Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リネンカーテンは生成りと白だけじゃない⁉カラーカーテンの魅力

リネンといえば、生成りや白のイメージを持たれる方が多いのではないでしょうか。実際、Lif/Linのリネンカーテンでも生成りと白は大人気です。
ナチュラルテイストのお部屋はもちろん、どんな雰囲気のお部屋にも馴染みます。

ですが、Lif/Linのリネンカーテンは92種類の生地からお選びいただける色を選べるカーテンでもあります。
選べる色が多いからこそ「どうやって選んだらいいのかな?」と悩まれる方は多いかと思います。

色は、それぞれの色の効果を持っています。
今回は、色の効果を意識したカラーカーテンの選び方をご紹介いたします。

リネンカーテンは生成りと白だけじゃない⁉カラーカーテンの魅力目次

色の効果を知る

まずは、色を客観的にとらえるために3つの要素を把握しましょう。
色相…色の種類、色の違い
明度…色の明るさ(白に近づくほど明るく、黒に近づくほど暗い)
彩度…色の鮮やかさや強さ

色には、長さや大きさ・距離や面積が分かりやすくなるという視覚的効果、心を高ぶらせたり落ち着かせたりする感情的効果、安らぎや心地よさを与える心理的働きがあります。それらの効果をいくつか挙げてみます。

【暖色と寒色】
「暖色」は、赤・だいだい・黄などの色です。
あたたかみのあるお部屋にしたいなら暖色がおすすめです。
参考品番:LL2165

「寒色」は、青緑・青・青紫などの色です。
クールでスタイリッシュな雰囲気のお部屋にしたいなら寒色がおすすめです。
暑く感じるお部屋には寒色を入れることで清涼感や涼しさを感じられ、心理的効果もあります。
参考品番:LL2167

【軽い色と重い色】
色には、明るさの度合いを表す明度というものがあります。
明度が高い色は軽く感じるので、やさしい印象を与えます。
参考品番:LL2041、LL2042、LL2043

明度が低い色は重く感じるため、格式があり重厚な印象になります。
参考品番:LL2162、LL2168

【興奮色と沈静色】
暖色で彩度(色の鮮やかさ)の高い色は元気が出て健康的な印象になります。
参考品番:LL2164

寒色で彩度の低い色は気を静め落着きをもたらします。
参考品番;LL2163

【進出色と後退色】
暖色で明度・彩度の高い色は迫ってくるように感じるので、ポイントにしたい・目立たせたい場所に使うのがおすすめです。
寒色で明度・彩度の低い色は遠くにあるように感じるので、部屋に奥行が欲しいときに役立ちます。

Lif/Linのリネンカーテンは、日本人の感性に合わせたやさしい色合いです。
全体に彩度を抑えたものが多く、自然をお家に取り入れたように感じて欲しいという思いから選んだ色なので、カラーカーテンでもお部屋に馴染みやすいため、気軽にお使いいただきたいのです。

カラーカーテンの選び方

カーテンはお部屋でも大きな面積を占めるインテリアです。
お部屋の雰囲気に大きく影響を与えるので、選び方は重要なポイントになります。
どんなことを大切にし、そのお部屋でどう過ごしたいのかを考えることでカーテンの色が選びやすくなります。

【リビング】
住まいにおけるリビングの役割は、くつろいだり、リラックスするためと考えると、日中や就寝前の時間をゆっくりと過ごし、毎日の暮らしを充実したものにするために大切な空間です。
そんなリビングには、自然の色合いである生成りや緑はいかがでしょうか。
無彩色の白・グレーもおすすめです。

【LL2133】緑(グリーン):安らぎ、くつろぎ、若々しさ、自然

【ダイニング】
食事をとるための場所がダイニングですが、最近ではお子様の学習スペースや趣味の時間の場など様々なシーンにも使われています。
食事が楽しく話が弾むように、また、その場が明るい雰囲気になるように赤や黄・オレンジなどの暖色系がおすすめです。
【LL2135】黄(イエロー):陽気、活動的、楽しい

【寝室・書斎】
寝室は眠りに入りやすいように落ち着いた濃いめの色、書斎は集中力が増すように青や紫などの深みのある色がいいですね。
プライベート空間は好きな色を選ぶと、より居心地よさが増します。
【LL2006】紫(パープル):神秘的、上品、華やかさ

【子ども部屋】
朝陽を感じながら起きるような、自然に生活のサイクルが身に付くようになるためには、適度な透け感のあるリネンがぴったりです。
お子様が部屋にいて楽しくなるような、黄・ピンク・水色など明るい色や柄があってもいいですね。成長に合わせてカーテンを模様替えしても、大きくなってきたらどんな色を選ぶのかも楽しみです。

お部屋全体を同じような色で統一した場合は、カーテンをアクセントカラーにするとお部屋の全体の色調がまとまります。

おすすめのカラーカーテン

2020年のトレンドカラーがclssic blue(クラシック・ブルー)ということはご存知でしょうか?海や空のイメージから、無限の広がりを感じさせる色であり、心身を落ち着かせ、集中力を高め、頭をクリアにしてくれます。青は日本人に最も好まれる色ですが、濃い青は更に安心感が高まりますので、何が起こるか予測のつかない今の時代にはピッタリの色かも知れません。
【LL2005】
昼間は光が透けて柔らかな雰囲気ながらも、お部屋をすっきりと見せてくれます。夜は同じカーテンでも濃い藍色になり、お部屋を引締めつつ重厚感と高級感があふれます。昼と夜とで違う表情が見られるのも、カラーカーテンならではの楽しみの一つです。

是非、カラーカーテンを取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

色効果を知って選ぶことで居心地のいい部屋になります
お部屋ごとに過ごしたいイメージから色を選ぶ
おすすめカラーはLL2005

こういう暮らしがしたいけどどんな色を合わせればいいのか迷ってしまう方は、是非Lif/Linのスタッフにご相談ください。

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0250-23-2070

COBLIN 株式会社

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら