よくある質問スタッフが、よくいただく質問にお答えいたします。

リネンカーテンについて

化繊のカーテンとの違いは?

石油などを原料に化学的につくられる化学繊維ポリエステエル、ナイロン、アクリルなどですと非常に安価に生産できます。その上シワになり難い、型崩れし難い、伸びたり縮んだりし難い等の非常に使いやすい特徴があります。また化学的に作られているため繊維の継ぎ目がなく一本の糸が際限なく長く作製できる特徴があります。 それに比べ天然素材リネンは希少性もあり高価になりますが風合いが柔らかく、肌触りだけでなく見た目にも癒され安全性においても余計な物が入らず時が経つほどに風合いが増すなどの特徴があります。   ここで化学繊維の生地と天然素材リネン生地と比較してのメリット、デメリットを上げてみました。  

項目 メリット デメリット
化学繊維
  • 非常に安価に製造ができる
  • 糸も際限なく製造でき加工しやすい
  • シワになり難く、型崩れし難い
  • 縮んだり、伸びたりし難い
  • 洗濯しても型崩れし難い
  • 静電気が発生しやすく帯電する
  • 帯電する為ホコリ等を帯びやすく黒ずみが起こり易い
  • 熱に弱いアイロンがけなどがしにくい(ナイロンは比較的強)
  • ナイロンなどは紫外線に弱く黄ばみやすい
  • 経年劣化が早い
天然素材リネン
  • 自然な風合いが見た目にも美しい
  • 上質なリネンは肌触りが良い
  • 静電気が発生しにくく帯電しにくい
  • ホコリが付きにくく、おとしやすい
  • 通気性があり乾きやすい
  • お部屋の湿度を調節してくれる
  • 風合いが増し、丈夫で長持ち
  • 適度な日差しを感じられる
  • 素材も限られ加工に手間が必要で高価になる
  • 天然素材であるためネップ等の糸のつなぎ目がある
  • 湿度に応じ伸縮する
  • シワになり易い
  • 遮光には向いていない

リネンカーテンは透けますか?

遮光カーテンなどに比べ天然素材リネンのカーテンは平織で織り上げているので太陽などの日光が薄っすらと入り込みます。夜にお仕事をし、日中に就寝される方で明るいと眠れないという方には不向きかもしれません。 その分健康を考え一日のリズムを自然と過ごしたいという方にお勧めです。 ゆっくりと朝日を感じ体内時計をリセットし、じっくり目覚めの準備をし、日中に活発に活動することにより体内時計のリズムを刻み、夜が近づくにつれ休息の準備に入る。 一日の準備に入る朝日を少しずつ感じる時間。 そんなロハスな方にお勧めです。
  また寝室にもリネン素材のカーテンをどうしても使用したいという方には窓枠に遮光性のあるロールスクリーンを施工し室内側にリネンのレースカーテンをご使用になられるコーディネートもお勧めです。

遮光のリネンカーテンはありますか?

遮光性のあるリネンカーテンはありません。リネンの生地に遮光性のある裏地を取り付ける方法もありますが、収縮率が違う為生地のヨレの原因にもなり当社ではお勧めしていません。   遮光性を設ける場合、窓枠に遮光性のあるロールスクリーンを施工し室内側にリネンのレースカーテンをご使用になられるコーディネートもお勧めです。

伸びたり縮んだりしますか?

天然素材であるリネンは湿度により伸びたり縮んだりします。それは天然素材特有の調湿効果があるからです。室内の湿度が高い場合湿気をリネンが吸い込み、逆に湿度が低い場合は放出したり素材自体が呼吸をして湿度を調節してくれるからです。これは天然木の床や珪藻土の壁なども同じ作用があります。天然木材も湿気が多い場所では膨らみ、湿気が少ない乾燥した場所では割れてきたりするのと同じなのです。   また生地として仕上げた後水洗いをすると縮みます。水洗いをすることにより生地が締り全体的に5%ほど縮みます。ドライクリーニングの場合1%程縮みます(当社製品第三者機関による収縮検査から)。 カーテンとして縫製後水洗いで洗濯をされる方は5%程出来上がり寸法を長くお仕立てする方法もあります。 Lif/Linリネンカーテンでは製品前のリネン生地に事前に水洗いを施す防縮加工(オプション)もお受けしています。防縮加工を施した製品の水洗い後の収縮率は1%程(監査結果による)となります。

肌触りはどんな感じですか?チクチクしたりゴワゴワしたりしませんか?

麻というと皆さんは非常に強く通気性も良い穀物や建築資材を入れる麻袋などのジュートや水にも強い強靭なサイザルロープを想像されチクチクしたりゴワゴワしたりというイメージがあるかもしれません。 麻は植物に含まれる繊維の総称でその植物も非常に種類が多く、同じ麻と呼ばれるものでもそれぞれの性質が異なります。 私たちがよく耳にする麻には 代表的なリネン(衣類、寝具、カーテンなどに使用)その他ジュート、ラミー、ヘンプ、サイザルなどがあります。 その中でもリネン 亜麻は肌触りもなめらかで柔らかく、その上通気性が良く乾きやすいという特徴があります。肌着や寝装品などに使用されるように清涼感があり、非常に強い素材です。 中世ヨーロッパでは洋服、シーツ、カーテン、テーブルクロスや女性用の肌着ランジェリーなどに重宝されていました。そのような歴史からベッド等の寝装品はベッドリネンと呼ばれ、ランジェリーlingerie のlinはリネンから由来されているとのこと。 リネンはとても肌触りが良く昔から愛用された繊維なのです。

自宅でお洗濯できますか?お洗濯すると縮みますか?

麻の仲間たちは非常に水に強いのが特徴です。船舶用のロープに使われている麻のロープ(サイザルロープ)としても有名です。 更に繊維だけでなくそれを織り込んだ生地や編み込んだロープは更に強度を増します。 水洗いが日常のテーブルクロスとしてテーブルなどの汚れ拭きに使用されており、ヨーロッパでは100年以上使用したテーブルリネンはオールドリネンとして骨とう品店などで高く取引されています。 生地やロープになった麻の繊維を水に通し乾燥する過程で、編み目が締り縮みます。 この編み目が締り縮むことにより、さらに強度が増すので、カーテンなどにした場合この縮み率も考慮し 生地にして最初に水洗いをすることにより生地が締りその分全体的に5%ほど縮みます。ドライクリーニングの場合1%程縮みます(当社製品第三者機関による収縮検査から)。 カーテンとして縫製後水洗いで洗濯をされる方は5%程出来上がり寸法を長くお仕立てする方法もあります。 こうすれば最初にご自宅で洗濯されるまでは丈が少し長いですが洗濯後は程よい長さになりご自宅で頻繁に水洗いの洗濯する方にお勧めです。   Lif/Linリネンカーテンでは製品前のリネン生地に事前に水洗いを施す防縮加工(オプション)もお受けしています。防縮加工を施した製品の水洗い後の収縮率は1%程(監査結果による)となります。

リネンは夏のイメージがあり冬の使用でも問題ないですか?

リネンは夏期のシャツや肌着のイメージが強く夏のイメージをお持ちの方が多いようですが、繊維が非常に強く清潔感があるリネンは高級ホテルなどでは寝具として一年中使用されています。 また化学繊維と違い植物繊維であるリネン繊維は中空(繊維の内部に空洞がある)になっており生地が薄くとも繊維自体に断熱、保温効果があると言われています。繊維に中空がある為繊維の乾きが早く水洗いをすると生地が締り(そのせいで一度目の水洗い後は縮みますが)保温性が更に増します。 中世ヨーロッパでは洋服、シーツ、カーテン、テーブルクロスや女性用の肌着ランジェリーなどに重宝されていました。そのような歴史からベッド等の寝装品はベッドリネンと呼ばれ、ランジェリーlingerie のlinはリネンから由来されているとのこと。 リネンは一年中身近な繊維なのです。

日光による退色はしますか?洗濯による色落ちはありますか?

リネンに限らず繊維全般は日光による退色は起こります。 「紬」や「縮」などの日本古来の天然繊維は洗いざらしたり天日干することにより色の枯れ具合が味わいになると言います。 リネンも自然と退色したほうがお洒落かもしれませんね・・・   考えてみたら新しいデニムをワザとダメージを与えたり、色落ちさせて使用したほうがカッコ良かったりする感覚と同じかもしれませんね。

実物は見れますか?

Lif/Linリネンカーテンは全国のインテリアショップ様、カーテンショップ様、ハウジングメーカー様で展開予定です。 11月中旬までには各都道府県に数店のお取扱いができる予定です。 提携店は随時ホームページ内の全国の取扱店ページにてご案内させていただきます。   また近くにお取扱店舗がない場合は10月中旬開設予定のオンラインショップをご覧くださいませ。   それまではこちらまでご連絡下さいませ。 株式会社 LL trade  TEL : 0250-23-2070

縫製レベルはどのくらいですか?どの位の納期がかかりますか?

Lif/Linネンカーテンでは生地と同じくらい縫製を大切にしています。オーダー用の縫製と既成用の縫製では丈などの折り返しの幅やカーテン自体のヒダの数も違います。 また見た目だけでなく縫製の違いで耐久性や寸法の安定性や型崩れ防止にも違いが出てきます。 住宅でも無垢の床にしたのに施工は既成にしては素材感が台無しになるのと同じで Lif/Linリネンカーテンは上質なリネン素材を日本の安全基準や品質基準に合わせて造り上げられているので素材だけでなく縫製も大切にしています。   また国内工場でカーテンの縫製を行っております。ご注文いただいてから2週間から時期により3週間のお時間をいただいて丁寧に仕上げております。

特注はできますか?

通常のレギュラーカーテン仕様、フラット仕様の他にもプレーンシェードなどの仕様もお受けできます。 またサイドやボトムの生地に色柄の異なるリネンを用いたサイドボーダーやボトムボーダーなどもできます。 その他にクッションカバー、のれん、ベッドスプレット等のオーダーもお受けしております。

天然素材リネンのカーテンは高いのでは?

天然素材 特にリネンは上質だがその分金額も高いのでは?とお思いの方も多いと思います。 Lif/Linのリネンカーテンはヨーロッパ産の上質リネンを海外の当社提携工場で生産指導、デザイン作製、生産管理を協業のもと生産されています。日本人の感性に合った意匠、品質に国内のホルムアルデヒド検査(国内の第三者機関にて定期的に実施)や他検査も行いデザイン性だけでなく安全も優先に製造されています。 自社と現地による協業のもと生産されているので価格もできるだけ使用しやすい設定にさせていただいております。

住まいがマンションなのですが防炎ラベルを付けることはできますか?

高さ31メートルを超える建築物(マンション等の建物も含む)や事務所や店舗、その他消防法で定められた不特定多数の方の出入りのある宿泊施設や医療施設、公共施設などでは、防炎ラベルの付いたカーテンの使用が義務づけられております。 天然素材のカーテンで防炎ラベル対応ができるものはほとんどありませんでしたがLif/Lin(リフリン)のリネンカーテンはオプションで防炎加工を施し防炎ラベル ニ (マンション等の集合住宅 可)が取り付けられます。 消防法認定(財)日本防炎協会が認定した防炎カーテンには全てこちらの防炎ラベルが取り付けられます。   ただ防炎カーテンは、全く燃えないというわけではありません。 防炎ではないカーテンより 火が付きにくい、 燃え広がりにくい、 炎があがりにく、 炎が消えやすい などの違いがあります。   また天然素材のカーテンは化学繊維等の生地より有害な煙が出にくいと言われています。 ただし天然素材に防炎機能を付けるので水洗いすると防炎の効果が薄まりますので洗濯する場合はドライクリーニングをお勧めします。また洗濯後も防炎機能を維持したい方にはカーテン加工後の防炎処理もお受けしています。