Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

タッセルを使ってリネンカーテンをもっと楽しもう!

本屋さんのインテリア関係のコーナーに行くと、北欧系やモノトーン系など、テーマに合わせてコーディネートされたお部屋を紹介する雑誌や本を見かけますよね。
このような本を見ながら「次の模様替えでこんな雰囲気のお部屋にしよう」とか、「新しいお家はこんなテイストにしたいな」など、自分が暮らしたいお部屋のイメージを膨らませたり、インテリア選びの参考にされたりしていると思います。
テーマごとにコーディネートされたお部屋を見ていると似た素材感やデザインのインテリアが取り入れられていることに気づきます。
お部屋のインテリア全てを本のようにはできないから、せめてポイントになるインテリアを取り入れてみる。それだけでなんだかお部屋がワンランクあがったようでわくわくしますよね。
では、私たちが紹介をしているリネンカーテンを取り入れると、どのようなテイストのお部屋になるのでしょうか。
軽やかなリネンの素材感や柔らかく光を通す透け感。
天然素材だからこそ糸が均一ではなく、その糸が織りなす表情のある生地。
お部屋全体を温かみのある空間にしてくれるリネンのカーテンは、木の家具とも相性抜群のため、ナチュラルテイストのお部屋に取り入れられることが多いと思います。

ではリネンカーテンがナチュラルテイストのお部屋にしか合わないのかというと、そうではありません。
Lif/Linのリネンカーテンは色のバリエーションも豊富なため、スタイリッシュなお部屋、モダンなお部屋などテイストを選ばずお使いいただけます。
また、ポイントになるインテリアを入れることで好きなテイストを演出するように、カーテンにワンポイント入れるだけで、リネンのカーテンを好きなテイストで楽しむことができます。
そのワンポイントとは、タッセルです。
こだわりのタッセルを取り入れることで、リネンの素材感を活かしつつ、お好みのテイストでリネンカーテンを楽しむことができますよ。

タッセルとは

タッセルとは、カーテンをまとめて束ねるために使う留め具のことです。カーテンにぐるりと巻き付けて窓の端にまとめることで見た目がすっきりし、窓からの出入りも楽に行えます。また、お掃除の時には裾の部分を上に持ち上げて留めておくこともできるので、なにかと重宝するアイテムといえます。

タッセルというと、カーテンと同じ生地を使った布状のものを思い浮かべる方が多いと思います。実際、既成カーテンを購入するとカーテンと同じ生地のタッセルが付いてきますよね。
タッセルには大きくわけて4つの種類があります。
・フックタイプ
・マグネットタイプ
・クリップタイプ
・ワイヤータイプ

私たちがよく目にする布状のタッセルはフックタイプに含まれます。フックタイプとは、ふさかけと呼ばれる壁に取り付けられたフックにタッセルを引っ掛けてカーテンを束ねるタイプのことです。
布以外にも、紐に房飾りやアクセサリーが付いたものなど様々あります。

マグネットタイプやクリップタイプは、カーテンを挟み込むように取り付けるため、フックタイプのように壁にフックが無くても取り付けられます。
マグネットタイプは端に寄せたカーテンを束ねるだけではなく、下から持ち上げるように取り付けることでカーテンをおしゃれにアレンジできます。

ワイヤータイプは、細身でありながら厚みのあるカーテンでも束ねられ、カーテンに束ねた痕が付きにくいのも特徴です。シンプルなスタイルからビーズなどがついた装飾的なものまでお部屋の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

タッセルでお部屋を自分好みのスタイルに!

デザインや素材が豊富なタッセルは、一つ取り入れるだけでお部屋の雰囲気を自分好みのスタイルに変えることができます。

大き目な飾りがついた紐状のタッセルを取り入れたこちらのお家。タッセル自体はそこまで目立つわけではありませんが、さりげなくそこに存在することで、リネンカーテンがアンティークな雰囲気のお部屋にとてもよくなじんでいます。

同じ生地を、ブレイクスタイルというカーテンの裾を長めにとるスタイルでカーテンを取り付けたお家。

同じ生地のカーテンでも、スタイルが変わるとお部屋の雰囲気もまた違って見えますよね。
家具やカーテンと違って、面積としてはかなり小さなインテリアであるタッセルですが、一つ取り入れるだけでお部屋の雰囲気を大きく変えてくれるのです。

タッセルは紐状のものだけではなく、アームホルダーという、壁に取り付けたホルダーにカーテンを引っ掛けるだけのタイプのものも存在します。

端に寄せたカーテンを引っ掛けるだけで扱いが楽なうえに、形にこだわればお部屋の雰囲気を演出するキーアイテムになります。

こちらはカーテンの掛け方もこだわり、全体的にエレガントな雰囲気に。

 

大振りな房飾りがついたタッセルは上品な印象を与えてくれます。

 

 

布状のタッセルでも、このようにカーテンの色とは違う色を取り入れることで、お部屋の雰囲気に合わせた演出をしてくれます。

 

同じカーテン生地でもタッセルを変えるだけで雰囲気を変えることができます。

こちらはアームホルダーでスッキリまとめたタイプ。

こちらは大きな房飾りがついたタイプ。
どちらもリネンカーテンの質感と刺繍の模様を活かしつつ、ワンポイントとしてお部屋を彩っています。

 

タッセルはお部屋のテイストを作るだけではなく、季節ごとに変えてお部屋の模様替えをすることができます。
また、タッセルを使わなくても、麻ひもやカーテンと同じ生地で作った紐などを用いてカーテンを束ねてみても、お部屋を自分のスタイルにアレンジができて楽しいですよ。

実用性だけではなく、窓辺を彩ってお部屋のおしゃれを楽しむことができるタッセル。
リネンカーテンは自分が好きなテイストに合わないかもと諦める前に、タッセルを使った自分好みのテイストの演出をしてみませんか?

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0250-23-2070

COBLIN 株式会社

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら