Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

HP上では違いがわかりにくい生地のご紹介 ~リネンカーテンLIf/Lin~

リフリンでは、ホームページでも生地のご紹介をしておりますが、
微妙な色の違いなど、少々伝わりにくい部分があると思います。

今回は、LL2001・LL2003・LL2007・LL2101・LL2134
の5つの生地の違いについてい、ご紹介したいと思います。

5品番とも“ベージュ系”の生地ですが、、、

 

【LL2001】定番の生成り

 

 

“生成り”とは、色を染めていないそのままのことを指します。
ですので、LL2001は、“リネンそのものの色”ということになります。

リネンのカーテンに限らず、麻素材の製品はこの色に近いものが多いと思います。

 

【LL2003】ベージュと白のハーモニー

 

生地の緯糸(よこいと)にベージュと白の糸が1本ずつ交互に織られています。
1本ずつ交互に織られているため、ベージュのベースに白のラインがすっと入り込んでいるようなイメージです。

今回取り上げた7つの品番の中では、1番黄色っぽい色になります。

LL2001と比較すると、右側のLL2003が若干黄色です。

 

 

【LL2007】生成りと白の細かい格子柄

 

LL2003は緯糸のみ、ベージュと白の糸が交互に織られているのに対して、
LL2007は、縦糸も緯糸も、2本ずつ生成りと白の糸が交互に織られているため、
よく見ると、小さな四角の格子柄になっています。

5品番の中では、白の糸の割合が多いため、実は1番明るく見えます。

また、カーテンとして仕立てた場合、格子柄はよぉ~く見ないとわかりませんが、
生成りと白の配分により、ピンクベージュのような、優しい印象になります。

 

LL2001との比較

並べてみると、LL2001よりも白の割合が多いのがわかります。

 

【LL2101】2本の糸を同時に織り込み、ふっくらと仕上がっています。

 

生成りという色味としてはLL2001と同じですが、
こちらは2本の糸を同時に織り込むことで、より目が詰まった生地に仕上がっています。

そして、生地としてもふっくらと厚みがありますが、しなやかさも併せ持っています。

LL2001と比べてみると。

色の違いは大きくありませんが、LL2101は2本の糸を織り込んでいるため、
縦と横のラインが太いのがわかります。

 

【LL2134】落ち着きのあるベージュ

 

縦糸と緯糸に異なる色糸を使用したこのシリーズ。
LL2003よりも、茶色が強いため、シックな落ち着いたベージュの生地なっています。

LL2001と比べてみると、

LL2001が明るく見えますね。

 

 

いかがでしたか?

違いはわかりましたか?

でも、実物を見て確認するのが1番です!

気になった方は、お近くのリフリン取り扱い店舗
Lif/Linリネンカーテンフェアを行っているお店へぜひお出かけください。

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら