Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リネンのある生活を楽しもう! ~リネンカーテンLif/Lin~

 

今日から12月。
今年も残すところ1ヶ月となりました。

南北に長い日本では、冬でも快晴の地域もありますが、これからの季節はどんよりとした空模様が続く地域も多いのではないでしょうか。

今回は、そんなどんよりとした空を跳ね飛ばすように、冬こそリネンで色を楽しんでいただけるよう、紹介したいと思います。

 

リネンのある生活を楽しもう! 目次

  • 色柄が豊富なリフリンのリネンカーテン
  • カーテンに差し色を
  • 小さな面積にも差し色を

 

 

色柄が豊富なリフリンのリネンカーテン

 

リフリンのリネンカーテンは、定番の無地の生地から、チェックやストライプの柄の生地、そして刺繍を施したハイクラスな生地まで、バリエーションが豊富にあります。

リフリンのリネンカーテン

 

リネンのシンプルでナチュラルなイメージがあると、柄のカーテンはちょっと派手かな・・・。

と敬遠してしまいそうですが、リネンは適度な透け感があるため、皆様が思っているよりも圧迫感や存在感は感じません。

 

毎日目にするカーテンなので、気に入った色や柄のカーテンを使うことで、少し気分が落ち込む冬でも、楽しく過ごせそうですね。

 

 

カーテンに差し色を

 

リネンは圧迫感がないとは分かっていても、大きな窓に使うのは勇気が必要かもしれません。

そんなときは、部分的に気に入った生地や差し色の生地をプラスする形で、取り入れることもできます。

 

カーテンの裾に違う生地で切り返す

LL2001+LL2133

LL3003+LL1021

 

裾に違う生地を付け足すことで、カーテンのボリュームは出ますが、1色だけよりも変化が出て、空間が華やかになります。

 

カーテンの両サイドを違う生地で切り返す

LL2002+LL2001

LL2002+LL2001

 

裾を切り替えるよりも、控えめな差し色になります。

また、両開きで2枚のカーテンを作る場合、両サイドの2ヶ所の生地を替えるのか、中央部分も含めた4ヶ所の生地を替えるのかによっても、切り替えの存在感が変わります。

 

このように、カーテン生地を切り替えることで、相性の良い生地の組み合わせを考えたりするのもとても楽しいです。

 

 

 

小さな面積にも差し色を

 

それでもカーテンに差し色を使うことに不安がある場合は、小さな面積から始めてみるのもおススメです。

本来、カーテンはあってもなくてもいいのだけれど、という場所、例えばトイレの小窓などにカフェカーテンを掛けることで、限られた空間も楽しくなるかもしれません。

LL2123

 

また、この“小さな面積”とは、小さいサイズの窓だけではありません。

通路の間仕切りにカーテンやのれんを掛けてみたり、クッションカバーに採用するのもおススメです。

LL5042

LL5049

 

 

 

既にカーテンを掛け替える必要が無い方でも、ちょっとした工夫で、お気に入りのリネンを取り入れることができるかもしれません。

 

 

冬こそ色を楽しもう! まとめ

 リフリンのリネンカーテンは色柄が豊富です
 カーテンの生地を部分的に変えてみましょう
 小さな面積にお気に入りのリネンを取り入れてみましょう

 

 

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら