色の種類が豊富で、部屋に合わせたデザインを選ぶことができます。元来おしゃれな印象のリネンカーテンですが、個性的な演出にも自在に対応可能です。柔らかい雰囲気にしながら、色やデザインにこだわりたい方にもおすすめな素材です。

上述した特徴からもわかるように、リネンカーテンを取り入れるメリットはたくさんあります。自然素材特有の風合いは、どんなインテリアにもよくなじみ、部屋の雰囲気に溶け込みます。素朴でありながらおしゃれという一見矛盾した希望をかなえられるのが、リネンカーテンの良さです。洗濯をすると洗いざらしの風合いを楽しめます。長く使えば使うほど愛着が増していくでしょう。

 

メリット・デメリットを知って魅力的な部屋づくりを

リネンカーテンは、ほかの素材では味わえない自然で上質な雰囲気が魅力です。一方で自然素材だからこそのデメリットもあります。特別に扱いにくい素材というわけではありませんが、性質を理解していないとイメージとは異なる結果になることもあります。
メリットそしてデメリットを理解して使用することが大切です。

私たちがご紹介しているリネンカーテンは、リネンを100%使用したこだわりの素材と、80種類以上の豊富なバリエーションの中からお選びいただき、フラットカーテンやヒダ数を指定して縫製を行う、お客様のご自宅に合うカーテンをご紹介しております。

リネン素材のイメージで一般的なカーテンと比べて透ける理由で、カーテンには不向きと思う方も多いのですが、リフリンのカーテンは糸のおり密度も高い生地ですので安心してお使い頂けます。リネンカーテン越しの光はお部屋の雰囲気を和らげ、木漏れ日の中にいる様な癒しをもたらしてくれます。
天然素材のカーテンでは珍しい、防炎加工や、伸び縮みのあるリネンだからこそ欲しい防縮加工をすることができるカーテンです。伸び縮みが特に気になる方や、防炎マークのついたカーテンを選びたい方にもおすすめです。
使用する方に安心して使っていただけるだけではなく、環境にも配慮したカーテンになっています。

リネンカーテンは長く愛用すればするほど、味わいの出るアイテムです。
購入前には住まいとの相性を考えて、暮らしに合う商品を選びましょう。

 

 

▼リネンの特長についてはこちらも是非ご覧ください

【リネンの5つの個性】

 

インテリアショップ『ボー・デコール オンライン』

リフリン関連会社が運営する自然素材のラグ、リネンカーテン、ナチュラルインテリアのお店です

上質リネンで快適な睡眠を 8a(ハチア)ベッドリネン
▲ 8a(ハチア)ベッドリネンシリーズ

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0250-23-2070

COBLIN 株式会社

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら