Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

カテゴリー別アーカイブ: お手入れ方法

リネンカーテンの耐久年数とは。

リネンカーテンを使ってみたい!

と思ってくださる方が年々増えていることを実感している今日この頃。

思い切ってリネンカーテンを選んだけど、実際どのくらい使えるのかな?

と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

リネンカーテンの寿命。
実際のところは、具体的な数値でお伝えすることはできません。

それは、カーテンを掛けている場所(陽の当たり方)や開け閉めの頻度、
開け閉めの際の扱い方など、皆さんそれぞれなので、断定することはできません。

ただ、言えることは、一生使えるわけではない。

ということです。

でもこれって、リネンカーテンに限ったことではありませんよね。

家具や家電、ラグなどよりも窓際で強い日差しや冷気と戦っているカーテンは、
様々な状況に耐えながら、過ごしているため、受けるダメージは大きいのです。

それでは、リネンカーテンが劣化していくのを黙ってみていなければならないのでしょうか?

いえいえ、私たちの接し方でも、多少の寿命を延ばしてあげることはできます。

 

①きれいに保つ

空気中に存在するホコリ。
ホコリが無いお宅など存在しないと思いますが、このホコリが付きっぱなしだと、
カーテンに及ぼす影響やダメージも大きくなってしまいます。

お洗濯をするのももちろんいいですが、
こまめにカーテンについたホコリを払っていただくのも効果的です。

リネンカーテンは自然素材なので、静電気が起きにくく、
カーテンに吸着したホコリも払っていただくことで落ちやすいのです。

 

②優しく接する

特にカーテンの場合、操作コードで上げ下げをするシェードと違い、
直接カーテンの一部を持って開け閉めします。
カーテンレールの中央のマグネットが強かったりすると、むりやり引っ張ることになりますよね。
そんなときは、マグネットの磁力を少し弱めたり、
出来るだけカーテンの上部の方で開閉したりして、
優しく接してあげてください。

今までの経験上、カーテンの開閉の際に、
手でつかむ部分から切れることが見受けられます。

お気に入りのリネンカーテンを、大切に思う気持ちで接してみてください。

 

それでも、切れてしまったり、お洗濯をして思った以上に縮んでしまった。

なんてこともあります。

そんなときは、リメイク♪という手もあります!

切れてしまったり、短くなってしまったりした部分に、
相性の良い生地で、サイドボーダーやボトムボーダーを作ってあげることで、
新しいカーテンに生まれ変わり、またカーテンとして使ってあげることができます!

 

また、数日前のブログでもご案内した、カーテン以外の使い道もございます。

【ブログ】リネンカーテンとして使い切ったら・・・
http://www.linen-linen.com/blog/2017/09/19

 

いかがですか?

先のことを考えてもったいない。と思うよりも、
どんどんリネンカーテンの良さを活かして、使い込んでください!

 

 

 

 

我が家のリネンカーテン気軽なお洗濯

LIF/LINカーテンをお使いいただいている

リネン好きな

吉祥寺 H様の自宅でのリネンカーテンの洗い方です。

参考にしてください!

 

我が家のリネンカーテン気軽なお洗濯

カーテンをレールから取り外す

簡単にたたんで大きめの洗濯ネットに入れて

洗いを5分
すすぎを5分
脱水を軽めに3分
それからすぐにレールに取り付け
軽いすすぎだけでカーテン自体が少し重量があるので

シワ感を少なくするときは軽めの脱水にします。

ただ我が家はシワ感をきっちり出したいので

あえて長めに脱水!!!

せっかくのリネン素材なので

シワがきっちりでて使い込んだような風合いにするのが家族全員の好みです。


熱い夏はほぼ半日で乾きます

リネンの生地は非常に丈夫で堅牢で水に強い繊維です。
また最初に水通しをすることで生地が締りさらに耐久性が増します。
洗って繊維がこすれて静電気もおきにくいとても衛生的な繊維です。

そんなに頻繁にお洗濯はしませんが

気分転換で時には気軽に洗濯しています。

自然素材は呼吸をするから伸びたり縮んだり!!

天然素材であるリネンは湿度により伸びたり縮んだりします。

それは天然素材特有の調湿効果があるからです。

室内の湿気を吸収したり、吐き出したり

人間が息を吸ったり吐いたるするのと同じかもしれませんね!!

室内の湿度が高い場合湿気をリネンが吸い込み、

逆に湿度が低い場合は放出したり

素材自体が呼吸をして湿度を調節してくれるからです。

これは天然木の床や珪藻土の壁なども同じ作用があります。

天然木材も湿気が多い場所では膨らみ、

湿気が少ない乾燥した場所では割れてきたりするのと同じなのです。

化学繊維と異なり素材が生きているのです。

 

その代わりに

リネンをはじめ天然繊維全般は生地として仕上げた後水洗いをすると縮みます。

水洗いをすることにより生地が締り全体的に5%ほど縮みます。

織り込んだばかりの時は糸と糸の間に隙間がありますが

水通しをすると生地が締まり隙間がなくなる分縮みますが

そのことによりより生地が締まり強靭になり

耐久性が増し何十年も長持ちするといわれています。

ただ縮むのは最初に水通しをしたときだけでそれ以降はほとんど縮みません

 

カーテンとして縫製後水洗いで洗濯をされる方は5%程出来上がり寸法を

長くお仕立てする方法もあります。

Lif/Linリネンカーテンでは製品前のリネン生地に事前に水洗いを施す

防縮加工(オプション)もお受けしています。

防縮加工を施した製品の水洗い後の収縮率は1%程(監査結果による)となります。

 

 

 

 

使い込んだ生地のほうがかっこいいかも!!

リネンに限らず繊維全般は日光による退色は起こります。

「紬」や「縮」などの日本古来の生地も洗いざらしたり天日干することにより

色の枯れ具合が味わいになると言います。
リネン生地も自然と退色したり使い込んだほうがお洒落かもしれませんね・・・

 

考えてみたら新しいデニムをワザとダメージを与えたり

最初からダメージデニムをわざわざセレクトするのも

使い込んだ感じがカッコいいという感覚をお持ちの方だ多いということ!

開発者の私もやっぱり昔から使うことにより風合いが増す素材が好きでした

 

擦れた感じとダメージが出てきた15年前から愛用のデニムです。

ポケットの糸が綻び何度も繕いながら今でも履いています。

dsc01137

 

これもまた10年位愛用しているリネンの着くずれシャツ

購入したばかりの時の色合いよりかなり色合いが程よく薄くなったような

もう百回以上は洗濯したと思います。

DSC01075

自然素材の使い込んだ風合いが好きな感覚、

色落ちさせて使い込んだ感じがカッコ良かったりする感覚

好きなのは私だけでしょうか