Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

オプション加工はどのくらい価格が上がる??? ~リネンカーテンLif/Lin~

 

窓からの風が心地よい季節となりました。
リネンカーテンが風になびいている姿に、しばし心が奪われてしまいますね。

LL2023

 

リネンカーテンLif/Linを検討いただいている方の中には、オプションを付けようかどうしようか。と迷われる方も多いかもしれません。

リフリンのリネンカーテンのオプションは3種類あります。

①防炎加工

②防縮加工

③防炎防縮加工

 

①防炎加工

この防炎加工とは、あくまでも燃えない加工ではなく、万が一火が燃え移っても、燃え広がらず、被害を最小限に抑えることができる。という加工です。

一般的には、31mを超える(おおよそ11階建て以上)建物や人の出入りが多い施設などには、防炎カーテンの設置義務があります。
また、戸建ての住宅などには、設置義務はありませんが、もちろん防炎加工を施して、万が一に備えることも可能です。

ただ、リフリンの防炎加工は、お洗濯をすると防炎加工の機能が落ちてしまうので、ご注意くださいませ。

 

②防縮加工

リネンはお洗濯をすると、皆さんが想像している以上に縮んでしまいます。

防縮加工を施すことで、その縮みをある程度抑えることができるのです。

ただ、この加工も完全に縮まない加工ではないため、ご家庭での洗濯時には多少の縮みは生じますが、加工を施す前よりは抑えることができます。

 

③防炎防縮加工

そして3つ目の防炎防縮加工とは、文字の通り防炎加工と防縮加工をどちらも施したものになります。

 

そして、本題のオプションの金額ですが、、、

①防炎価格 生地のm価格にプラス2,000円

②防縮価格 生地のm価格にプラス1,000円

③防炎防縮加工 生地のm価格にプラス3,000円

なのですが、いまいちよくわかりませんよね。

たったの2,000円をプラスすれば、防炎加工ができる!と思われてしまうかもしれませんが、これは、3,200円/mの生地が2,000円プラスされて、5,200円/mの生地になる。という意味になります。

そして、あくまでも1mの価格ですので、使用した生地のm数によって、生地の金額が算出されます。
さらに、カーテンを作製する縫製代がプラスされることで、カーテンの価格が出るのです。

カーテンの価格の成り立ちはお判りいただけたかと思いますが、じゃあ、m価格にプラス2,000円とは、ズバリいくらなの???
ってところが重要ですよね。

 

それは、

①防炎加工 ノーマルな生地の価格の約1.5倍

②防縮加工 ノーマルな生地の価格の約1.2倍

③防炎防縮加工 ノーマルな生地の価格の約1.7倍

となります。

上記の価格アップを目安に、リフリンのオプションをご検討くださいませ。

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら