liflin のすべての投稿

本物のナチュラルカーテン ~リネンカーテンLif/Lin~

ナチュラルなお部屋は癒されますよね。

そんなナチュラルな空間に欠かせないのが、カーテンです。

ナチュラルな空間にしたい!と思っている方へ、リネンカーテンをご紹介いたします。

 

本物のナチュラルカーテン 目次

  • ナチュラルカーテンとは
  • 素材が本物なら、ナチュラルな雰囲気だけじゃない!
  • 見た目だけじゃない、ナチュラルカーテン

 

 

ナチュラルカーテンとは

 

ナチュラルカーテンの定義とは、そのカーテンを掛けた空間が、ナチュラルな雰囲気になるカーテンも含まれるかもしれません。

LL2001

 

でも、私たちがおススメしているリネンカーテンは、100%ナチュラルカーテンです。

100%ナチュラルカーテンとは、化学繊維だけど見た目がナチュラルというのではなく、素材が100%天然素材のカーテンになります。

今は、壁紙などでも木目調などでリアルなものもありますが、やはり本物があると醸し出される雰囲気が全く違います。

 

 

素材が本物なら、ナチュラルな雰囲気だけじゃない!

 

ナチュラルなカーテン=ナチュラルな雰囲気になる

というわけではありません。

ナチュラルな雰囲気のカーテンであれば、当然ナチュラルな雰囲気になりますが、本物のナチュラルカーテンであれば、生地の色やスタイルなどで、ナチュラルだけではない空間もできるのです。

ナチュラルカーテンは、アースカラーと言われる、自然界にあるような色合いであることが多いですが、素材自体がナチュラルなものであれば、アースカラーにこだわる必要はないのです。

 

例えば、LL2006などは濃い紫と黒の糸を組み合わせた生地なので、リゾートっぽい感じや大人の女性の雰囲気などを作ることができます。

LL2006

 

また、LL2005やLL2136は濃紺の色で、男性にも好まれる雰囲気が作れます。

LL2005

 

そして、比較的自然素材で構成されることが多い和室などにも調和するので、リビングと和室が繋がっている空間などには、わざわざカーテンを変えるなくても、同じリネンカーテンを納めることができます。

LL2002/LL3001

 

 

見た目だけじゃない、ナチュラルカーテン

 

今までは、主に空間の雰囲気など、見た目に関わる観点でナチュラルカーテンに付いてお話してきましたが、ナチュラルカーテンをおススメするのは、見た目の問題だけではありません。

やはり、カーテンは買い替えることも少なく、お部屋における面積も大きいですが、1番は安全なものを安心して使っていただきたい。という想いがあります。

カーテンにくるまるお子さん

 

カーテンがあると、お子様はどうしてもくるまって遊びたくなってしまいますし、大人だけで、カーテンにくるまることはなくても、日々のホコリの蓄積で、きれいに使っているようでも、カーテンは汚れていきます。

ただの目隠しのためだけであれば、どんなものでもよいのかもしれませんが、健康や安全なものを意識されている方には、ぜひリフリンのリネンカーテンを使っていただきたいです。

 

 

playlist_add_check本物のナチュラルカーテン まとめ

 リフリンは100%天然素材のナチュラルカーテンです。
 本物のナチュラルカーテンは、ナチュラル以外も演出できます。
 リフリンのリネンカーテンで心も体も癒されてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

開発現場と開発に対しての思い

 

こんにちは。

新入社員の千葉です。

 

ただいま、海外研修に来ていて、本日は生産地からブログを発信しています。

今回はリフリンのリネンカーテンの刺繍を作っている工房に来ています。

いつものメンバーでの商談ではなく、今回は私たちスタッフのほかに専門のアドバイザーのAさんも同行して新作の開発についての打ち合わせを行いました。

どんな商品が出来るのか待ち遠しいです。

 

本日のブログは、そんな開発現場と開発に対しての思いを紹介したいと思います。

 

目次

  • 開発の現場
  • モノづくりの姿勢

 

開発の現場

今回の新作では、アドバイザーの協力の下、デザインを決定していきました。生地の製作は、糸選びから始まります。

たて糸はこの色でよこ糸はこの色。

何十色もある糸のサンプルからイメージに近い糸を選んでいきます。

たて糸、よこ糸の組み合わせで色が混ざり合い、出来上がる生地の色が変わっていくので、思い通りの生地の色を作ることは難しいのだと実感しました。

生地のベースの色を決めた後も、デザインの配色、刺繍の色、配置などなど、決めることが盛りだくさんです。一つの新作を作るのにここまで時間を費やしていることに驚きでした。

今でこそリフリンのリネンカーテンも80柄を超えるほどラインナップは豊富になっています。ですが、当時のリフリンの開発現場では、この1柄1柄にたくさんの時間を使い熟考を重ねていたのですね。

長い時間を掛けて新作を開発することには、理由があります。

それが次でお話しする、モノづくりの姿勢です。

 

モノづくりの姿勢

私たちが新作を開発する際、コンセプトにしているのが「造り、健康、環境」です。

造りが丈夫で、健康的に長く使え、環境に配慮した商品を目指しています。

リフリンのリネンカーテンもこのコンセプトの基、誕生しました。

リネンは丈夫な麻の自然素材で、アレルギーの心配も少なく、健康的な生活を長く楽しんでいただけます。長く使えることから頻繁に買い替える必要もなく、環境に配慮した造りになっています。

長く使うことで、モノに対する愛着が深くなっていくことでしょう。

たくさんものがある時代だからこそ、一つのものを永く大切に使ってほしい。

これが私たちの考えです。

開発の現場でも、一つ一つの造りやデザインを大切に、時間をかけて制作にあたっていきます。

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

フォレストシリーズの刺繍 ~リネンカーテンLif/Lin~

 

こんにちは。リネンカーテンLif/Linのシリーズには、刺繍を施したフォレストシリーズがあります。

フォレストシリーズには全て刺繍が施されていますが、今回はその刺繍に注目してみたいと思います。

 

フォレストシリーズの刺繍 目次

  • フォレストシリーズとは
  • フォレストシリーズの刺繍について
  • フォレストシリーズの施工例

 

 

フォレストシリーズとは

 

リネンカーテンLif/Linには、全部で3つのシリーズがあります。

フィールドシリーズ

朝と夜に開閉を行う、厚手のカーテンの生地になります。
種類も豊富で、ベーシックな無地のものから、ストライプやチェックなどの幾何学的な模様もあります。

エアリーシリーズ

一般的なレースカーテンです。
シンプルな無地やストライプのアクセントが入ったものもあります。

フォレストシリーズ

厚手のカーテンの中でも、刺繍を施したハイクラスなシリーズです。
刺繍の種類や色の違いなどを含めると、20パターンの柄があります。

 

 

フォレストシリーズの刺繍について

 

先ほどもお伝えした通り、フォレストシリーズは全て刺繍を施したタイプの生地になります。

5つのシリーズ(柄)がそれぞれに、2~9パターンの色合いがありますが、刺繍のタイプが2種類あります。

 

サテンステッチのように、空間を埋めていくもの

サテンステッチとは、線で囲まれた空間を、色の糸で埋めていくもので、塗り絵をイメージしていただくとわかりやすいと思います。

LL5011 刺繍

主にLL5001・LL5011・LL5021・LL5031のシリーズがこのような刺繍になっています。

表現の仕方は柄によって様々です。

まさに塗り絵のように、びっしり刺繍されていたり、ムラがあったり、中には2色の糸で微妙な色合いを表現しているものもあります。

LL5023 刺繍

LL5033 刺繍

 

 

チェーンステッチのように、立体感のあるもの

一方、チェーンステッチの刺繍が施されているのは、LL5041~LL5049のシリーズです。

LL5041 刺繍

こちらは、ベースの生地の色と刺繍の糸の組み合わせで、9パターンのバリエーションがあります。

チェーンステッチで大きな花を刺繍しているので、存在感があります。

その存在感は、柄が大きいというだけではなく、刺繍部分が他のシリーズよりも立体的で厚みがあるため、より存在感が増します。

LL5041 立体的な刺繍

 

 

フォレストシリーズの施工例

LL5001

LL5001

2色の糸を使い、刺繍部分にも濃淡があるため、日中と夜では違う表情が楽しめます。

 

LL5012

LL5012

可憐な花が刺繍で施され、余白も多いため、大きな窓でも主張しすぎずフォレストシリーズをお楽しみいただけます。

 

LL5021

LL5021

フォレストシリーズの中でも、1番柄の大きいシリーズ。
存在感がありますが、植物をモチーフにした文様が洗練された空間を演出してくれます。

 

LL5033

LL5033

リーフ部分の刺繍には、2色の糸を使い、絶妙な色合いを表現しています。

 

LL5046

LL5046

色のパターンが1番多いシリーズです。
ベースの生地と刺繍の糸の組み合わせで、全く違う雰囲気になります。

 

施工例は、ギャラリーページお客様の声で紹介していますので、そちらも見てみてくださいね。

 

 

playlist_add_checkフォレストシリーズの刺繍 まとめ

 まとめテキストまとめテキスト
 まとめテキスト(一行をコピー&ペーストして増やしてください)

 フォレストシリーズはすべて刺繍が施されています。
 刺繍の種類によっても雰囲気がかわります。
 フォレストシリーズで空間が華やかになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

カーテンのフックについて ~リネンカーテンLif/Lin~

 

こんにちは。今回はオーダーカーテンの部材であるアジャスターフックについてお話しします。

 

カーテンのフックについて 目次

  • アジャスターフックとは
  • アジャスターフックの調整方法
  • アジャスターフックの活用方法

 

 

アジャスターフックとは

 

アジャスターフックとは、カーテンをレールに掛ける際に引っ掛ける部品です。

昔は金属の部品でしたが、今は樹脂でできていて、アジャスターという名の通り、金属製の時にはできなかった調整ができます。

カーテンには、カーテンを掛けた時に、カーテンレールが見えるAフックと、カーテンの上部でレールが見えなくなるBフックがあります。

AフックAフックのカーテン

BフックBフックのカーテン

 

金属製のフックの時はAフック・Bフックそれぞれありましたが、アジャスターフックでは、フックの位置を調整することでAフックにもBフックにもなります。

一般的なカーテンではあまりありませんが、最初はAフックで購入したカーテンを、後からBフックにしたい場合、わざわざ別の部材を購入する必要がなくなります。

また、アジャスターフックにもいくつか種類がありますが、リネンカーテンLIf/Linでは、主にヒダのあるカーテンとフラットカーテンで種類の違う2種類のアジャスターフックを使っています。

 

ヒダのあるカーテンでは、長さが90mmのものを使います。

アジャスターフック90mm

 

フラットカーテンでは、長さが75mmのものを使います。

アジャスターフック75mm

 

この2種類は長さだけではなく、形状も少し違っています。
これは、カーテンの上部に縫い付ける芯地と言われるものの形状が違うためなのです。

2種類のアジャスターフック

 

ヒダのあるカーテンでは、アジャスターフック同様90mmの芯地のヒダをつまんだ部分にアジャスターフックを下から差し込みます。

ヒダありカーテンのフック

 

一方、フラットカーテンでは、75mmの芯地に2か所のツメを引っかけて、2cm置きにどこにでも差し込むことができます。

フラットカーテンのフック

 

 

 

アジャスターフックの調整方法

 

フックの位置を動かして調整したいときは、フックを上から下へと下げて調整します。

フックの外し方1フックの外し方3フックの外し方4

 

フックの位置を下に下げたいときは、好みの位置まで下げるだけでいいのですが、今の位置よりも上に上げたい場合は、フックを一度下から抜いて、また上から入れ直す必要があります。

また、希望の位置よりもフックの位置を下げすぎてしまった場合は、上げる時と同様に、一度下からフックを抜ききって、また上から好みの位置へと移動させる必要があります。

 

 

 

アジャスターフックの活用方法

 

今までお話ししてきたように、一般的なカーテンの場合は、最初にAフックで購入したら、Bフックに変えることはあまりないと思います。

でも、動きのあるリネンカーテンの場合は、このアジャスターフックが活躍してくれる場合もあります。

 

●カーテンが伸びた場合

湿度やカーテン自身の重みで、丈が伸びることもあるリネンカーテン。

Aフックで作っておけば、伸びてしまった時はフックの位置を下に下げて(カーテンは上に上がり丈は短くなります)、丈を調整することができます。

 

●カーテンが縮んだ場合

日常生活の中で極端に縮むことはありませんが、お洗濯によって縮んでしまった場合、Bフックで作製したカーテンであれば、フックの位置を上げて(カーテンは下に下がり丈が伸びます)、丈を調整することができます。

 

このアジャスターフックとは、本来1本のフックでAフックもBフックもまかなえるという目的で作られたのだと思いますが、このアジャスターフックの特徴をうまく活用して、リネンの伸び縮みにも対応することができます。

 

 

playlist_add_checkカーテンのフックについて まとめ

 今は調整可能なアジャスターフックが主流
 ヒダのあるカーテンとフラットカーテンではフックの種類が違う
 アジャスターフックでリネンの丈も調整できます

 

 

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

リネンカーテンで心も体も健康に ~リネンカーテンLif/Lin~

 

すっかり秋めいてきましたが、季節の変わり目は体調を崩しやすいですよね。

暮らしにリネンカーテンを取り入れることで、心も体も健康になる理由をお伝えします。

 

リネンカーテンで心も体も健康に 目次

  • 心が元気になる理由
  • 体が元気になる理由
  • リネンカーテンで毎日の習慣も変わるかも

 

 

心が元気になる理由

 

突然ですが、カーテンの素材って何かわかりますか?

今のカーテンの多くは、ポリエステルなどの化学繊維です。

その中で、なんとなくリネンカーテンを選ぶという方は多くはないと思います。

リネンカーテンを選ばれる方は、少なからずリネンカーテンに惹かれて決められているので、気に入ったものを選ぶ。という時点で、心は元気になりそうですよね。

その他にも、心が元気になる理由がいくつかあります。

 

肌触りがよい

リネンカーテン

 

麻の中でも亜麻の繊維のみを使ったリネン100%のカーテンは、しなやかなで肌触りが良いので、毎日の開け閉めが楽しくなります。

 

素材感に癒される

LL2001

 

リネンは他の素材ではなかなかない、味わい深い表情があります。

リネンカーテンにされてから、カーテンの姿に見とれてしまう。という方も多いです。

また、生地が柔らかくしなやかなので、リネンカーテンが風になびく姿もとってもキレイなんです。

 

 

 

体が元気になる理由

 

汚れにくい

なぜ汚れにくいのか。と言うと、静電気が起きにくいため、ホコリが吸着しにくく、ホコリが付いていも、落ちやすいので、結果汚れにくいのです。

カーテンの汚れの大半は、ホコリなんです。

そのホコリが付きにくく、付いても落ちやすければ、お子様がカーテンにくるまって遊んでも安心です。

LL2002

 

 

リネンカーテンで毎日の習慣も変わるかも

 

気に入ったものは大切に使おうと思いますよね。

お気に入りのリネンカーテンにすることで、毎日のカーテンの開け閉めが丁寧になったり、カーテンの触り心地をかみしめたり。

その時間を楽しむために、少し早起きしてみたり。

それまでのカーテンは、外からの視線や日差しを遮るためだけに存在していたかもしれませんが、リネンカーテンを選ぶことで、カーテンが大切なインテリアの一部としてなくてはならない存在になるかもしれません。

カーテンを変えることや、新居にカーテンを選ぶことは簡単なことではありません。

でも、リネンカーテンを選ぶことで、心も体も健康になれるなら、楽しい買い物になりそうですよね。

 

 

playlist_add_checkリネンカーテンで心も体も健康に まとめ

 リネンカーテンは触り心地や質感に癒されます
 リネンカーテンは汚れが付きにくく、清潔に保てます
 リネンカーテンを使うことで、カーテンとの向き合い方が変わるかもしれません。

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

オーダーカーテンについて ~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。

カーテンのことは、なかなかわかりにくいことが多いですよね。

今回は、オーダーカーテンについてお話ししたいと思います。

 

オーダーカーテンについて 目次

  • 価格について
  • 両開きと片開き
  • カーテンのサイズについて

 

 

価格について

 

カーテンを検討するにあたり、この価格という部分は重要ですが、カーテンの価格はいまいちわかりにくいですよね。

リフリンの場合、生地によって金額が変わってきます。

例えば、定番のLL2001は、3,800円/mなのですが、これは生地の価格なんです。しかも1mの生地の価格です。

LL2001の価格

 

カーテンを作製する場合、大きな窓であれば、1m以上の生地を使いますので、3,800円でカーテンができる。というわけではありません。

また、カーテンに仕上げるためには、縫うことも必要になってきます。

ということで、カーテンの価格とは、必要な生地の価格と縫製する金額の合計となります。

 

また、カーテンは同じ生地で同じ窓にカーテンを作製しても、スタイルによって価格が変わってきます。

先ほどのLL2001 3,800円/mの生地で幅190cm丈200cmのカーテンを作製する場合、

①3ッ山2倍ヒダ   37,500円
②2ッ山1.5倍ヒダ  25,000円
③フラットカーテン 27,000円

となります。

3,800円/mという金額は、あくまでも、生地の価格ではありますが、カーテンを作製した際の価格もこの価格に比例しますので、2枚の生地で迷った時などに、どちらの方が価格が安いのか高いのか。という目安にはなります。

 

また、具体的な金額を知りたい場合は、ホームページの商品紹介のからも確認できますので、そちらも参考にしてみてください。

仕立て価格

 

 

両開きと片開き

 

これもわかりにくい部分ですね。

既成カーテンの場合は、2~3種類の幅のカーテンを組み合わせてカーテンが必要な窓よりも大きくなるように選択するため、1枚のカーテンのサイズが基準になり、大きいサイズ1枚で片開き、もしくは小さいサイズ2枚で両開きというスタイルにします。

一方オーダーカーテンの場合は、窓単位で考えます。

カーテンが必要な窓に対して、作りたいカーテンのサイズを割り出してから、それを1枚(片開き)で作製するのか、2枚(両開き)で作製するのかを決めます。

なので、1窓に対しては、片開きで作製しても両開きで作製しても、金額は変わりません。

オーダーカーテンで、片開きを2枚作製して、その2枚で両開きにしようとした場合、サイズによっては逆に価格が高くなってしまうことがありますので、ご注意ください。

 

 

カーテンのサイズについて

 

これも不安なことがたくさんあります。

 

幅に関しては、作りたいカーテンのサイズが必要になりますが、この作りたいカーテンのサイズとは、カーテンレールの長さが基準になります。

 

ヒダありカーテンの場合

ヒダありカーテン

 

カーテンレールの幅に対して、約5%の余裕を持たせた寸法が作製寸法になります。

例えば、180cmのカーテンレールの場合は、180cm×5%=189cmとなります。

 

フラットカーテンの場合

フラットカーテン

 

フラットカーテンの場合は、ヒダのあるカーテンと違い、カーテンレールの幅よりももう少し大きめで作製します。

その理由は、ヒダのあるカーテンは、上部のつまみで強制的に生地のウェーブが出ますが、フラットカーテンの場合は、名前の通りフラットなカーテンなので、カーテンレールの幅よりも大きめで作製することによって、ウェーブを作るのです。

また、ヒダのあるカーテンと違い、レールに対してどのくらい大きくするかも自由に決めることができ、その割合によっても仕上がりの雰囲気が変わります。

 

幅も丈も1cm単位で決めることができますが、床まである掃き出し窓・床までない腰高窓・出窓と、主にこの3種類でサイズの決め方が変わってきます。

 

掃き出し窓

掃き出し窓

 

床まである窓で、出入りができるような窓を指す掃き出し窓は、カーテンを引っかける環っかの下から床までの寸法から1cm~2cm程度引いた寸法が丈の寸法になります。

 

腰高窓

腰高窓

 

床までない腰高窓の場合、カーテンレールの環っかの下から窓枠の下までの寸法に、15cm程度伸ばします。

 

出窓

出窓 LL4003

 

床までない窓ですが、壁面よりも外側へ張り出している窓に面してカーテンを取り付ける場合、掃き出し窓と同じ考え方で、出窓のカウンター部分よりも1cm~2cm程度短くします。

また、出窓でもカーテンレールが出窓に沿ってではなく、壁面に付いている場合は、腰高窓と同じく、窓枠の下から15cm程度長くします。

 

今回の丈の寸法に関しては、一般的な考え方になり、リネンカーテンの場合は、カーテンの伸びやお洗濯による縮みなどを考慮して、長くしたり短くしたりする場合もあります。

 

 

オーダーカーテンについて まとめ

 カーテンの価格は生地やスタイルによって変わる
 オーダーカーテンは窓単位で考える
 オーダーカーテンは1cm単位でサイズを決められる

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

お気に入りを選ぶということ ~リネンカーテンLIf/Lin~

リネンカーテンを選ばれる方には、いつかはリネンカーテンを使いたい。という想いを持って決められる方が多いです。

それだけ、過去のリネンに対する何かしらの経験が、皆さんを虜にしてしまっているのですね。

今回は、お気に入りのものを選ぶ。ということについてお話ししたいと思います。

 

お気に入りを選ぶということ 目次

  • お気に入りに囲まれて暮らす
  • なぜお気に入りが大切なのか
  • お気に入りのカーテンなら

 

 

お気に入りに囲まれて暮らす

 

皆さんの周りには、どれだけお気に入りと呼べるものがありますか?

