Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リネンのレースカーテン全て!~役割・おすすめ・注意点・施工例~

Lif/Linレースカーテン白

軽やかでふわっとなびくレースカーテン。

レースカーテンと言っても、織りや素材、デザインによって一つ一つ異なり、多くの種類があるためどんなものを選んだらよいか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、レースの役割と種類についてご紹介し、さらにリネンカーテンLif/Linのレースカーテンの特徴についてお伝えしていきます。

それでは早速、まずはレースカーテンの役目について順に見ていきましょう。

レースカーテンの役目

私達はなぜレースカーテンを選ぶのでしょうか。
まずはレースカーテンの役目について確認していきましょう。

レースカーテンとは

リフリンレースカーテンLL4002
レースカーテンは、正式には「シアーカーテン」と呼ばれています。
英語で「透き通る」という意味の「シアー(Shear)」から、透け感のある薄い生地のことを指しています。

一般的には、厚手のドレープ生地と組み合わせて窓側に掛けられるカーテンとして使われます。

そんなレースカーテンですが、近年では素材やデザイン、織りにこだわった、レースカーテンを引き立てるような仕様やレースカーテンのみで使われる方も増えてきています。

レースカーテンの役割

リフリンのリネンカーテン ブレイクスタイル(床につくスタイル)の施工例
レースカーテンの役割としては、主に下記のことがあげられます。

光の量を調整してくれる

朝のまぶしい太陽の光やお昼過ぎの強い西日など、少し光の量を抑えたいときはありませんか。

そのような時に、厚手のカーテン1枚のみでは、外の景色も見えなくなり、一気にお部屋が暗くなってしまうことも。

レースカーテンがあれば、程よくお部屋に光を取り入れられ光を和らげてくれるますし、外の景色もうっすらと楽しむことができます。

外からの視線を守ってくれる

道路など人通りに面している窓があるお部屋は、部屋の中が丸見えになってしまいます。

そんな時、レースカーテンはプライバシーを守る役割もあります。

冷暖房の効率を高めてくれる

窓は、実は一番外の気温を感じやすい場所で、よく窓を高気密・高断熱にするとお部屋の冷房や暖房の効率性が高まり、省エネになると言われています。

窓自体を取り換えることは簡単にはできませんが、窓とお部屋の中をつなぐカーテンならば、そのような役割を期待することができます。

厚手のカーテン1枚よりも、レースカーテンと合わせた2枚掛けの方が、より冷暖房の効率を高めてくれますよ。

レースカーテンの種類


レースカーテンは、特徴によっていくつかの分類ができますが、ここでは透過性と柄の特徴毎に分類されたものを見ていきましょう。

透過性

■ボイル
ポリエステルや綿を平織にした薄い織物。多くのレースカーテンに採用されている。

■オーガンジー
ボイルと比較すると、さらに薄くてハリのある平織の生地。透明感があり、てざわりはシャキッとしている。

■ラッシェルレース
大きなラッシェル機と呼ばれる大量生産の経編み用機械を用いて編みこまれた、柄レースを指します。日本で最も一般的なレースカーテンです。

■エンブロイダリーレース
英語で「刺繍」を意味するエンブロイダリーの通り、ベースの生地に、刺繍が施されたレース生地です。裾の部分の刺繍が特徴的です。

■プリントボイル
ボイル(ポリエステルや面を平織にした薄い織物)に絵柄をプリントした生地です。

■オパールプリント
一見、プリントボイルのようですが、特殊な加工で、透ける部分と透けない部分が見られるのが特徴的です。

ここまで、一般的なレースカーテンの役目と種類についてご紹介していきます。
では、Lif/Linのレースカーテンはどのような特徴があるのでしょうか。

Lif/Linレースカーテンのここがおすすめ!

レースカーテンの役割と種類がわかったところで、続いてはLif/Linのリネン素材のレースカーテンについておすすめしたいポイントをご紹介していきます。

自然な透け感が美しい

リネンカーテングレー
Lif/Linのカーテンは全てリネン100%です。糸の太さが太かったり細かったりと植物由来の繊維だからこそ、その不均一性が、糸と糸の間を通す光もゆらぎを感じられます。

決して遮光や紫外線カット等の機能面の加工は行っていませんが、その自然素材を活かしたナチュラルな透け感はお部屋の中にいても心地よい安らぎを感じさせてくれます。

色柄が豊富


Lif/Linのレースは全部で23種類。
ベースカラーの生成りやオフホワイトはもちろん、ピンクやイエロー、紫、オレンジ、そしてマルチカラーの色柄が揃っている為、理想のお部屋に合わせた生地をお選びいただけます。

だからこそ、選ぶ前からどれがいいかなとワクワクするのです。
インテリアがお好きな皆さまにはきっと気に入っていただける生地ですよ。

オーダーカーテンなので、間仕切りなどにもOK!

リネンカーテンLL4002カフェカーテン
Lif/Linは全てオーダーメイドで製作しております。
カーテンの細かい仕様はもちろん、実はカーテン以外のアイテムもお求めいただけます。

例えば…
・カフェカーテン
・のれん
・キッチンクロス
・間仕切り用クロス など

気になられるものはお気軽にご相談くださいませ。

さて、ここまでLif/Linレースカーテンのおすすめポイントをご紹介してきました。

ですが、お使いいただくなかで注意したいポイントもございます。次はそちらを見ていきましょう。

リネンレースカーテンの注意点

日焼けをする

青空と太陽
レース、そしてリネン素材に限らず、カーテンは日焼けをします。

すると、生地の色が変わってきたり、繊維が細くなってきたりする場合があります。
最終的に、気づいたら生地が破れそうなんてことも…

少しでも永くお使いいただけるよう、カーテンは閉めっぱなしや開けっ放しではなく、適度に開け閉めをお願い致します。

西日がよくあたる窓には、例えばレースカーテンではなくブラインドの採用を検討するのも一つの手です。

結露に要注意

窓の結露
外とお部屋の中の気温の差が激しい時に見られやすい「結露」。

特に冬場は、放置しておくとカビが発生してしまうことも。
窓側に取り付けられたレースカーテンは特にその犠牲になる可能性が高いです。

対策として、除湿気や換気をして湿度を下げると良いです。

▼結露について詳しくはこちらのブログも!
窓に結露が!カーテンを守る方法

遮熱・断熱効果は低め

Lif/Linレースカーテン白裾
生地自体があえて薄めのレースカーテンは、遮熱や断熱効果は厚手のカーテンと比較すると低めです。

レースカーテンのなかには、遮熱の加工を施したカーテンもございますが、Lif/Linの場合は自然素材の安全性をそのままに、特殊な加工を行っていない造りとなっています。

そのような意味では、遮熱・断熱効果は低いです。しかし、リネンの繊維はストローのような真ん中が空洞の構造となっており、保温効果がある素材ですので、冬のリネンは寒そうというイメージがございますが、意外と寒さは感じません。

▼リネンの保温効果についてはこちら!
四季を通してリネンカーテン〜寒い季節でも安心〜

レースカーテンの施工例

実際にレースカーテンを掛けてみたお部屋のイメージを見ていきましょう。

カーテンとしてはもちろん、他にものれんやカフェカーテン、間仕切りなど薄手の生地の良さを活かしたスタイルもおすすめです。

リビング(LL3002)

リビング(LL3041)

リビング(LL3003)

腰窓(LL3033)

洋室(LL3006)

小窓(LL3041)

LL4002のれん
のれん(LL4002)

出窓(LL4003)

Lif/Linレースカーテンを見れる場所

ここまで、Lif/Linのレースカーテンについてたっぷりとご紹介してきました。

Lif/Linのレース生地を実際にご覧になりたい場合は、ぜひリネンカーテンフェアへお越しくださいませ!

Lif/Linのリネンカーテンフェアでは、レースカーテンはもちろん、厚手の生地や刺繍の生地など、約100種類のリネン生地を全てご覧いただけます。

貴重なこの機会に、ぜひ皆さまのお越しをお待ちしております♪

Lif/Linリネンカーテンフェア開催情報を見る

まとめ

いかがでしたでしょうか。

暮らしを快適にしてくれる縁の下の力持ち「レースカーテン」。
自然素材ならではの安らぎを感じるリネンカーテンをぜひ実際にご覧いただけたら嬉しいです。

リフリン公式ホームページバナー

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0250-23-2070

COBLIN 株式会社

受付時間:10:30〜18:30(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら