liflin のすべての投稿

リフリンでよく選ばれるカーテンの種類~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。新入社員の千葉です。

カーテンはインテリアの中でも特に時間をかけて選ぶアイテムだと思います。

本日はリフリンでよく選ばれるカーテンの種類についてご紹介します。

 

目次

  • ヒダありカーテン
  • シェードタイプ

 

ヒダありカーテン

ヒダありカーテンとはカーテンレールに吊るして左右に開閉するカーテンです。

リフリンのヒダありカーテンはオーダーで選べますので、お好みに合わせヒダ数やカーテンレールを組み合わせることが出来ます。

ヒダを多めに作って高級感を出したり、ヒダを少なくして素材の自然な雰囲気を楽しんだりとお部屋のイメージにピッタリなカーテンを作ることが出来ます。

一般的にはレースカーテンとドレープカーテンを揃えて選ぶことが多いですが、レースカーテンだけを使用して、自然光がたっぷり入る空間を作るお客様もいます。

また、ブラインドとリネンカーテンを組み合わせて使ったりとお部屋の雰囲気によって様々な使い方ができますよ。

カーテンとブラインドを組み合わせたコーディネートの例

 

ちなみにリフリンのリネンカーテンではヒダありだけでなく、ヒダなしのフラットカーテンも作ることが出来ます。

上の写真はリネンカーテンと無垢の床。自然素材と自然素材のコーディネートはそれだけで素敵です。リネンの自然のくたっとした感じを表現するにはフラットカーテンはぴったりです。

自然素材でできたお部屋に入る光は、より自然の温かみを感じさせることでしょう。

 

シェードタイプ

シェードはひもで操作して上下で開閉するカーテンのことです。ジャバラのように生地をパタパタと畳むことですっきりとした見た目になります。

シェードはそのコンパクトさからすっきりとした空間を作るのに適しています。階段の踊り場・リビングの小窓などで役立っています。

シェードは上下で開閉できるので太陽の高さに合わせ自由に調光することが出来ます。西日が強いお部屋にも適しています。

 

こちらのお部屋ではお庭が見える窓にリフリンの生成りのシェードを選んでいただきました。

大きな窓に全面的にシェードを取り付けることで外の景色が一望できるお部屋になります。窓の周りもすっきりしているので、お庭とお部屋とが一体化したような空間になっています。

シェードも開閉時にリネンのくたっとした風合いを楽しむことが出来ます。

リフリンのリネンカーテンは生地やカーテンの種類を一から決めたうえで作るオーダーメイドのカーテンです。

オーダーカーテンは既製品と違い、選ぶ段階も多いですが、その分表現の自由度が幅広いです。こだわり抜いたお部屋にオーダーカーテンを選ぶと一層イメージに近いお部屋になりますよ。

 

playlist_add_check まとめ

 カーテンはヒダの仕様によって雰囲気を決めることができます。
 シェードはすっきりとした空間を演出してくれます。

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

リネンカーテン、1枚だけ掛けること ~リネンカーテンLif/Lin~

リネンカーテンを検討されるお客様の中で、
カーテンの枚数をどうするか迷っているという相談をお聞きするときがあります。

枚数をどうするか、というのも初めから厚手のカーテンとレースのカーテンを2枚揃えるか、それとも厚手(あるいはレース)1枚だけでもいいものなのか、ということ。

今回は皆様に楽しくカーテン選びをしていただくためにも、1枚にされたお客様のきっかけを、施工例を交えながらお話したいと思います。

リネンカーテン、1枚だけ掛けること 目次

  • 1枚だけにするきっかけは?
  • 施工例

 

1枚だけにするきっかけは?

一般的には、厚手のカーテンとレースのカーテンを同時に選ぶ場合が多いですが、もちろん、カーテンを1枚だけにする方もいらっしゃいます。

それでは、リネンカーテンを一枚だけにされる場合というのは、どのようなときなのでしょうか?

①外からの視線が気にならない環境

外からの視線が気にならないところ…

例えば、家が高台の方にあったり、窓向かいに景色だけが広がっていたりとなれば、外から見られる心配はあまりありませんよね。

そうなると、リネンのカーテン1枚だけをかけて楽しまれる方もいらっしゃいます。

②シャッターが付いている窓に掛ける

防犯や防災のために、窓にシャッターが付いているご家庭もございます。

そのような環境であると、夜になったらシャッターを閉めることになるため、レースだけ、あるいは厚手のカーテンだけを選ぶという方も多いです。

 

そのほかに、『日中はレースカーテンも使わないから、夜用に厚手のカーテンだけ1枚選ぶ』という方もいらっしゃいました。

 

“カーテン1枚のみ”の施工例

1枚だけカーテンがかかっている姿も、リネンカーテンは素敵です。

こちらのお客様は、外からの視線が気にならないから、とレースの生地を選んでいただきました。

こちらのお客様も、掛けているカーテンはレースタイプの【LL3033】のみ。

レース一枚だけの姿はやはりすっきりしていて気持ちが良いですね。

【LL2002】(厚手カーテン)

【LL2132】(厚手カーテン)

厚手のリネンカーテンを一枚掛けている姿も、程よく陽の入りは感じさせてくれるので、日中に閉めていても圧迫感は少なく、開放的です。

 

いかがでしたでしょうか?

カーテンは2枚揃えなければいけないわけではありません。

ぜひ、ご自宅の造りや環境に合わせてリネンカーテンのスタイルをお選びください!

リネンカーテン、1枚だけ掛けること まとめ

 カーテンを1枚だけにする場合もあります
 お家の環境を見ながら、カーテン選びをお楽しみください

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

リネンカーテンのボリュームについて ~リネンカーテンLIf/Lin~

今回は、カーテンのボリュームについてお話ししたいと思います。

 

リネンカーテンのボリュームについて 目次

  • カーテンのボリュームとは
  • カーテンの幅を少し大きめに作製する理由
  • オーダーカーテンサイズは自分で決めることができます

 

 

カーテンのボリュームとは

 

カーテンの素材はリネン以外にも様々ありますが、しなやかにくたっとするものもあれば、張りのある生地もあります。

リフリンのリネンカーテンは。と言うと、しなやかでくたっとしています。

LL2131

 

カーテンを開けた際に、窓の横にカーテンを束ねますが、幅の大きな窓であれば、当然ボリュームも大きくなります。
ただ、同じ長さのカーテンを束ねた場合、張りのある生地としなやかな生地とを比べたら、当然しなやかな生地のボリュームは小さくなります。

麻はチクチク・ゴワゴワと張りのあるイメージをお持ちの方もいるかもしれませんが、リフリンのリネンカーテンは、リネン(亜麻)100%なので、とてもしなやかでチクチク・ゴワゴワしていないのです。

 

 

カーテンの幅を少し大きめにする理由

 

先ほどもお話ししたように、リフリンのリネンカーテンのボリュームは大きくはありません。

一般的な左右に引き分ける、ヒダのあるカーテンを作製する場合、レールの幅に対して約5%ほど大きくします。

これは、リネンカーテンに限ったことではなく、全てのカーテンで大きくするのですが、リネンカーテンならではの理由があります。

それは、リネンカーテンのしなやかな特徴が関係しています。

毎日、カーテンを開閉する際に手で掴む部分が変形したり、リネンの生地の特性で中央部分に隙間が空いてくることがあります。

中央の隙間

このようなことが起きた場合、幅にゆとりを持たせて作製することで、中央部分の隙間が開きづらくなります。

ですので、リネンカーテンを作製する場合は、必ずカーテンレールの幅よりも少し大きめで作製をしてください。

 

 

オーダーカーテンのサイズは自分で決めることができます。

 

オーダーカーテンは、サイズを自由に決められるのは当たり前ですが、横幅や縦方向の長さなどを1cm単位で決めることができます。

例えば、ヒダをとらないフラットカーテンの場合、通常カーテンレールに対して1.3倍の幅で作製することをお勧めしていますが、お好みで1.2倍や1.1倍で作製することも可能です。

この倍率によって、印象も変わってきますのでお部屋の雰囲気や好みでどの倍率にするかを選んでください。

フラットカーテン1.3倍

フラット1.3倍

 

フラットカーテン1.2倍

フラット1.2倍

 

フラットカーテン1.1倍

フラット1.1倍

 

いかがですか?

特にフラットカーテンでは、この場率によってウェーブの雰囲気を変わるので、どの程度大きくするかは大切なポイントです。

 

自由に決められるからこそ、難しいと思われがちですが、想像力を働かせてどのようなカーテンが好みかをイメージしてみてください。

 

 

カーテンのボリュームについて まとめ

 リフリンのリネンカーテンはしなやかでくたっとしている
 カーテンの幅は少し大きめに作りましょう
 オーダーカーテンは1cm単位で寸法を決められます

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

“リネン”という名前 ~リネンカーテンLif/Lin~

最近では“リネン”という言葉をよく耳にするようになりましたが、このリネンという言葉は、様々な用途で使われています。
今回は、“リネン”という言葉についてお話ししたいと思います。

 

“リネン”という名前 目次

  • 2つの意味を持つ“リネン”
  • “リネン”にまつわる素敵なお話し
  • “リネン”と同じくらい耳にする“麻”とは

 

 

2つの意味を持つ“リネン”

 

1つ目は“リネン”の本来の意味である、亜麻という植物の繊維や、その繊維で織りあげられた生地を“リネン”と言います。

リネンカーテンLif/Linのカーテンは、その名の通り、亜麻(リネン)100%のカーテンです。

リネンは人類の歴史上もっとも古い繊維と言われていて、今から約1万年前から存在しています。

ミイラを巻いているものもリネンなんだそうです。

 

もう一つの“リネン”は、亜麻以外のものも含めた布製品を呼ぶ場合です。

ハウスリネンベッドリネン

“ベッドリネン”という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

これは、先ほどお話しした、亜麻の布に限らず、寝具の布に使われる言葉でです。

素材がコットンだったとしても、枕カバーやシーツなどが、この“ベッドリネン”に当てはまります。

その他にも、キッチンで使われるテーブルクロスやナプキン、キッチンリネンなどもそれらを総称して“テーブルリネン”と呼ばれています。

ヨーロッパでは王侯貴族が純白のリネンを好んで使っていたそうで、寝具など身近な布製品はおそらく“リネン=亜麻”を使っていたのだと思います。

しかし、その後はコットンの需要が高まり、リネン産業が衰退してしまったのですが、上質なリネンの名前がそのまま残り、リネンではないものでも、生活の中で使う布製品を総称して“リネン”と呼ばれているのでしょう。

 

“リネン”にまつわる素敵な話

 

アンティークリネン

先ほどもお話ししたように、生産性や扱いやすさやから、コットンの需要が伸びていく中でも、ヨーロッパでは、結婚の際に嫁入り道具として様々なハウスリネンを持っていくという習慣があり、母親が10年分も使える量のハウスリネンを嫁ぐ娘に持たせていたそうです。

その嫁入り道具のハウスリネンは、生地の端に赤い糸で花婿と花嫁のイニシャルが刺繍されている。という特徴があります。

蚤の市などで、アンティークリネンなどを目にすることがあります。

そこには、やはり赤い糸で刺繍が施されています。

何も知らずに手にしたら、ただの刺繍としか思いませんが、どなたかのイニシャルが施された、嫁入り道具と知っていたら、また見方が変わってきますね。

 

“リネン”と同じくらい耳にする“麻”とは

 

リネンも麻の1種ですが、“麻”となると、もっと大きなくくりになります。

麻の種類は実に20種類以上ある。と言われていて、今までご紹介してきた亜麻(リネン)もあれば、苧麻(ラミー)や大麻(ヘンプ)、黄麻(ジュート)と様々な種類があります。

全て感じの名前には“麻”という文字が入っていますが、植物の種類は全く違うものなのです。

日本では古くから、苧麻(ラミー)が多く使われていました。

実際、亜麻以外は比較的ゴワゴワ・チクチクした肌触りなので、麻全般がそのような印象になってしまっているのだと思います。

 

 

“リネン”という名前 まとめ

 “リネン”布製品の総称でもある
 かつてのヨーロッパでは王侯貴族がリネンを好んで使っていた
 日本ではリネン以外でも“麻”と呼ぶものがある

 

 

 

 

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

レースカーテンの清涼さ~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。新入社員の千葉です。

秋の涼しい風が心地よいですね。窓を開けるとカーテンがそよぐ感じが秋らしくて好きです。

本日は秋の風をより感じられるレースカーテンをご紹介します。

 

目次

  • レースカーテンの魅力
  • Airlyシリーズの紹介
  • 風を感じる室内

 

レースカーテンの魅力

レースカーテンと言えば日中の明るい時間に使いますよね。

程よく調光してくれるレースカーテンはダイニングなどの光が多く差し込む場所や暗くなりがちな廊下や階段の踊り場などでは大きく空間の印象を変えるアイテムになります。

直射日光は直線的な光が部屋に差し込むので一部分しかお部屋を照らしませんが、レースカーテンから光を通すことで直射日光が屈折してさわやかな光に変えてくれます。

片開き LL2002/2001

LL4001 1枚

また、小窓につけて清涼感を出す方もいらっしゃいますよ。リーフ柄の刺繍がさわやかな明るい印象ですね。

 

Airlyシリーズの紹介

リフリンのレースカーテンでは、Airlyシリーズという種類があります。その名の通り空気のような軽やかさを楽しんでいただけるレースカーテンとなっています。

ひらひらと風に揺れるカーテンはさわやかな印象を与えてくれます。リネンの素材そのままをレースカーテンにしたLL3001の生成りの生地も大変人気がありますよ。 少しベージュがかった自然本来の色がこだわりのお部屋や家具にマッチします。

 

リフリンのAirlyシリーズでは生成りの他にも、無地、ストライプ、ボーダー、刺繍とお部屋の雰囲気に合わせやすいよう豊富な柄をご用意しております。

ご自慢のお部屋にマッチする一枚をお選びください!

 

自然を感じる室内

うららかな日差しとそよそよとした風。無垢の床の素敵なお部屋です。写真からもゆったりとした時間が流れているように感じます。

自然素材に囲まれたお部屋は自然と見事に調和します。自然を感じながら部屋でくつろぐのは至福の時間ですね。このようなお部屋でお茶してみたいものです。

LL4003

小窓に刺繍をあしらったLL4002のレースカーテン。ハーバリウムや水差しの植物とリーフ柄のカーテンがマッチしています。薄く軽やかな素材なので自然光もしっかり取り入れて暗くなりがちな場所もさわやかな明るい印象を与えてくれます。

清涼感のあるリフリンのレースカーテンはお部屋を明るくさわやかにしてくれます。アイテムひとつでお部屋の印象もがらりと変わりますよ。

 

playlist_add_check まとめ

 レースカーテンはお部屋の印象の重要な決め手。
 Airlyシリーズは色々な雰囲気に合う柄がそろっています。
 リネンのレースカーテンは明るくさわやかな印象に。

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

防縮加工で縮みをやわらげよう ~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。

先日、Lif/Lin(リフリン)のオプションのひとつである防炎加工について、お話をしましたが、本日はもうひとつのオプションである『防縮加工』についてご紹介をしたいと思います!

Lif/Linの防縮加工について 目次

  • 防縮加工って必要?
  • 見た目に違いはある?
  • 防縮加工の注意点

 

防縮加工って必要?

『防縮加工』は、リネンを縮みにくくさせる加工のこと。
なぜこの加工が用意されているのかというと、それはリネンの“伸び縮み”という特徴があるからなのです。

リネンカーテンは、湿度が高い時にはその湿気を吸い込むことで伸び、またその湿気を吐き出すことで元に少しずつ戻っていきます

一方で、縮むときというのはお洗濯をしたとき

こちらのリネンカーテン、もともとは同じ丈だったのですが、左右で洗濯の回数が違います。
向かって右はまだ一度も洗濯をしていないのに対して、左は数回洗濯をしました。

 

ちなみに、洗濯の回数を重ねるごとに縮む長さというのは落ち着いていきますが、洗濯を繰り返すと、大体5~7%縮むとされています

一度目の洗濯で7%も縮んでしまうというわけではありませんが、最初の洗濯による縮み具合は比較的大きなものでもあります。

 

この“洗えば縮んでしまう?!”という大きな悩み…。

このお悩みを解決してくれるひとつの方法が、『防縮加工』です!

Lif/Linの防縮加工は薬品を使わず、生地の状態で一度”湯通し”をしています。

カーテンの縫製をする前に、一度目のお洗濯をするイメージをしていただくとわかりやすいかもしれませんね。
この工程を入れることで、リネンカーテンの収縮率は1~2%程に抑えることができますよ

 

見た目に違いはある?

それでは、大事な見た目についてはどうでしょうか?

こちらのお写真では、防縮加工を施したリネンカーテンと防縮加工をしていないリネンカーテンを並べています。

向かって左が防縮加工有りのリネンカーテン。
向かって右は防縮加工無しのリネンカーテンです。

左のカーテンのほうが、若干ウェーブが柔らかく出ているのがわかりますか?

 

防縮加工を施すときに一度湯通しをするため、生地はより柔らかなものとなり、そしてリネンらしい程よいしわ感が出るのです。

見た目ではあまりわかりにくいかもしれませんが、使い込まれたリネン生地のようなくたっとした見た目になります。

防縮加工は縮みにくくする加工ではありますが、このように初めからリネンらしい柔らかな手触り・見た目を堪能するための加工として選んでいただくのもいいかもしれませんね。

防縮加工の注意点

今回、Lif/Linのオプションである『防縮加工』についてご紹介をしましたが、この防縮加工というのは完全に縮まなくなる加工ではありません

防縮加工は縮みにくくさせる加工ですので、やはりお洗濯をしたり湿度の高い時期などには少しだけ縮んだり、伸びたりします。

ただこの伸び縮みがどうしても起こりうるというのは、リネンが自然素材で呼吸をしているからこそのこと。

ぜひ、リネンを長く楽しむためのひとつの解決策として、このオプションを活用していただけたらと思います。

Lif/Linの防縮加工について まとめ

 リネンは洗うと縮む生地です

 防縮加工を施すと、伸縮率を1~2%に抑えることができます

 防縮加工は一度湯通しをする加工のため、見た目・手触りともに風合いを感じさせてくれます。

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

カーテンの両開きと片開きについて ~リネンカーテンLif/Lin~

カーテンのことって、わかりにくいことが多いですよね。

今回は、カーテンの両開き・片開きについてお話ししたいと思います。

 

カーテンの両開きと片開きについて 目次

  • 両開きと片開きについて
  • カーテンは窓ごとで考えます
  • 片開きにする理由

 

両開きと片開きについて

1つの窓に対して、2枚の布で中央から左右に引き分けるのが両開き。

両開き LL5033

 

1つの窓に対して、1枚の布で左右どちらかから反対方向へ開閉するのが片開きです。

片開き LL5034

 

同じ大きさの窓でも、両開き・片開きどちらでも選択することが可能ですが、一般的には、両開きのカーテンを目にすることが多いですよね。

 

 

カーテンは窓ごとで考えます

 

既成カーテンでは幅100cmや幅150cmのカーテンを窓の幅に合わせて必要な枚数を購入することが多いです。

今は様々な窓のサイズがあるので、1枚で対応できるものもあれば、2枚ないと足りない。というケースもあると思います。

もちろんオーダーではなく、既成なので、既にあるもので窓を覆える組み合わせを考えるというイメージです。

一方、オーダーカーテンの場合は、窓に合わせて作成するため、サイズや開き方などを決めることができます。

この窓に合わせて。というところがポイントになります。

この時に考えるのは、あくまでも窓という単位になります。

既にカーテンレールが付いている場合もありますが、その窓に対してどのような色・柄のカーテンを選び、どのようなスタイルにして、片開きにするか両開きにするかを、窓ごとに考えていきます。

同じ窓の大きさであれば、片開きにしても両開きにしても、金額は変わりません。

 

 

 

片開きにする理由

 

一般的には両開きが多い中で、片開きを選択するのは、どのような時でしょうか?

①窓の幅が狭い

LL4001 1枚

両開きにするほど、窓の幅が大きくない場合は、1枚で作製することが多いです。

 

②見た目のバランス

片開き 2窓

両サイドにカーテンが束ねられているよりも、片側に束ねられている方が、空間全体のバランスが良かったり、スッキリとした印象にもなります。

また、2つ窓が並んでいて、その2つの窓を1つの窓のように見立てて、両サイドに引き分けることもあります。
これも、全体としては両開きのような見た目になりますが、1つの窓に対しては、片開きのカーテンが掛かっていることになります。

 

③開閉の効率

片開き LL2132

両開きの場合は、右・左とそれぞれ開ける必要がありますが、片開きなら開け閉めは1度で終わります。

 

④カーテンの柄を重視して

LL4003

特にレースカーテンに多いですが、カーテンに綺麗な柄あるものは、両開きのカーテンのように中央で分断されずに、カーテンの柄を楽しむことができます。

 

⑤カーテンを束ねるスペースの関係

片開き LL2002/2001

特に寝室などでは、限られたスペースにベッドなどが置かれることがあります。

ベッドや家具などが窓の一部に掛かっている場合は、家具などを置いていない方へ寄せることで、束ねたカーテンが邪魔になることもありません。

また、頻繁に出入りを行う窓の場合は、出入りをする側にカーテンの束が無いほうが、スムーズに出入りが行えます。

 

 

このように考えると、片開きは効率的にも思えますが、最近では大きな窓もあるため、お洗濯などの際の取り扱いのことを考えると、カーテン1枚の大きさがあまり大きくなりすぎないことも、重要です。

また、カーテンレールの形状によっては、両開きしか選択できない場合もありますので、ご注意ください。

 

 

カーテンの両開きと片開きについて まとめ

 お住いの状況によって、片開き・両開きを選択できます
 オーダーカーテンは窓ごとで考えます
 両開き・片開き、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

リネンの季節はもう終わりですか? ~リネンカーテンLif/Lin~

まだまだ暑い日もありますが、夜に聞こえる虫の音は、秋らしくなってきましたね。

だから、リネンの季節はもう終わり?なんて思っている方もいるかもしれませんね。

いえいえ。リネンは1年中使えますよ。

 

リネンの季節はもう終わりですか? 目次

  • リネン(麻)は夏だけという世界もあります
  • それではリネンカーテンは?
  • 1年中快適な理由

 

 

リネン(麻)は夏だけという世界もあります

 

様々な場所で使われている麻素材。
例えば着物の世界では、麻は夏にしか着ません。

でも同じ身に付けるものでも、お洋服の世界では、最近は冬でも麻素材を着ることもありますし、ベッドリネンとして通年通して麻の寝具を使う方もいらっしゃいます。

このように、麻は夏のイメージがありますが、夏が終わっても使っていただけます。

 

 

それではリネンカーテンは?

 

朝日を浴びるリネンカーテン

 

リネンカーテンは、と言うと、もちろん1年中使っていただけます。

今もカーテンを夏用と冬用で交換される方もいらっしゃるかもしれませんが、最近では通年通してカーテンは掛けっぱなしの方の方が多いのではないでしょうか?

もちろん、夏用・冬用とカーテンを変えることで気分も変わりますし、交換の都度お手入れをしてあげることで、長持ちもします。

ただ、クッションカバーなどと違い、保管場所も必要になるので、ちょっと大変ですよね。

なんとなく、夏だけというイメージのあるリネンカーテンですが、1年中ずっと使っていただきたいと思っています。

ただ、保管場所の確保が大変だから、通年通してリネンカーテンが使える。と言っているのではありません。

きちんと、リネンカーテンが1年中使える理由があります。

 

 

1年中快適な理由

 

これから迎える寒い時期にもリネンカーテンが快適に使える理由としては、繊維がマカロニのような筒状になっている構造にあります。

この筒状の空間に空気をため込み、断熱材の役割をしてくれるのです。

だから、外からの冷たい空気も室内に入れにくかったり、逆に室内の暖まった空気を外に逃がさないようになっているのです。

でも、熱伝導率も高いため、触れた瞬間はヒヤッとします。

熱伝導率とは、熱の伝わりやすさのことを言いますが、熱伝導率が高いということは、リネンに触れた瞬間に、人の体温がリネンに奪われるため、ヒヤッとするのです。

カーテンだと少しイメージしにくいかもしれませんが、例えば、リネンの洋服や寝具などを想像するとわかりやすいかもしれません。

リネンのシャツを冬に着たら、熱伝導率のおかげで、着た瞬間はヒヤッとしますが、しばらくするとひんやり感も忘れて、快適に過ごすことができます。

 

このように、リネンの構造上、寒い時期にもリネンカーテンは活躍してくれるのです。

 

 

リネンの季節はもう終わりですか? まとめ

 リネンカーテンは1年中快適に使えます。
 その理由は、リネンの繊維の構造に秘密があります。

 

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

自然素材の暮らし~リネンカーテン Lif/Lin~

こんにちは。新入社員の千葉です。

カーテンはお部屋の大部分を占めるインテリア。カーテンはお部屋の印象が決まっていく重要なアイテムですよね。

本日はカーテンと空間についてのお話です。

 

目次

  • カーテンと自然素材のお部屋
  • 自然素材の同士のコーディネート

 

カーテンと自然素材のお部屋

「自然素材に囲まれた暮らしをしたい。」このようなお話をお店でよくお聞きします。無垢の床やインテリアも自然素材にそろえたけどカーテンだけは違うということがあるそうです。カーテンは遮光性などの機能性にこだわっている製品が多く、化学繊維で作られたカーテンが一般的になっています。

リフリンのリネンカーテンは100%リネン素材。リネンカーテンは自然素材なので素材にこだわったお部屋と調和します。晴れの日はカーテンを通して自然光が差し込み、まるで木漏れ日に包まれたようなやさしい空間にしてくれます。

 

自然素材同士のコーディネート

無垢材の床は木目や節がきれいに映えて、木の温かみを直接感じます。無垢の床は経年変化があり、年を重ねるとともに味わいの深い色へと変わります。

リネンカーテンも経年変化があります。カーテンは使っていくと色があせてしまうというイメージもありますが、リネンカーテンはあせるというより、味わいに変わっていきます。最初のリネンカーテンはシャキッとした感じが印象的ですが、使い込んでいくうちに柔らかさを増し、麻素材の特徴のくたっとした感触に変わります。

自然素材は経年変化を楽しみながら暮らしを彩ります。お部屋全体が年々変化していく空間は自然素材同士のコーディネートの素敵なところです。

 

playlist_add_check まとめ

 自然素材のインテリアとリネンカーテンはとても合います。
 経年変化する空間をお楽しみいただけます。

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら

防炎加工ができる安心 ~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。

Lif/Linのリネンカーテンには、長く安心してお使いいただけるために、2つのオプションをご用意しています。

それは「防縮加工」と「防炎加工」。

本日はその中の“防炎加工”についてご紹介していきます。

リフリンの防炎加工 目次

  • “防炎加工”とは??
  • 加工前と加工後、見た目に違いはある??
  • 加工後の使い方について

 

“防炎加工”とは??

まず、この“防炎加工”が一体どのような加工なのか、なぜ防炎加工を施す必要があるのかお話いたします。

防炎加工とは、カーテン周りで火災が発生し、カーテンに火が燃え移ったとしても、そこから燃え広がりにくくする加工のことです。

この加工は個人としても安心できるものですが、建物内で安心して過ごすための義務として必要な加工でもあるのです。

“建築基準法”では、高さ31メートル以上の建築物(マンションで言えば11階建てに相当します)や事務所や店舗など不特定多数の人が出入りする場所では、防炎ラベルの付いたカーテンの使用が義務付けられています

防炎加工を施したLif/Linのリネンカーテン

しかし、今まで防炎性能が加わったカーテンとなると、自ずと選択肢は化学繊維でできたカーテンのみとなることが多く、天然素材でできた防炎加工入りのカーテンというのはあまりありませんでした。

せっかくリネンなどの自然素材をカーテンで楽しみたいと思っても、防炎できるかどうかでその楽しみを左右されてしまうのは寂しいですよね。

そこでリネンカーテンLif/Linでは、お客様の環境に合わせてリネンを楽しんでいただけるよう、この『防炎加工』をオプションのひとつとして加えたのでした。

加工前と加工後、見た目に違いはある??

「加工をする」と聞くと、リネンのせっかくの風合いが薄れてしまうのではないか…と不安になりますよね。

下の写真は、Lif/Linのリネンカーテン【LL5011】の通常の生地と防炎加工が施された生地を隣り合わせに撮ったもの。

左:通常生地 右:防炎加工有り

いかがでしょうか?

見た目としては大きな違いはありません。多少生まれる違いとしては、手触りの点でパリっとした感触が強くなります。

先ほど防炎加工をしたリネンカーテンの写真を載せましたが、このような大きな窓に掛かった状態でも”リネンらしさ”を損なってしまうような見た目にはなりませんよ。

 

加工後の使い方について

防炎性能のあるものに付く防炎ラベルにはいくつか種類がありますが、Lif/Linのリネンカーテンに付く防炎ラベルは『防炎ラベル(二)』(マンション等の集合住宅で使用可)というものです。

防炎ラベル

Lif/Linのリネンカーテンの場合、生地になってからこの防炎ラベル(二)での防炎加工を施しています。

そのためご自宅でのお洗濯やドライクリーニングによってこの防炎機能は落ちてしまいますが、その後も再加工をすることは可能ですのでそのときにはお気軽にご相談ください。

もちろんですが、この防炎加工もホルムアルデヒドを使用しておりません。

防炎加工の生地の場合もホルマリン検査を行っており、赤ちゃんの肌着と同じレベルの基準をクリアしております。

防炎加工の際にも、いろんな方が長く安心して使っていただけるような造りでありますので、安心してお使いいただけますよ。

 

リフリンの防炎加工  まとめ

 防炎加工とは“燃え広がりにくくする”加工のこと

 建築基準法により、高さ31メートルの建築物(11階建てマンションに相当)や事務所、店舗など不特定多数の人が出入りする場所では、防炎ラベルの付いたカーテンの使用が義務付けられています

 防炎加工有りのリネン生地でも、風合いはお楽しみいただけます

 防炎加工を施した生地は、お洗濯をすると機能が無くなりますが、その後再加工をすることが可能です

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら