Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リネンカーテンの遮光率

昨日のブログで、リネンカーテンのおススメポイントをお伝えしましたが、
写真の光の入り方を見ると、

リネンカーテンは遮光性がないから、寝室などのお部屋には向いていないかな?

と思われている方もいらっしゃるかもしれません。

 

一般的なカーテンでは、もともと遮光性のあるカーテンも存在しますが、
リネンではないカーテンでも、完全に光を遮るカーテンの方が数は少ないです。

その場合、光を通さない裏地を付けて、遮光性を上げることができますが、
リフリンのリネンカーテンではおススメしておりません。

その1番の理由は、リネンの生地は伸縮性があるためです。

このブログでも、リネンカーテンが伸びた・縮んだ というお話をすることがよくありますが、
リネンカーテンはお洗濯のときだけではなく、普段から伸びたり・縮んだりと動いています。

一方、遮光性を上げるための裏地は、伸びたり・縮んだりしない素材が多いため、
動きのある生地と、動きのない生地をはぎ合わせてしまうことによって、
縫いつけた部分が引きつってしまう可能性があるのです。

 

確かにお部屋が真っ暗な方が、ゆっくりと眠りにつけるのかもしれませんが、
実は、朝になっても真っ暗なままなので、身体が目覚めない恐れもあるのです。

体内時計は、私たちの身体の中で時を刻んでいますが、
朝、太陽の光を浴びることでリセットし新しい1日が始まるのだそうです。

そう考えると、カーテン越しに適度に日差しが入ってくるリネンは、
気持ちよく新しい1日を始められるのかもしれませんね。