金銭面や生活スタイル、小さなお子様がいる、、、などの様々な、できない理由もありますが、そういったものを度外視して考えたら、そりゃ好きなものに囲まれている方が、楽しい生活ができますよね。

リフリンのリネンカーテンを選んでいただいた方の中には、ずっとリネンカーテンに憧れていて、やっと実現しました。という方も多いです。

身の回り全てではなくても、1つでも気に入ったものを取り入れると、たったそれだけでも気分が変わりますし、お部屋の雰囲気もぐっと変わります。

以前、ご新築のお客様のカーテンの対応をさせていただいた時、ご新居に引っ越す前のアパートにお邪魔する機会がありました。

とても素敵な方で、そのお客様のこだわりのご新居はとっても素敵だったのですが、アパートでも素敵な暮らしをされていたのが印象的でした。

今の家ではそんな生活ができないから、引っ越ししたら、家を建てたら。などと考えている方も多いと思いますが、実は素敵な暮らしとは、どんな場所でもいつからでも始められるのだと感じました。

いつか引っ越ししたら、家を建てたら。そのいつかを待つのではなく、今から好きなものに囲まれた暮らしを始めてみませんか?

 

 

なぜお気に入りが大切なのか

 

お気に入りのものは、大切にしますよね。

大切にすれば、愛着が湧きます。

愛着が湧けば、丁寧に扱います。

丁寧に扱えば、長持ちします。

 

絶対に長持ちする。とは言い切れませんが、愛着もなく雑に扱うのと、丁寧に扱うのとではモノとの向き合い方が変わってきます。

実はリネンカーテンも、毎日丁寧に扱ったとしても、陽射しにさらされるため、ダメージも受けています。

毎日開閉をするときに手でつかむ部分などは、切れてくることもあります。

そんな時、愛着もそれほどないカーテンだったら、きっと買い替えると思いますが、気に入ったものであれば、それをリメイクして使い続けたり、切れていない部分を他の小さな窓のカーテンに作り直したり、どうにかしてこれをもう少し使えないかな。と考えるのではないでしょうか。

リネンカーテンに限らず、特に思い入れのないカーテンなら、そんなことまではしないですよね。

大切すぎて、日常生活で使えない。という状態もありますが、ぜひお気に入りをどんどん日常の生活で使ってみてください。

暮らすことへの向き合い方も変わってきますよ。

 

 

お気に入りのカーテンなら

 

お気に入りのカーテンなら、一部分が切れてしまったり、お引越しでサイズが合わなくなっても、その先の使い道があります。

例えば、開閉の際に手が触れる部分が破れてきたら、その部分に違う生地を付け足して、サイドボーダースタイルにすることもできます。

両サイド付け足し

 

また、切れた部分以外の生地を、小さな窓のカーテンとして再利用したり、小さく切って窓ふきなどの布巾のように使うことも可能です。

リネンで窓ふき

 

ドイツのホテルでは、リネンの生地で窓ふきを行うそうですよ。

こんな風に、お気に入りのものだったり、他の用途として使えるものであれば、最後までそのものを活かせる方法を考えてあげることも楽しいですね。

 

 

 

お気に入りを選ぶということ まとめ

 ステキな暮らしはいつでもどこでも始められる
 お気に入りがあると、暮らしが丁寧になる
 リネンカーテン、リメイクも楽しめます

 

 

 

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

様々な場所で使われるリネン ~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。私たちはリネンカーテンをおススメしていますが、カーテン以外にもリネンは様々な場所で活躍しています。

 

様々な場所で使われるリネン 目次

  • 身の回りのリネン
  • リネンの特徴
  • リネンが愛される理由

 

身の回りのリネン

 

身の回りにはリネン素材がたくさんあります。

 

ランチョンマット

ランチョンマット

ランチョンマットとは、食事の際にテーブルに敷いてその上にお皿などの食器を置くものです。
布以外の材質もありますが、テーブルが汚れたり、食器の底でテーブルが傷つくのを防いでくれます。

 

キッチンクロス

キッチンクロス

後でも触れますが、リネンは乾きが速いため、たくさんのお皿を拭いたら交換しなければならない手間も省けます。

 

エプロン

エプロン

こちらも、キッチンクロスと同様に、丈夫で速く乾くので、大活躍です。

 

寝具として

寝具

寝具としては、夏だけのイメージがありますが、リネンは保温力もあるため、冬でも快適に使えます。
また、シーツなどのカバー類はサイズが大きいですが、これまた速く乾いてくれるので、干す場所も取りません。

 

衣服として

リネンのシャツ

これも今では定番になりつつありますね。
昔はリネン素材の洋服などは、とても高価な印象がありましたが、最近では気軽に求めやすくなりましたよね。

 

いざという時に

リネンの布

特に用途を決めなくても、カバンの中に一つ忍ばせておくと、いざという時に活躍します。

例えば、食事の際のナプキンとして使ったり、暑い時はタオルの代わりに使ったり、ちょうど手ぬぐいのように、ハンカチよりも大きめのものを1つ持っていると重宝します。

 

 

リネンの特徴

 

先ほども少しリネンの長所をお伝えしましたが、リネンにも長所と短所があります。

①吸水性が良い

吸水性が良いため、キッチンクロスなどでは重宝します。
また、夏場の寝具でも汗を素速く吸収し、発散もしてくれるのは助かります。

 

②乾きが早い

キッチンクロスなど、濡れてしまうものや寝具などの干す際に場所を取ってしまうものなどは、この乾きの速さはありがたいです。
また、乾くのが速いということは、濡れている時間も少ないため、雑菌なども繁殖しにくいのです。

 

③丈夫で長持ち

リネンは自然素材の中では、丈夫で長持ちなので、お気に入りを長く使うことができます。

 

④使い込むと風合いが変わる

最初は少し張りがありますが、使い込むほどにしなやかに柔らかくなっていきます。

 

⑤シワになりやすい

まだ張りのある時期は特に、シワになりやすいです。
シワが付いてしまうと、シワを取りにくい点もあるので、気になる方にとっては欠点になってしまいますね。

 

 

リネンが愛される理由

 

リネンが身近になったのは最近ですが、人気は以前からありました。

リフリンのリネンカーテンを使っていただいているお客様も、いつかはリネンカーテンを使いたい。という憧れをずっと持っていて、ついにリネンカーテンを購入しました。という方も少なくはありません。

なぜ、リネンがそんなに愛されるのか、理由は様々あると思いますが、リネンの素材感が醸し出す、ナチュラルな雰囲気や、使い込むほどに変化していく姿に愛着が湧くのだと思います。

 

一度リネンの魅力を知ってしまったら、他の素材には戻れません。

ぜひ、皆さんもリネンの魅力を体感してみてください。

 

 

様々な場所で使われるリネン まとめ

 身の回りにはリネン製品がたくさんあります。
 リネンは短所もありますが、長所がたくさんあります。
 身近なものからリネンのある生活を始めてみましょう。

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

リフリンでよく選ばれるカーテンの種類~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。新入社員の千葉です。

カーテンはインテリアの中でも特に時間をかけて選ぶアイテムだと思います。

本日はリフリンでよく選ばれるカーテンの種類についてご紹介します。

 

目次

  • ヒダありカーテン
  • シェードタイプ

 

ヒダありカーテン

ヒダありカーテンとはカーテンレールに吊るして左右に開閉するカーテンです。

リフリンのヒダありカーテンはオーダーで選べますので、お好みに合わせヒダ数やカーテンレールを組み合わせることが出来ます。

ヒダを多めに作って高級感を出したり、ヒダを少なくして素材の自然な雰囲気を楽しんだりとお部屋のイメージにピッタリなカーテンを作ることが出来ます。

一般的にはレースカーテンとドレープカーテンを揃えて選ぶことが多いですが、レースカーテンだけを使用して、自然光がたっぷり入る空間を作るお客様もいます。

また、ブラインドとリネンカーテンを組み合わせて使ったりとお部屋の雰囲気によって様々な使い方ができますよ。

カーテンとブラインドを組み合わせたコーディネートの例

 

ちなみにリフリンのリネンカーテンではヒダありだけでなく、ヒダなしのフラットカーテンも作ることが出来ます。

上の写真はリネンカーテンと無垢の床。自然素材と自然素材のコーディネートはそれだけで素敵です。リネンの自然のくたっとした感じを表現するにはフラットカーテンはぴったりです。

自然素材でできたお部屋に入る光は、より自然の温かみを感じさせることでしょう。

 

シェードタイプ

シェードはひもで操作して上下で開閉するカーテンのことです。ジャバラのように生地をパタパタと畳むことですっきりとした見た目になります。

シェードはそのコンパクトさからすっきりとした空間を作るのに適しています。階段の踊り場・リビングの小窓などで役立っています。

シェードは上下で開閉できるので太陽の高さに合わせ自由に調光することが出来ます。西日が強いお部屋にも適しています。

 

こちらのお部屋ではお庭が見える窓にリフリンの生成りのシェードを選んでいただきました。

大きな窓に全面的にシェードを取り付けることで外の景色が一望できるお部屋になります。窓の周りもすっきりしているので、お庭とお部屋とが一体化したような空間になっています。

シェードも開閉時にリネンのくたっとした風合いを楽しむことが出来ます。

リフリンのリネンカーテンは生地やカーテンの種類を一から決めたうえで作るオーダーメイドのカーテンです。

オーダーカーテンは既製品と違い、選ぶ段階も多いですが、その分表現の自由度が幅広いです。こだわり抜いたお部屋にオーダーカーテンを選ぶと一層イメージに近いお部屋になりますよ。

 

playlist_add_check まとめ

 カーテンはヒダの仕様によって雰囲気を決めることができます。
 シェードはすっきりとした空間を演出してくれます。

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

リネンカーテン、1枚だけ掛けること ~リネンカーテンLif/Lin~

リネンカーテンを検討されるお客様の中で、
カーテンの枚数をどうするか迷っているという相談をお聞きするときがあります。

枚数をどうするか、というのも初めから厚手のカーテンとレースのカーテンを2枚揃えるか、それとも厚手(あるいはレース)1枚だけでもいいものなのか、ということ。

今回は皆様に楽しくカーテン選びをしていただくためにも、1枚にされたお客様のきっかけを、施工例を交えながらお話したいと思います。

リネンカーテン、1枚だけ掛けること 目次

  • 1枚だけにするきっかけは?
  • 施工例

 

1枚だけにするきっかけは?

一般的には、厚手のカーテンとレースのカーテンを同時に選ぶ場合が多いですが、もちろん、カーテンを1枚だけにする方もいらっしゃいます。

それでは、リネンカーテンを一枚だけにされる場合というのは、どのようなときなのでしょうか?

①外からの視線が気にならない環境

外からの視線が気にならないところ…

例えば、家が高台の方にあったり、窓向かいに景色だけが広がっていたりとなれば、外から見られる心配はあまりありませんよね。

そうなると、リネンのカーテン1枚だけをかけて楽しまれる方もいらっしゃいます。

②シャッターが付いている窓に掛ける

防犯や防災のために、窓にシャッターが付いているご家庭もございます。

そのような環境であると、夜になったらシャッターを閉めることになるため、レースだけ、あるいは厚手のカーテンだけを選ぶという方も多いです。

 

そのほかに、『日中はレースカーテンも使わないから、夜用に厚手のカーテンだけ1枚選ぶ』という方もいらっしゃいました。

 

“カーテン1枚のみ”の施工例

1枚だけカーテンがかかっている姿も、リネンカーテンは素敵です。

こちらのお客様は、外からの視線が気にならないから、とレースの生地を選んでいただきました。

こちらのお客様も、掛けているカーテンはレースタイプの【LL3033】のみ。

レース一枚だけの姿はやはりすっきりしていて気持ちが良いですね。

【LL2002】(厚手カーテン)

【LL2132】(厚手カーテン)

厚手のリネンカーテンを一枚掛けている姿も、程よく陽の入りは感じさせてくれるので、日中に閉めていても圧迫感は少なく、開放的です。

 

いかがでしたでしょうか?

カーテンは2枚揃えなければいけないわけではありません。

ぜひ、ご自宅の造りや環境に合わせてリネンカーテンのスタイルをお選びください!

リネンカーテン、1枚だけ掛けること まとめ

 カーテンを1枚だけにする場合もあります
 お家の環境を見ながら、カーテン選びをお楽しみください

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら