Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リネンカーテンで癒しの時間を ~リネンカーテンLif/Lin~

 

夏から一気に冬が来てしまいそうな雰囲気もありますが、窓からの日差しは秋を感じる温かさがありますね。

今回は、冬を迎える前に、ほっこり癒されるリネンカーテンをご紹介いたします。

 

リネンカーテンで癒しの時間を 目次

  • リフリンのリネンカーテン
  • 癒される方続出、リネンカーテンの魅力
  • 秋の夜長にもリネンカーテン

 

 

リフリンのリネンカーテン

 

まず、最初にリフリンのリネンカーテンについて、お話ししたいと思います。

リフリンのリネンカーテンは、リネン100%です。

そりゃ、“リネンカーテン”と言っているくらいですから、リネンでなければおかしいですよね。

でも、リフリンのカーテンは、麻のカーテンではなく、リネン100%のカーテンなんです。
※“麻”と“リネン”の違いは、前回のブログを参考にしてください。

麻のカーテンの中には、リネンとラミーの糸を使って織り上げるものもあります。
例えば、縦糸にラミーを使って、緯糸にリネンを使うことで、リネンとラミーの混合の生地になるのです。

リネンの繊維は細く繊細でしなやかですが、ラミーはリネンよりも繊維が太くハリがあります。

リネンはチクチク・ゴワゴワというイメージがあるかもしれませんが、100%リネンであれば、しなやかで柔らかな肌触りになるのです。

 

 

癒される方続出、リネンカーテンの魅力

 

リネンカーテンを選ばれる方の理由はオシャレだからとか、自然素材で安心だからなど、それぞれあると思いますが、リネンカーテンがお部屋に付いた瞬間、そのリネンカーテンの佇まいに魅了される方は多いと思います。

LL2132

 

もともとリネンが好きで、洋服や小物などでもリネンのものを使っていても、窓際に掛かったときの、素材感はリネンカーテンを使ってみないとわかりません。

お客様からは、『リネンカーテンを眺めて、うっとりしています。』という感想をいただくことが多くあります。

日差しや視線を遮るために付けるカーテンが、お部屋のアートのように癒しのスポットとなるのです。

何かと忙しい現代、あえてカーテンを鑑賞する時間を取る人はいないと思いますが、リネンカーテンは忙しい手を止めてしまうほど、魅力的で癒しの存在になるのです。

 

 

秋の夜長にもリネンカーテンを

 

今までは、日中の日差しを受けるリネンカーテンの魅力についてお話してきましたが、夜のリネンカーテンもまた魅力的です。

 

日中と夜とでは、表情を変えます。

LL2121LL2121

 

日中は、外からの光によってリネンの素朴な素材感を楽しむことができます。

一方夜は、リネンの生地の豊かな表情を感じ取ることができます。

 

ネップと言われる、特徴的な部分も昼と夜とでは、見え方が違うのです。

日中のネップ夜のネップ

LL2023   左;日中のネップ 右;夜のネップ

日中は縦糸の青い色のネップが目立ち、夜は緯糸の白の糸のネップが目立ちます。

 

また、刺繍を施した生地の場合は、夜になると光が遮られ、刺繍部分がより際立って見えるものが多いですが、ベースの生地と刺繍の組み合わせによっては、日中の方が刺繍がくっきりと見えるものもあり、その差を楽しむことができます。

日中のLL5047夜のLL5047

LL5047   左;日中 右;夜

 

日中のLL5021夜のLL5021

LL5021   左;日中 右;夜

 

 

 

 

リネンカーテンで癒しの時間を まとめ

 リフリンのカーテンは、リネン100%です
 リネンカーテンはその素材感に魅了される方が多いです
 昼と夜では、また違う表情をお楽しみいただけます

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら