Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

カテゴリー別アーカイブ: Lif/Linのある暮らし

透け感を抑えてリネンカーテンを使いたい…そんなときは? ~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは!

以前のブログ(『体内時計を整える。』)で、リネンの程よい透け感が

体内時計のリセット、そしてより良い目覚めのサポートをしてくれることをお伝えしましたが、

日光の明るさに敏感な方からすると、その透け感も不安になるところではないかなと思います。

 

「陽の光りには敏感…けれどリネンを楽しみたい!」

そんな方にも、Lif/Linのリネンカーテン選びにひと工夫を入れることで楽しんでご利用いただけるはずです。

例えば、、目が詰まった生成りのリネンカーテン【LL2101】を使用することでもこの悩みを軽減できるのではと思います。


リネンカーテンLif/Linには、80柄を超える多くの柄が用意されております。

その中で、寝室などといった陽の光をそこまで入れたくない…という場所によくお選びいただいているのが【LL2101】。

【LL2101】は、染めていないリネンで出来ているため、

Lif/Linの中で最もスタンダードな【LL2001】と、一見同じような見た目をしています。

向かって左が【LL2001】、向かって右が【LL2101】です。

並べてみてもあまり違いはわかりません。

 

ところが、この【LL2001】と【LL2101】を近くで見てみると…

向かって左がスタンダードなリネンカーテン【LL2001】、

そして向かって右が、【LL2101】です。

 

この2枚の違いは、織り方です。

【LL2001】はリネン糸を1本ずつ使用して織っていますが、

【LL2101】のほうは2本の糸を同時に織って作られています。

 

そのため、【LL2101】のほうがさらに目が詰まった状態になっていることがわかりますね。

このように目が詰まった状態にすることで、陽の入りをさらに和らがせることができます。

 


 

いかがでしたか?

何か薬品を使ったり、布をさらに当てたりといった加工はしておりません。

ただ織り方に一工夫を加えた状態ですので、見た目や手触りなどは、リネンそのままの風合いをお楽しみいただけますよ。

 

この【LL2101】は以前のブログでも、外からどのぐらい透けるのかについて比較をするために登場しています。

(そのときのブログはこちら→『リネンは透けるのが心配です。。。』)

ぜひこちらも合わせてご覧ください。

 

体内時計を整える。 ~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。

私は自分の家でもLif/Linのリネンカーテンを使っているのですが、

今朝起きて、ふと窓に目をやるとリネンカーテンから柔らかく朝日が入り込んでいました。

このリネンカーテンは、染めていない生成りの状態【LL2001】です。

 

いざリネンカーテンを使い始めると、生活の中にスッと馴染むのでしばらく経てば朝晩じっくり見ることは少なくなってくるかもしれません。

けれど、今日みたいにふと気づいてリネンを見ると、そこから数分ボーッと眺めてしまいました。

 

普段の生活に馴染むリネンカーテンですが、

思い出して眺めると、「やっぱりリネンはいいな」と再認識させてくれます。

 

「リネンカーテンは体内時計のリズムを整えてくれる」

こんなことをお客様にお話しする時もあります。

 

家に帰り、明日に備えてしっかりと眠る、

そして次の日に目が覚めるとお部屋の中は暗い中、感じるのはこのリネンカーテンから柔らかく入る陽の光。

その姿を眺めて感じるだけで、頭の中も体もリフレッシュさせてくれます。

 

家でも健康的に、気持ちの良い毎日を過ごしたい方には

リネンカーテンが大きな役割を果たしてくれそうです。

 

 

 

 

 

さまざまな用途にリネンを。

こんにちは。

Lif/Linのリネンカーテンは全部で80を超える柄がございますが、

お好きな生地を、いろいろな形でお作りすることが可能です。

 

例えば、カフェカーテン。

こちらのお客様は、日除けとして、

そして奥に繋がるキッチンへの目隠しとしてお選びいただきました。

目隠し代わりとしてお選びいただいても、リネン生地特有の柔らかく軽やかな見た目のおかげで、プライバシーを守りながら圧迫感のない空間にしてくれています。

 

また、こちらのお客様はキッチンでの日除け&アクセントとして。

丈ももちろんお好きな長さでお選びいただけますので、用途に合わせてお好みの丈をお教えください。

 

ちなみにこの2組のお客様は、柄も見えてウェーブも比較的柔らかく出る、1.2倍の幅でお作りをしました。

 

皆さまも、お気に入りのリネン生地を一般的なカーテンとしてだけでなく、

今回ご紹介したカフェカーテンやクッションカバー、テーブルクロスなど、

さまざまなところでお使いいただいてみてはいかがですか?

 

きっとリネンのある暮らしをもっとお楽しみいただけますよ♪

 

天然素材リネンだからこその丈の楽しみ方

こんにちは。

本格的に冬到来ですね!

寒い日々が続いておりますが皆さま体調管理には十分お気を付け下さい。

 

さて、本日はリネンカーテンの丈についてお話いたします。

リネンカーテンにされるとき、特に掃出し窓の場合は、

皆さまはどのような丈の長さにされていらっしゃいますか?

きっとイメージされるのは、床までの丈の長さだと思います。

このような丈の長さだと納まりがよく、きれいですよね。

実際、リネン生地からだけでなく、床とカーテン裾のすき間から漏れる陽の光りもとても美しいものです。

 

ただ、天然素材のリネンでできたカーテンの場合、もう1つ魅力的な丈の長さがございます。

それはあえて丈を長めにすること。

リネンは洗うと縮みます。

それを考慮してこのように丈を長くしても、

リネンの柔らかな生地感のおかげで圧迫感や重たさは感じないはずです。

むしろルーズな雰囲気を持ったこの丈感も、リネンの柔らかさをさらに感じさせてくれています。

 

「床に裾が付いてたら掃除が大変そう…」

と不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかしそこは天然素材のリネン!

リネンのような天然素材は静電気が起こりにくく、ほこりなどの汚れが付きにくいため

このような丈の長さにしても気持ち良くお使いいただけますよ。

 

今の季節であれば、あえて丈を長くすることで

すき間からの冷気を漏れにくくもしてくれます。

 

ぜひ、ご自身のお好みの丈でリネンカーテンのある暮らしをお楽しみください。

 

 

外からでも感じるリネンの柔らかさ

こんにちは。

本日も横浜の天気は雨…。今週は雨の日が続くそうです。

急激に冷え込みましたし、皆さま体調には十分お気をつけてください!

 


 

Lif/Linのリネンカーテンは、裏から見てもリネンの風合いを楽しめること、みなさまご存知でしたか?

Lif/Linのリネンカーテンは裏地は一切付けておりません。

そのため、外から見たときにも遮光カーテンや化学繊維のカーテンとはまた違う見せ方をしてくれます。

 

なぜ裏地を何もつけないか。

それはリネンの動きを制御して、形がヨレてしまうことを防ぐためです。

動きというのは、湿気や自重による“伸び”、そしてお洗濯をすることで起きる“縮み”。

(伸びることについては、前回のブログをご覧ください^^→『雨の日の密かな楽しみ!』)

 

もし、リネンカーテンに裏地を取り付けると

リネンカーテンが洗濯で縮んだ際には裏地とのサイズが合わなくなり引っ張られ、

反対に湿気等でカーテンが伸びたときには、裏地は一緒に動いてはくれないため形がヨレてしまいます。

そのようにならないためにも、Lif/Linのリネンカーテンでは裏地は取付けていないのです。

 

むしろ、裏地をつけていないからこそ、お部屋の中から見たときと

外から見たときの印象が柔らかく、暖かく感じられるのかもしれません。

 

 

家族が待つ家に帰るとき、

カーテンをかけた窓からうっすらと部屋の明かりが見えると何だかホッとしますよね。

お部屋の中からだけでなく、

外から見るリネンカーテンも心を癒す光景かもしれません。

 

 

リネンカーテン、どのくらい透ける?

 

こんにちは。

本日は、リネンカーテンをご覧頂いた際によくご質問頂く、

リネンカーテンはどのぐらい透けるのか、についてご紹介致します。


リネンカーテンの透け具合がどのくらいなのか、

レースと厚手でそれぞれお昼と夜とで比較をしてみました!

 

今回、透け具合の検証で使用した生地はこちらの2枚。

左は白のレースタイプ【LL3002】、右は白の厚手タイプ【LL2002】です。

まずはお昼に外から見るとどのように見えるのか、見比べてみましょう!


“日中は外からどのように見えている??”

それでは、日中にはどのように見えているのか、見比べてみましょう。

まずは白のレース【LL3002】から。

 

屋内からレースを見ると外の景色はうっすらと見える状態です。

それではこのレースを外から見てみると…?

 

1m程先に人が立った状態でも、

レースが掛かっているところは人の影も見えないことがわかります。

このぐらいの透け感であれば、

中から外の景色を見ることはできても、

外から家の中ははっきりと見えず、しっかりとプライベートは守ってくれますね。

 

続いて、厚手タイプの【LL2002】の場合はいかがでしょうか?

先程のレースと比べると、

屋内からは外の景色もあまり見えず、外の明るさを感じさせてくれる程度です。

それではこの厚手タイプを外から見てみましょう。

やはりレースよりも透け感は無くなるため、

人が立っていてもカーテンの掛かっている部分には人影も映りませんでした。

ちなみに、こちらの写真では1m程先に人が立っていますが、

さらにカーテンに近づいても…

カーテンから10cm程しか離れていない状態ですが、

やはり人影は映っていません。

むしろこのぐらいの至近距離で普段カーテンを使うこともあまりありませんよね…。(笑)

 


“夜は外からどのように見えている??”

同じ形で、夜(19時頃)にはどのように見えるのか比較します。

まず、レースタイプ【LL3002】の場合。

中から見ると外の暗さ、外に付いている明かりが若干わかるぐらいです。

それでは外から見てみましょう。

人の輪郭がくっきりとわかってしまう程ではありませんでしたが、やはり人影は見える状態でした。

 

続いて、厚手タイプの場合を見てみましょう。

外の明かりは中からはわからない状態。

それでは外から見てみると…?

レースよりもさらに人影はぼやけて見えます。

完全に中に人がいるという気配を遮断はしませんが、人影や部屋の明かりがうっすらと見えることで生活感を持たせてくれそうです。


 

いかがでしたか?

リネン生地のレースや厚手でも、

想像していたよりプライベートを守ってくれそうですよね。

 

ただ、「夜に中の人影が見えるのもちょっと…」と思われている方もいるかもしれません。

その場合には、色の濃い生地で作られたリネンカーテンにするのもおすすめです。

例えば、濃い紺色に見える厚手タイプの【LL2136】。

こちらの生地を同じように外から見てみました!

先程は同じ厚手タイプの白【LL2002】は人影がぼんやり見えましたが…

生地の色自体が濃くなったため、

人影もほとんど見えなくなりました。

 

Lif/Linのリネンカーテンは80柄以上の種類がございます。

リネンカーテンの風合いを楽しみながらも

プライバシーを守りたい、

そんな方のご要望にもさまざまなご提案で叶えさせていただけたらと思います。

使い込む楽しさ

 

こんにちは。

突然ですが、皆さまは経年変化を感じられるものはお好きですか?

“経年変化とは…”

経年変化とは、年月が経つにつれてそのものの品質が変化してくることです。

例えば、

使う程に柔らかさが増し、独特な色合いへとなっていくデニムのジーンズ。

色が変化していき、艶が増していく本革でできたものなど…。

 

こちらはスタッフが数年使っている革の鞄。

最初は肌色でしたが、色にも深みが増して良い味が出てきています!

 

使い込むほどに味が出てくるものは、

自然と愛着も湧いてくるように思います。

 

実は、リネンカーテンも使い込む程に風合いが増していくという魅力をたっぷりと持っていますよ。

 

使い込むからこそ生まれる風合いに魅了され、

どんどんと愛着が湧いてくれば、

ご購入いただいた当初よりももっともっと大切なものへとなっているかもしれませんね。

 

ぜひ、リネンカーテンをお使いになられる際には

その先のリネンの風合いの変化も合わせてお楽しみください。

 

 

リネンカーテンとして使い切ったら…

 

こんにちは。

台風もようやく過ぎ去り、天気の良い日が続いていますね。

気持ち良く秋へと移り替わってくれそうです。

 

みなさま、リネンカーテンをお使いいただくとなると、

カーテンとしての寿命が来たらそのままおしまい、と思いませんか?

 

もしでしたら、リネンカーテンとしてお使いいただいたあと

その後はリネン生地としてさまざまなシーンでご活用ください!

 

Lif/Linのリネンカーテンは

例えば遮光などの加工された裏地を取り付けてしまうと、

リネン生地の伸び縮みの動きに合わせられずヨレが生じる原因にもなるため、

敢えて裏地は取り付けておりません。

 

裏地をつけていないからこそ、生地としてもそのままお使いいただけるため、

カーテンとして使っているときに誤って破けてしまったり、

お引越しを機にカーテンとしては使えなくなってしまった…

というときにはリネンカーテンとしてではなく、また違った使い道につなげやすいというメリットがございます。

 

例えば、ランチョンマットやコースターなどの小物として、

あるいは通気性が良いので、ハンカチや雑巾などの万能タオルとしてもお使いいただけますよ!

【 コースターとしても… 】

【 速乾性があるため、お皿拭きなどもお勧めです 】

 

Lif/Linをお使いの方の中では、

「カーテンとして使ったあとは何にして使おうかな…♪」

なんて、カーテンとしてお使いいただいた後のことを楽しみにされながら

お選びいただいた方もいらっしゃいました。

 

リネンは引っ張っても千切れないような、丈夫な茎【フラックス】が原料の植物繊維です。

カーテンとしての寿命もそう短くなく、それこそ長く長く愛着を持ってお使いいただけるはずです。

 

愛着を持ってお使いいただいたLif/Linのリネンカーテンは、

ぜひその後も暮らしの中でさまざまに活躍出来たらと思います。

 

シンプルな暮らしこそ、素材感を大切に。

リフリンのリネンカーテンは、生成りや白のシンプルな生地が人気があります。

最近では、断捨離やミニマリストなどの言葉も聞きなれ、
空間をシンプルにすることが多くなっていると思います。

“空間をシンプルにする”とは、
1番に思いつくことは、モノを減らすこと。
その次は、色を増やさないこと。

なのではないでしょうか。

 

もちろん、モノを減らし、色を統一させた空間は洗練されたオシャレな空間になります。

 

それでは、全てを同じ色でまとめたら、それだけでいいのでしょうか?

それでも空間としては成り立つと思いますが、
色を抑えたシンプルな空間だからこそ、“素材感”が際立ってくるのです!

 

そこで、シンプルな生成りや白のリネンカーテンを掛けることで、
化学繊維ではなかなか出せない、独特な風合いで空間を穏やかにまとめてくれます。

 

 

見る場所や時間帯、日差しの入り方によって、全然違う表情を楽しめるリネンカーテン。

 

シンプルな空間だからこそ、そういった変化にも気付き、楽しめるのかもしれません。

 

もちろん、生成りや白ではなくても、リネンの素材感は楽しめますので、
リフリンの生地は、どれもおススメです!

 

 

 

 

カフェカーテン仕様でもご注文承ります。

 

こんにちは。

リフリンのリネンカーテンは、ヒダありのカーテンや上下に動かすシェードタイプの他に、

さまざまな形でお作りすることができます。

 

たとえばこちらの”カフェカーテン”。

 

このカフェカーテンでの仕様は、生地の幅倍率をどのぐらいにされるかによって

印象は大きく変わっていきます。

ちなみに上の写真は窓の幅に対して1.2倍のカーテン幅でお作りしたもの。

今回は窓の幅に対してカーテン幅の倍率をどうするかで

どのような見た目になるかご紹介いたします。

 

【窓の幅に対してカーテンの幅を1倍にした場合】

カーテンの幅が窓の幅と同じくなるため

サラッとしたフラットさをお楽しみいただけます。

 

【窓の幅に対してカーテンの幅を1.2倍にした場合】

ウェーブが柔らかく出てボリューム感が少し出てきました。

ただ、フラットさも残るため、刺繍がある生地の場合でもその刺繍をきれいに見せてくれますよ。

 

【窓の幅に対してカーテンの幅を2倍にした場合】

こちらは、カーテンの幅を窓幅の2倍の長さでお作りしたもの。

カーテンの幅をたっぷり使っているため、窓に合わせたときには厚みを出してくれます。

無地のリネンカーテンの場合は、このように生地幅を長めにするのもお勧めです。

 

 

いかがでしたか?

カフェカーテンは飾りとしても良いかもしれませんが、

目隠し代わりや調光するために使用する方も多くいらっしゃいます。

 

ぜひ、ヒダありカーテンやシェードタイプだけでなく、

このようなカフェカーテン仕様にも目を向けてみてはいかがでしょう?♪