Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

掛け替えの時期はどれくらい?リネンカーテンの耐久性とおすすめの使い方


リネンは紀元前から生活用品にも愛用され、海外では100年を超えるアンティークリネンもあるほど、長年暮らしのなかで重宝されてきました。
アンティークリネンがいまだに愛用されていることからもわかるように、リネンは非常に耐久性に優れています。
水にも強く、長く使っても繊維が崩れるようなことはありません。
お気に入りのリネンカーテンを吟味して選べば、愛着を持って長く使い続けられます。
今回はリネンカーテンの耐久性とおすすめの使い方をご紹介していきます。

リネンカーテンの耐久性は?

リネンはとても丈夫と言われており、綿の2倍、羊毛の4倍の強度を持つと言われています。
ただ、使用している環境や頻度、使い方によってもカーテンへの負担が変わってきてしまうことから、一概に何年使えますとお伝えすることが出来ません。
ただ一つ言えることとして、一生は使えません。
カーテンは日差しや冷気と戦っており、ダメージが多いのです。
そんなリネンカーテンですが、普段の接し方を一つ変えるだけで、カーテンとしての寿命が変わってきます。

永く使っていくための2つのこと

きれいに保つ


カーテンをきれいに保つコツは、こまめにホコリを掃うことです。
カーテン汚れの1番の原因はホコリです。
リネンでなくても、こまめに掃除することがとても大切です。
どんなにきれいにしている部屋でも、空気中にはホコリが舞っていてカーテンに付いてしまいます。
ホコリが付いている状態で、油煙(加熱調理した時に出る油の混じった煙)や太陽に照らされるなどの様々な条件により、そのホコリがカーテンに焼き付いてしまいます。
そうなってしまうと洗濯ではなかなか落とせません。
だからそうなる前に、こまめにホコリを掃っておくことがカーテンをきれいに保つコツなのです。

ホコリを取り除く方法としては、カーテンの表面をはたきで掃除したり、掃除機を軽くかけてあげるのが有効です。
天気の良い日には、カーテンレールからカーテンを外してホコリを掃ってあげるのもいいですね。

カーテンは、上から順にホコリがたまります。
カーテンの裾の方は毎日の開け閉めである程度動きます。
しかし、上部はなかなか動くことがありません。
その上部を動かし、そこにたまったホコリを取り除いてあげることが大切です。
カーテンレールの上にたまったホコリもきれいにしましょう。
この部分が普段のお掃除ではなかなか手が届かない場所なので、想像以上にホコリがたまっています。

さて、ホコリの掃い方の説明をしましたが、これはリネンカーテンに限ったことではありません。
化学繊維のカーテンでも汚れの原因やお手入れの方法は同じです。
ただ、リネンカーテンはホコリの落ち方が違います。
自然素材のため、静電気が起きにくいのです。
静電気が起きにくければホコリも吸い寄せにくいうえに付着したホコリもカーテンから離れやすいのです。
この静電気が起きにくいということが、リネンカーテンを清潔に保てるポイントなのです 。

優しく接する

カーテンの開け閉めは、一部分を掴んで行います。
長く使っていくうちに、手でつかむ部分から切れてしまうことがあります。
そんな時はできるだけカーテンの上部で開け閉めしてみましょう。
お気に入りのリネンカーテンを、大切に思う気持ちで接してみてください。

それでも切れたり、お洗濯をして縮んだりしてしまったら、リメイクがおすすめです!

カーテンをリメイクする


せっかくリネンカーテンを選んでいただいたら、その後も使い続けていただきたいです。
例えば、ダメージのある箇所が一部分だったとしたら、他の部分は使えます。
一度お洗濯をして、カーテンを小さくカットして、カフェカーテンを作ったり、なんにでも使えるマルチカバーもできそうですね。
また、リネンは吸水性と速乾性を併せ持っているため、キッチンクロスなどに向いていますが、同じように、カーテンだったリネンで窓を拭いてみるなど、お掃除用具としてもおススメです。
リネンは毛羽立ちが少ないため、ガラスもとってもきれいになるのです。
このように、カーテンとして諦めても、まだまだ私たちの生活の中で役に立ってくれるのです。
カーテンのダメージを受けている場所によっては、再びカーテンとして再生する方法もあります。


例えば、カーテンを開閉する際に手が触れる部分だけ、穴が開いてしまったり、カーテンの裾が擦り切れてきたら、その部分に違う布を足して、サイドボーダーやボトムボーダースタイルにして、新しいカーテンとしてリメイクしても楽しいです。
愛着持って使っていただいてたLif/Linのリネンカーテンを、ぜひその後の暮らしの中でさまざまに活躍できたらと思います。

playlist_add_check掛け替えの時期はどれくらい?リネンカーテンの耐久性とおすすめの使い方 まとめ

リネンとても丈夫!だけどカーテンとして一生使える物ではありません。
長く使うためのポイントは2つ!⑴きれいに保つこと⑵優しく接すること
リメイクがおすすめ!天然素材のリネンだからこそ最後まで愛着を持って使えます。

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0250-23-2070

COBLIN 株式会社

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら