Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

フラットカーテンを検討している方へ ~リネンカーテンLif/Lin~

 

フラットカーテンとは、ヒダをとらないカーテンですが、リネンカーテンでは人気のスタイルです。

ただ、ヒダのあるカーテンとは少し違う部分もあるため、今回はフラットカーテンをご検討いただく際の注意点ををお話しします。

 

フラットカーテンを検討している方へ 目次

  • フラットカーテンとヒダありカーテンの違い
  • フラットカーテンを2重にする場合
  • フラットカーテンの施工例

 

フラットカーテンとヒダありカーテンの違い

フラットカーテンとは、カーテン上部のヒダをとらないカーテンですが、ヒダをとるカーテンが一般的な日本人にとっては、少し物足りなく感じる方もいるかもしれません。

でも、素材感のあるリネンカーテンは、その素材感を存分に感じることができ、また少しラフな印象にもなるため、フラットカーテンが良く似合います。

 

ヒダのあるカーテン

LL2001

オーソドックスな見慣れたカーテンで、存在感はあります。

 

 

フラットカーテン

LL2002

1枚の布をサラッと掛けたような、軽やかさがあります。

 

カーテンの幅を決める際には、カーテンレールの長さが基準になりますが、ヒダのあるカーテンの場合は、レールの幅に対して、5%プラスすることが多いですが、フラットカーテンの場合は、レールの幅に対して、30%プラスすることが多いです。

5%と30%とは大きく違いますね。
それはなぜかと言うと、ヒダのあるカーテンは既にヒダをつまんだ部分でたくさん生地を使っているからです。

3ッ山2倍ヒダ・・・カーテンレールよりも約2倍の幅の生地を使用する
2ッ山1.5倍ヒダ・・・カーテンレールよりも約1.5倍の生地を使用する
フラットカーテン(1倍ヒダ)・・・ヒダがないため、好きな幅で作成できる

ですので、レールの幅と同じ寸法のフラットカーテンを作製することもできますし(Lif/Linではおススメしませんが。)、レールの幅に対して、30%や40%プラスして作成することもできます。

レールの幅に対して、どの程度大きくするのかによっても、印象的は変わってきます。

 

フラットカーテン 1.3倍

フラット1.3倍

 

フラットカーテン 1.2倍

フラット1.2倍

 

フラットカーテン 1.1倍

フラット1.1倍

当然倍率が小さくなれば、ウェーブも緩やかになります。

 

フラットカーテンを2重にする場合

カーテンは、一般的には室内側の厚手のカーテンと、窓側のレースカーテンを2重に掛けることが多いです。

そうなると、手前の厚手のカーテンも窓側のレースカーテンもフラットカーテンにすることが多いです。
その際に、Lif/Linでは手前の厚手のカーテンはレールの幅に対して、30%プラスした寸法で作成することをおススメしていますが、窓側のレースカーテンは20%程度に抑えることをおススメしています。

それはなぜか?

答えは、手前の厚手のカーテンと窓側のレースカーテンがカーテンの開閉の際に干渉してしまうからです。

フラットカーテンは、カーテンを開けた際に、フックとフックの間の生地が、レールの手前と後ろに交互にたたまれます。

 

その際に、窓側のレースカーテンのウェーブが小さく抑えられれば、厚手のカーテンとの干渉を避けることができるのです。

 

ということで、Lif/Linでは、フラットカーテンを2重にする場合は、厚手のカーテンは1.3倍(レールの幅に対して30%)、レースカーテンは1.2倍(レールの幅に対して20%)で作成することをおススメしています。

 

 

フラットカーテンの施工例

LL2154 LL3001

LL2153 1.4倍・LL3001 1.2倍

 

LL2132 フラット 1.2倍

LL2132 1.2倍

 

LL2135 1.2倍 LL4002 1.1倍

 

フラットカーテンを検討している方へ まとめ

 ヒダのあるカーテンよりも、幅は大きく作成する
 倍率はお好みで調整できる
 2重の場合は、奥のカーテンの倍率を小さくする

 

フラットカーテンはヒダのあるカーテンとは違う部分も多いですが、倍率などによっても仕上がり方が様々なので、お好みのカーテンを作ることができますよ。

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら