Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リフリンのヒダ仕様について ~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。

新入社員の千葉です。

 

カーテンは他のインテリアに比べ、専門用語が多く困惑される方が多いかと思います。

本日は、カーテンのヒダついてのお話です。

 

リフリンのリネンカーテンは、全てオーダーカーテンです。

そのため既製品のカーテンと大きく違うところは、形もお客様のお好みに合わせ決められるというところにあります。

リフリンでは、カーテンのヒダを3種類の中から決めていただくことが出来ます。

そこで重要になってくるのがヒダ倍率です。

 

目次

  • ヒダ倍率とは
  • 3ツ山2倍ヒダ
  • 2ツ山1.5倍ヒダ
  • フラット仕様 ヒダなし

ヒダ倍率とは

ヒダ倍率というのは、窓の長さを1とした時、その何倍の長さの生地を使ってカーテンに仕上げていくか決めることです。

ヒダ倍率ではおおよその生地の大きさが分かるので、価格も計算しやすくなります。

例えばカーテンレールが100㎝で、3ッ山2倍ヒダのカーテンを作りたい場合、ヒダ倍率が2倍必要になります。

つまり幅200㎝の生地でカーテンを縫製していきます。

リフリンのリネンカーテンでは、カーテンのヒダの仕様を3種類の中から決めていただけます。

3ツ山2倍ヒダ

リフリンのカーテンの中では一番ヒダ数が多いタイプです。

その名の通り、カーテンのつまみが3つあり、窓に対し2倍の量の生地を使っているカーテンです。

3ツ山2倍ヒダのカーテンは生地をたっぷり使うため、お値段は高くなりますが存在感が際立つカーテンに仕上がります。

お部屋のなかでも目の惹くインテリアとなることでしょう。

 

2ツ山 1.5倍ヒダ

こちらはつまみが2つのカーテンです。

先ほど紹介した3ツ山2倍ヒダに比べ山が一つ少ないので、少しカジュアルな印象のカーテンに仕上がります。

生地の量も1.5倍なので3ツ山に比べ、価格もお手頃になります。

カジュアルに見せたいお部屋におススメの種類です。

 

フラット仕様 ヒダなし

最後はヒダなしのカーテンです。この種類は、フラットカーテンと呼ばれています。

ヒダ倍率はだいたい1.1倍から1.3倍。

2ツ山のカーテンと比べ、よりスッキリとした印象になります。

フラットカーテンはヒダがなくシンプルなため、素材感が引き立つカーテンとなります。

リネンの素材感をより感じたい方におススメですよ。

 

ヒダ数でカーテンの印象が変わってきますので、お部屋のイメージに合わせ決めていただけたらと思います。

playlist_add_check まとめ

 ヒダ倍率は窓の長さを基準に、生地の幅を決めます。
 3ツ山2倍ヒダは高級感、存在感があります。
 2ツ山1.5倍ヒダは、カジュアルに見せたいお部屋におススメです。
 フラットカーテンは素材感が引き立ちます。

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら