Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リネンカーテンの遮光性について ~リネンカーテンLIf/Lin~

こんにちは。

雪の次には、雨風と春を迎える前に、もう少し道のりがありそうですが、
でも気温なども暖かくなり、春の気配は感じますね。

太陽が出てくるのは嬉しいですが、その反面、強い日差しや西日なども気になりますよね。

リネンはざっくりとしたイメージがありますが、遮光性ってどうなの?

と思われる方もきっと多いのではないでしょうか。

 

正直、リネンの遮光性は高くはありません。

ざっくりと織られたリネンの生地は、外からの日差しを感じることができます。

 

一般的なカーテンでも、遮光性が高くはないものもありますが、
その場合は、遮光性のある“裏地”をプラスすることで、遮光性を上げることができます。

ただ、リネンの場合は、お勧めできません。
理由は、リネンの生地と裏地の生地の収縮率が違うためです。

リネンカーテンはお洗濯をしなくても、普段から伸びたり縮んだり(伸びたものが元に戻る)していますが、伸びたり縮んだりしない裏地と組み合わせて、
リネンの生地だけが伸縮すると、“ひずみ”が生じてしまうためです。

 

それでは、リネンカーテンに遮光性を求めることはできないのでしょうか?

 

おススメしている方法としては2つあります。

 

①リフリンの中でも、遮光性が高い品番を採用する

リフリンは全部で83柄ありますが、その中でも、LL2101は
リネンでも遮光性のあるカーテンを使いたい方に向けて作っています。

【LL2101】

 

 

具体的には、通常、縦と横に1本の糸を交互に織りながら生地にしていくところ、
このLL2101は2本の縦糸と緯糸を使用しているため、より緻密な織になっています。

夜に室外へ電気の明かりを漏らしたくない方(全く漏れないわけではありませんが)や朝日が入ってくるのを極力防ぎたい方などにおススメです。

 

 

②別のカーテンで遮光性を高める

リネンカーテンはそのまま使いながら、遮光性のあるロールスクリーンやブラインドなどを併せて使用することで、リネンの素材感を楽しみながら、
遮光性を上げることもできます。

こちらの場合は、普段はリネンだけでも問題はないが、夏の西日だけは阻止したい。という方や完全に遮光にしたいけど、リネンも使いたい。という方にお勧めです。

 

 

 

もし、リネンカーテンだと夜に室内が見えてしまうのでは?
と心配な方は、特に遮光性を持たせなくても、大丈夫です。
リフリンのリネンカーテンは、皆様が思われているほど透けません。

ぜひ、過去のブログでお確かめください。

ブログ:リネンカーテンは透けませんか?

 

リネンカーテンの良さを活かして、尚且つ、安心して生活ができることが大切ですよね。

 

目的に応じて、どの程度の遮光性が必要なのかを考えてみてると、
どの方法が合っているかのかも、見つけやすいかもしれませんね。

 

 

 

ご不明点などございましたら、
下記までお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

045-482-6305

株式会社 LL trade

受付時間:10:00〜18:00(水曜定休)

インターネットでのお問い合わせ

email お問い合わせはこちら