Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

“麻”という植物はたくさんあるのです!

私たちがおススメしているのは、“麻”のカーテンです。

また、最近では洋服や寝具などでも“麻”素材のものをよく見かけるようになりました。

でも私たちの暮らしの中に存在している“麻”は全て同じものではないのです。

“麻”という言葉は、『植物を原料とする繊維』を意味する場合もあり、
リネンはその麻の種類のひとつなのですが、
実は、“麻”と呼ばれる植物は、20種類以上も存在している。とも言われています。

そんな麻を紹介したいと思います。

 

●リネン(亜麻)

主に衣料や寝装品、キッチン周りで使われることが多いです。
また、リフリンのリネンカーテンもこのリネン(亜麻)のみを使用しています。

写真のように、細く繊細な植物なのですが、手ではちぎれないほど丈夫なのです。

 

●ラミー(苧麻)

主に衣料や寝装品、キッチン周りなどと、リネンと同じ用途で使われています。

リフリンのリネンカーテンでは、ラミーは使っておりませんが、
リネンカーテンにラミーを使っている場合も多く見受けられます。

また、日本ではこのラミー(苧麻)が昔から栽培されていたため、
着物などで使われる麻素材は、ラミー(苧麻)が多いようです。

 

●ジュート(黄麻)

主に麻袋や麻ひも、カーペットの基布や農業・工業資材などとして使われています。

ここで出てきた、麻袋や麻ひもなどは、“麻”と聞いて、皆さんが思いつく商品のひとつではないでしょうか?

 

●ヘンプ(大麻)

主にロープや衣料などとして使われます。

このヘンプ、リネン同様、衣料として使われることもあるのですが、
その場合、日本では“麻”と表記することができないため、
“指定外繊維”と表記されます。

このように、日本の衣料に付けられるタグの表記で、
“麻”と表記できるのは、実はリネンとラミーだけなのです。

麻のような風合いだけど、麻という表記が無い場合は、
ヘンプが使われているのかもしれませんね。

 

●アバカ(マニラ麻)

主にロープやひも、帽子やカゴなどに使われています。

リネンに比べると、とても大きな葉っぱですね。

 

●サイザル(サイザル麻)

主にロープやひも、家具などに使われています。

これまた、アバカと同じく、インパクトのある風貌です。
写真だけでもかなり頑丈そうなのが伝わってきますね。

 

このように見ていただくと、みんな“麻”という文字が入っている名前でも、
種類もサイズも違うものなので、必然的に用途も違ってきます。

 

“麻”と一言にいっても、これだけ風貌が違う麻たち。

リフリンのリネンカーテンは、一番最初にご紹介した、繊細なリネンの繊維のみを使用しているので、柔らかく、ゴワゴワしない生地になります。

“麻”のことを知っていただき、またさらにリネンを好きになっていただけたら嬉しいです。

※画像は全てウィキペディアより引用させていただきました。

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0250-23-2070

COBLIN 株式会社

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら