Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リネンで暑い夏を乗り切りましょう ~リネンカーテンLif/Lin~

既に真夏のような暑さが続いたり、梅雨明けしていても大雨が降ったりと、お天気も不安定ですが、自然界に起きることはどうすることもできず、私たちにできることは起きていることに対して、どのように過ごししのぐか。ということだと思います。

リネン=夏のイメージが強いように、リネンは暑い夏を乗り切るための強い味方なんです。

 

リネンで暑い夏を乗り切りましょう 目次

  • リネンの特徴
  • 施工例
  • リネンでこんなものも作れます

 

リネンの特徴

リネンは夏のイメージが強いと思いますが、リフリンでは通年おススメしております。
それでも特に夏にはリネンが恋しくなってしまいます。

それは、

①肌触りがサラッとしている

②触れた瞬間、ヒヤッとする

③見た目にも涼しそう

こんな理由があるからだと思います。

 

①肌触りがサラッとしている

①~③の理由が合わさることで、サラッとした肌触りにもなるのですが、1番大きい理由は表面のおうとつです。

リネンの表面は糸の太いところと細いところがあったり、シワがあることでデコボコしています。
そのおうとつがあることにより、肌に触れる面積が小さくなるため、サラッとした肌触りになるのです。

 

②触れた瞬間、ヒヤッとする

これは、リネンの熱伝導率に関係します。

“熱伝導率”とは、熱の伝わりやすさを表しているのですが、綿や羊毛など繊維の中で麻は1番熱伝導率が高いのです。

麻の熱伝導率が高い。ということは、人の手が麻に触れたときに、人の体温が麻に伝わるので、ヒヤッと感じるのです。

だから、麻の衣服を夏に着ると快適なのですね。

 

③見た目にも涼しそう

ざっくりと織られたリネンの生地は、そこから差し込む光など、幻想的で夏には涼やかに見えます。

LL3041

 

目から入る情報も、とても重要です。

 

 

施工例

LL4003

 

今まではカーテンをしていなかった窓でしたが、洗面台を新しくしたのをきっかけに、LL4003のカフェカーテンを掛けられました。

テンションポールにLL4003の生地をクリップで留めて、あえて上と下の空間を開けることで、開放感ができます。

生地の色味、透け感、サイズ感などにより、カフェカーテンをプラスしただけでも、涼しく感じられますね。

こちらの方はお客様の声に掲載しておりますので、そちらもご覧ください。

 

 

リネンでこんなものも作れます。

のれん

のれんも通年通して使えますが、室内に風を通したい夏には、役立つアイテムです。

LL3012 のれん

 

 

クッションカバー

最初にもお話ししたように、リネンは夏に触れても気持ちがいいので、見た目にもさわやかな色でクッションカバーを作ることで、見た目にも触れても涼しさを感じることができます。

LL2002・LL1021クッションカバー

 

 

リネンで暑い夏を乗り切ろう まとめ

 リネンは見た目にも触り心地もさわやかです。
 大きなカーテンを変えなくても、小物でも清涼感を得られます。

 

通年使えるリネンですが、特に夏はリネンがあると、快適に過ごせます。
今年の夏はリネンと共に過ごしてみませんか。

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら