Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リネンカーテンの遮光性とは

リネンカーテンは程よく外の光が室内に入り、とっても雰囲気が良いのですが、
遮光カーテンと言われる、ほとんど外の光を通さないカーテンと比べると、
リネンカーテンはたくさんの光が入ってきます。

今までの生活で遮光カーテンを使われていた方が、リネンカーテンにしてみたいな。
と思われたとき、やっぱり室内に入ってくる光の量が気になるのではないでしょうか?

 

化学繊維のカーテンであれば、もともと遮光カーテンではなくても、遮光性のある裏地を
付けて2重にすることで、遮光性を高めることができますが、
リフリンのリネンカーテンでは、裏地を取り付けることをおススメしていません。

その理由は、リネンカーテンはお洗濯をしなくても伸び縮みの動きがあることに対して、
裏地として取り付ける生地は、化学繊維のものが多く、ほとんど伸縮はありません。
この伸び縮み、伸縮率が違うもの同士をくっつけるということで、
リネンカーテンが伸びたり、縮んだりした際に、もう一方の裏地は伸縮が無いため、
どちらかの生地が引っ張られ、よれてしまう可能性があるためです。

 

このような理由で、リネンカーテンを完全に光を遮る遮光性の高いカーテンにすることは
難しいですが、リフリンの生地の中には、遮光性の高い生地もあります。

それは、LL2101です。

 

2本の糸を同時に織り込むことで、他の生地よりもより目の詰まった生地となっております。

ただ、もっと光を遮りたい!

という方には、、、

他のものと組み合わせる。という選択肢もございます。

例えば、ブランドやロールスクリーンなどとリネンカーテンを組み合わせて、
リネンカーテン以外のもので遮光性を上げることができます。

こちらの方は、木製のブラインドとリネンカーテンの組み合わせです。

 

こちらの方は、少し分かりにくいですが、ロールスクリーンとリネンカーテンの組み合わせです。

 

様々な組み合わせで、リネンカーテンをお楽しみください。

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら