Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

窓に結露が!カーテンを守る方法

冬になると気になる窓の結露。

場合によってはカーテンにシミができてしまうことも。
大切なカーテンを守るためには、結露ができる原因を知ったうえで対策が必要です。

そこで今回は、快適な冬を過ごすための結露対策をご紹介していきます。

窓に結露ができるわけ


はじめに、そもそもなぜ窓に結露が発生してしまうのでしょうか。

結露は、温かい空気が急激に冷やされた時に発生しやすいです。

具体的には、「温度」と空気中に含まれる「水蒸気の量」が関係します。

温度が高ければ高いほど、空気中に含むことができる水蒸気の量(器量)も多くなります。

暖かく湿った空気に含まれる水蒸気が急激に冷やされることで、その温度が含むことができる水蒸気の量からあふれてしまった分が液体(水)に変化するのです。

(小学生のころ、なんとなく理科の授業で習ったなと思い出される方もいらっしゃるかと思います。)


お部屋で考えた場合、次のようなメカニズムになります。

暖房やストーブ等でお部屋が暖かく、かつ湿度が高い時は、室内は水蒸気=気体を多く含んでいる状態です。

一方、外の冷たい空気が触れる「窓」は、表面の温度がぐんと下がっています。

温かい室内の空気と、冷たい窓。

室内の暖かい空気が窓に触れることで冷やされ、水蒸気が気体から液体、即ち結露となって発生するのです。

結露が発生すると、どのような影響があるのでしょうか。
続けてみていきましょう。

結露が発生したままカーテンを使った場合


結露が発生しそのまま放置しておくと、実は私たちの健康にも悪影響が及びます。
主な影響は次の通りです。

シミが発生

結露によって発生した水分をカーテンが吸収することで、カーテンにシミができます。
一度できたシミは意外にも取り除くのは大変です。

シミはカーテンだけでなく、壁や天井などにも浸食していくため、出来るだけ結露を発生させない対策が必要です。

カビが発生

結露が発生した場合、その水滴が下に垂れてたり染み込んだりしてサッシや窓枠、壁、カーテン等にカビが発生する場合があります。
カビは、湿度75%以上、5~35℃の環境が生息しやすいと言われています、特にホコリや水分があると育ちやすいため、結露が発生する場所では特にカビが好む環境であると言えます。

カビが発生すると、アレルギー性鼻炎やシックハウス症候群などの症状を引き起こしやすくなります。

ダニが発生

結露によってカビが発生しやすくなることで、今度はカビを餌として成長する「ダニ」も発生します。
ダニは、刺されることだけでなく、ダニのフンや死骸も私たちの健康を蝕んでしまうのです。

カビと同じようにアレルギー性鼻炎や、かゆみを伴うアトピー性皮膚炎の症状が現れます。

では、そんな健康に害を与えることにも繋がりかねない結露を防ぐ方法は何があるのでしょうか。
次にご紹介します。

結露からカーテンを守るには

ではカーテンを結露から守るには一体どうしたら良いのでしょうか。
方法としては、「結露を発生させない」事が大切です。
その方法をいくつかご紹介します。

窓を複層ガラスに


一つ目は「窓」に着目してみましょう。

窓から結露の発生を防ぐには、「複層ガラス」の窓の使用をおすすめします。

複層ガラスとは、ガラスが二重や三重になっている構造の窓のことです。

外部からの冷えが伝わる外側のガラス、室内の暖かい空気が伝わる内側のガラス、その2つのガラスの間に熱伝導率が低い空気の層を挟むことで、結露の発生を防ぐことができます。

換気


二つ目はお部屋をよく換気することです。

室内の水蒸気を少しでも外に逃がすことで湿度を下げ、冷えた窓に触れた空気が気体から液体に変わるのを防ぐことができます。

冬場は外の空気が乾燥している為、数分の換気だけでもとても結露対策に効果的です。

除湿器を使用

お部屋の湿度を下げるという目的で除湿器を使うことも一つの手です。

特に、お洗濯をして部屋干しされる方は湿度が高くなり窓に結露が発生しやすくなりますので除湿器の使用をおすすめします。

ホコリを減らす

カビの餌となるホコリを減らすことも対策の一つです。

自然素材のリネンカーテンは、化学繊維のカーテンと比較して静電気を帯びにくいため、ホコリが付着しにくい特徴があります。

カーテンを軽く手で払った後に、下に溜まったホコリをモップや掃除機で吸い取る事でカビが発生しやすい原因を軽減できますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
健康にも悪影響を及ぼす可能性が高い結露。発生し、カーテンにシミやカビがついてしまってはショックですよね。
大切なカーテンを守るためも、結露を発生させない対策を十分に行うことが大切です。

特に冬場には、より一層窓回りの見直しをしてみましょうね。

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0250-23-2070

COBLIN 株式会社

受付時間:10:30〜18:30(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら