Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

カーテンの役割とは。。。

皆さんは、何のために窓周りにカーテンを設けますか?

・外からの視線を遮るため
・強い日差しを遮るため
・街灯や朝日を遮り、真っ暗にして眠るため

どれも間違いではありませんが、日本と外国では、カーテンに対する考え方も少し違います。

 

今の日本では、ウォッシャブル、遮光、遮熱、防臭・防汚、UVカット、形態安定などなど、
たくさんの機能からカーテンを選ぶことができます。

でも、外国ではあまりこのような機能は付いていません。
機能が付いているカーテンがあったとしても、日本ほどバラエティーに富んではいなく、
ウォッシャブル、遮光、形態安定くらいです。

なぜ、ここまで違いが出るのか。というと、
やっぱり、最初に挙げた

“カーテンを付ける目的の違い”

ではないかと思います。

 

外国では、カーテンもインテリアの一部として見ているため、
色・柄やサイズまで、インテリアとして空間に合っているか?
という観点で選びます。

一方日本では、色・柄は空間に合わせて選ぶ方は多いかと思いますが、
外から見えにくかったり、洗えるもの。などの外せない条件があり、
それを満たしていれば、サイズは窓に合わせて作製することが多いのではないでしょうか?

 

とあるパリのホテル

 

とあるデンマークのホテル

 

いかがですか?
ちょっと贅沢ではありますが、カーテンを窓よりも大きく作製することで、
空間を広く見せる効果もありますし、
寒い時は、外から冷気を室内に入れにくくする効果もあるのです。

また、カーテンのサイズが大きくなることで、空間に対するカーテンの存在感も大きくなります。
したがって、選ぶカーテンの色・柄やスタイルなどによって、
空間の印象も変わってくることになります。

 

今回は、“サイズ”という部分がクローズアップされましたが、
窓よりも大きく作製すればよい。
ということではなく、より素敵な空間になるための
カーテン選びをしてみたら、こだわりのポイントが変わってくるかもしれませんね。