Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リフリンのドレープカーテンとレースカーテン ~リネンカーテンLif/Lin~

 

こんにちは。カーテン用語の中で、“ドレープカーテン”とか“レースカーテン”という言葉をよく聞くと思います。

今回は、このドレープカーテンとレースカーテンについて、お話ししたいと思います。

 

リフリンのドレープカーテンとレースカーテン 目次

  • ドレープカーテンとレースカーテン
  • リフリンのドレープカーテンとレースカーテン
  • 施工例

 

 

ドレープカーテンとレースカーテン

 

ドレープカーテンとレースカーテンという言葉は、よく耳にすると思いますが、実際どういうものなのかを説明いたします。

 

ドレープカーテン

ドレープカーテンとは、朝になったら開けて、夜になったら閉める厚手のカーテンのことで、主に2重のカーテンの手前(室内側)に掛かっていることが多いです。

色・柄も豊富で遮光などの光を遮るものもあり、外からの光や視線などを遮ってくれます。

また、冬などはこのドレープカーテンがあることで、外気が室内に入ってくるのを防ぐこともできます。

 

レースカーテン

一方、レースカーテンは1日中閉じておくことが多い薄手のカーテンです。

主に、日中の日差しが直接室内に入ってくるのを防いだり、室内が丸見えになるのを防いでくれます。

厚手のカーテンよりは、色味や柄などが限られてしまいますが、シンプルなものから裾に変化のあるものなど、楽しめるものも多くあります。

また、厚手のカーテン以上に、室内が見えにくいとか、紫外線を室内に入れないなどの機能的な面から選ぶこともできます。

 

 

リフリンのドレープカーテンとレースカーテン

 

それでは、リフリンのドレープカーテンとレースカーテンはどれになるのでしょうか?

リフリンのドレープカーテン

リフリンでは、フィールドシリーズフォレストシリーズがドレープカーテンにあたります。

LL2001

 

フィールドシリーズとフォレストシリーズで分かれているのは、フィールドシリーズが主に無地やチェック、ストライプなどのシンプルなものが中心になります。

そして、フォレストシリーズに関しては、厚手の生地に刺繍を施した、ドレープの中でも装飾的なシリーズになります。

 

リフリンのレースカーテン

レースカーテンはエアリーシリーズになります。

LL3033

 

ドレープカーテンに比べると、種類は少ないですが、シンプルなものから、刺繍のタイプまで、お好みに合わせて選んでいただけます。

 

 

施工例

 

今までお話ししてきたように、ドレープカーテンとレースカーテンを2重に掛けることが一般的ではありますが、それぞれ使われる方の環境などによっては、1枚しか掛けない方もいれば、レースカーテンを手前にすることもあります。

 

ドレープカーテン1枚

LL2002/2001

あまり外からの視線が気にならない環境であることと、リネンカーテンは適度に光も入ってくるので、ドレープカーテンを1枚だけ掛けていらっしゃいます。

 

レースカーテン1枚

LL3041

マンションの高層階で、こちらも視線が気にならないため、レースカーテンを1枚だけ掛けられています。

 

レースカーテンを2重に掛ける

LL4001+LL3002

一般的なレースカーテンよりも、少し厚手なリネンのレースカーテン。
この2枚を重ねることで、透けすぎることもありません。
より光が入ることで、手前のLL4001が際立って見えますね。

 

ドレープカーテン+ブラインド

LL5034

カーテンとしてはドレープカーテン1枚だけですが、その後ろにはブラインドがあるため、レースカーテンのように、室内に入る光を羽根の角度で調整することができます。

 

レースカーテン+ロールスクリーン

LL3002

こちらもレースカーテンとロールスクリーンという、カーテン以外の組み合わせとなっております。

こちらのお宅の場合は、できるだけカーテンの出っ張りを抑えるために、窓枠の中にロールスクリーンを取り付けています。
でも、表面にはレースカーテンが掛かるため、ロールスクリーンだけよりも柔らかな印象になりますね。

 

 

 

 

リフリンのドレープカーテンとレースカーテン まとめ

 ドレープカーテンとレースカーテンにはそれぞれ役割があります
 リフリンではフィールドシリーズがドレープエアリーシリーズがレースです
 お住いの環境などによって、お好みの組み合わせをお楽しみください

 

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら