Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リネンカーテンを検討いただく際に、知っていただきたいこと ~リネンカーテンLif/Lin~

 

いつもリネンカーテンLif/Linのブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログを見ていただいている。ということは、少なくともリネンに興味を持っていただいているかと思います。

そこで、今回はリネンの基本的な特徴をお話ししたいと思います。

 

リネンカーテンを検討いただく際に、知っていただきたいこと 目次

  • リネンの特徴
  • 天然繊維と化学素材の違い
  • リネンカーテンのメリット

 

 

リネンの特徴

 

まず、リネンとは麻の生地なのですが、麻の種類はたくさんあります。
そのたくさんなる麻の中でも、亜麻という植物からできている繊維をリネンと言います。

そのリネンにはいくつか特徴があり、その特徴を知らずにリネンカーテンを使ってしまうと、不良品かな?と不安になってしまう可能性があるので、ご紹介いたします。

 

ネップ

ネップ

 

生地は経糸と緯糸から構成されますが、この経糸と緯糸の太さが不均一なため、糸の太い部分や細い部分が出てきます。

その太さが不均一な糸の、太い部分は“ネップ”と呼ばれます。

このネップ、縦にも横にも表れることがあり、サイズや位置などによっては、目立つ場合もありますが、実はこのネップがリネンカーテンの素朴な良さを出してくれるので、ネップがなければリネンらしくない。とも言えます。

 

 

混入糸

混入糸

 

字のごとく、生地に混入してしまった糸のことを言います。

他の糸が混入してしまう場合もありますが、原料である植物の繊維が混入している場合が多いです。

取り除ける場合は、取っていただいても構いませんが、自然の恵みとしてお楽しみいただけると幸いです。

 

 

伸び縮み

伸び縮み

 

植物から糸になり、生地になっても、リネンは呼吸をしているため、環境や自身の重みなどにより、伸びたり縮んだりします。

普段の生活の中では、湿度などによって伸びることがありますし、お洗濯などで縮むことがあります。

これは、リネンカーテンを使っていただくうえで、避けては通れない部分でもあります。事前にご理解いただき、アジャスターフックなどで調整ができるようにしておくことも視野に入れて検討ください。

 

 

天然繊維と化学素材の違い

 

天然繊維と化学繊維の1番の違いは、原材料です。

主にポリエステルなどの化学繊維は石油から得られる素材で、同じ太さの長い繊維を際限なく作ることができます。

一方、天然繊維は、自然界に存在している植物の繊維(綿や麻)や動物の毛(ウールなど)が原料となっているため、得られる長さには限界がありますし、1本1本同じ太さにすることは、少々無理があります。

天然繊維は化学繊維のように、1本1本が長くはないため、つなぎ目も出てきます。
そういった部分が、ネップになることもあります。

また、私たちの髪の毛も、湿度に左右されるように、リネンの生地も湿度によって、伸びたり縮んだりします。

化学繊維は、湿度や環境の変化には大きく影響を受けません。

 

障子の文化から、カーテンの文化へと変わっていった日本では、化学繊維のカーテンが主要になっていきました。

もちろん、化学繊維のカーテンも、色柄が豊富で、表現力豊かな魅力的なカーテンもたくさんありますが、今はカーテンの素材も選べる時代になっています。

天然素材のカーテンを使いたい。と思った方は、リネンの特徴を知っていただいたうえで、この特徴も含めて受け入れていただければ嬉しいです。

 

 

リネンカーテンのメリット

 

今まで、リネンカーテンの特徴として、いくつかお話ししましたが、捉え方によってはマイナスなイメージを持たれるかもしれません。

でも、リネンカーテンには、良いところもたくさんありますので、ご紹介いたします。

 

素材感

この素材感は、リネンカーテンが、日中に太陽の光を受けたときに実感することができます。

これは、最初にお話しした、ネップなどの不均一な表面や、ざっくりと織られた感じが大きく関係しています。

 

汚れにくい

天然繊維は静電気が起きにくいため、ホコリを吸着しにくいです。

カーテンの汚れの1番の原因はホコリなのですが、このホコリは時間がたつと油煙や太陽光などによって、落ちにくくなり、黒ずんでいきます。

リネンカーテンに付着しても、カーテンからも離れやすいため、結果汚れにくくなります。

 

肌触りが良い

毎日開け閉めするものなので、触れた感触が気持ちいいのは嬉しいです。

また、体質的に化学繊維が苦手で、手に引っかかると感じる方や、静電気を感じやすい方などにも、安心してお使いいただけます。

 

匂いが付きにくい

リネンに限らず、天然繊維は吸水性に優れ、通気性も良いため、匂いが付きにくいです。

お部屋を綺麗にしても、意外とカーテンやラグなどに染み付いてしまった匂いは、なくなりません。

天然繊維のリネンカーテンなら、蓄積された独特な匂いもなく、快適に使うことができます。

 

乾きが早い

お洗濯をした場合、天気の良い日なら半日もあれば乾いてしまいます。

乾きが早いということは、濡れている時間が少ないため、雑菌の繁殖も抑えることができます。

 

 

 

 

リネンカーテンを検討いただく際に知っていただきたいこと まとめ

 リネンカーテンには化学繊維のカーテンにはない特徴がある
 天然繊維と化学繊維では、原材料が違う
 リネンカーテンには、メリットもたくさんある

 

 

 

 

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

0250-23-2070

COBLIN 株式会社

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら