Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

カテゴリー別アーカイブ: 健康的な生活

安心して使えるカーテン ~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。

いよいよ今年も残すところ数日となりましたね。

年末の大掃除のときには、普段ではなかなかできないような場所のお掃除をしますよね。

私自身ハウスダストのアレルギーがあり、普段の生活では支障はないのですが、
大掃除のような大量のほこりが舞う場所にいると、くしゃみと鼻水が止まらなくなります。

現在では、花粉・ペット・食物など、様々な原因でアレルギー反応が出る方が
多くなっている気がしますが、実はカーテンもアレルギーが出る発端にもなりうるのです。

その主な原因は、ほこりです。

カーテンの汚れの大半は、室内を舞っているほこりが、カーテンに吸着して、
そのままカーテンにほこりが蓄積されたものです。

カーテンもお部屋のようにこまめにお掃除できればいいのですが、
なかなか、そういうわけにはいきませんよね。

でも、リフリンのリネンカーテンは、こまめにお洗濯しなくても、大丈夫です!

その理由は、化学繊維のカーテンと違い、自然素材のリネンカーテンは
静電気が起きにくいため、ほこりが吸着しても、軽くカーテンを掃うことで、
ほこりも一緒に落ちてしまいます。

また、リフリンのリネンカーテンは、第三者機関によって、
製品のホルマリン検査もしていて、赤ちゃんの肌着と同等の安全基準をクリアしているのです。

 

そんな観点から、お子様にも大人にも安心して使っていただける
リネンカーテン リフリンです。

 

 

 

 

 

 

体内時計を整える。 ~リネンカーテンLif/Lin~

こんにちは。

私は自分の家でもLif/Linのリネンカーテンを使っているのですが、

今朝起きて、ふと窓に目をやるとリネンカーテンから柔らかく朝日が入り込んでいました。

このリネンカーテンは、染めていない生成りの状態【LL2001】です。

 

いざリネンカーテンを使い始めると、生活の中にスッと馴染むのでしばらく経てば朝晩じっくり見ることは少なくなってくるかもしれません。

けれど、今日みたいにふと気づいてリネンを見ると、そこから数分ボーッと眺めてしまいました。

 

普段の生活に馴染むリネンカーテンですが、

思い出して眺めると、「やっぱりリネンはいいな」と再認識させてくれます。

 

「リネンカーテンは体内時計のリズムを整えてくれる」

こんなことをお客様にお話しする時もあります。

 

家に帰り、明日に備えてしっかりと眠る、

そして次の日に目が覚めるとお部屋の中は暗い中、感じるのはこのリネンカーテンから柔らかく入る陽の光。

その姿を眺めて感じるだけで、頭の中も体もリフレッシュさせてくれます。

 

家でも健康的に、気持ちの良い毎日を過ごしたい方には

リネンカーテンが大きな役割を果たしてくれそうです。

 

 

 

 

 

自然素材の安全性

先日、ご新築時にリネンのカーテンを選んでいただいたお客様から、
お子様がカーテンにくるまって遊んでいるよ。

というお話を聞き、リネンのカーテンを選んでいただいてよかったな。

と思いました。

 

なぜなら、一般的なカーテンはホコリのたまり場となりがちで、
そんなたくさんのホコリを抱えているカーテンにくるまっている。
となったら、ゾッとしてしまいますが、
リネンカーテンは静電気が起きにくいため、ホコリを吸着しにくいので、
お子様がくるまっても安心だからです。

もちろん、どんなに綺麗にしている空間でも、多少のホコリは存在し、
リネンカーテンにも付着します。

ただ、化学繊維のカーテンに比べると、静電気が起きにくいため、
ホコリが付着しても、離れやすくなるのです。

ですので、頻繁にお洗濯をしなくても、
はたきをかけたり、外でホコリを払ってあげてもキレイに保てるのです。

 

自然素材 = いいもの

 

というイメージが漠然とあると思いますが、
そこにはちゃんとした理由があるのです。

 

お洋服のように、毎日お洗濯をするものではないからこそ、
できるだけ、安全に安心して使っていただける素材をおススメします。

 

 

 

リネンカーテンと朝の目覚めの関係

8月も終わりに近づき、お盆休みや夏休みなどのまとまったお休みが終わってしまうと、
身体が元に戻るまでに時間がかかることってありますよね???

こういったことに対する対処法や解決策は様々あるのですが、
実は、カーテンも関係しているのです。

人の体内時計は1日25時間でできていて、
朝日を浴びることで現実の時間の24時間にリセットされるそうなんです。

ですので、朝日を浴びて目覚める。

ということが大切になってくるのです。

 

その点、リネンカーテンは夜にカーテンを閉めたままでお休みになられても、
朝になれば、リネンカーテンを通して、柔らかな朝日をお部屋に入れることができます。

その上、太陽の光を更にお部屋に取り込むために、
カーテンを開ける際に、リネンカーテンに触れることで、さらに癒されます。

 

このような形で、毎朝快適に目覚めるためにも、
リネンカーテンは効果を発揮してくれます!

 

朝をスッキリ迎えるためにも、リネンカーテンはおススメです。

 

 

 

 

 

リネンカーテンをおススメする理由。~自然素材の力~

こんにちは。

なぜ、私たちが自然素材のリネンカーテンをおススメするのか?
それは、使っていて心地いいからです。

私自身、夏はたくさん汗をかくので、リネンやコットンの洋服を着ています。

化学繊維の洋服を着用し汗をかくと、肌にぺたっと張り付いてなかなか離れないのですが、
特にリネンの生地の場合、すぐに乾いて快適に過ごせるのです。

 

自然界はなんでも中和してしまうのだそうです。

悪いものが発生したら、それを中和してしまうのです。

自然素材には科学的に作られたのもとは違う、ポテンシャルを持っているのですね。

 

今の時代は、素晴らしい技術によって、様々な機能を持ったカーテンが存在していますが、
自然素材はこのような機能を与えなくても、もともと備わっている機能が活躍してくれるのです。

自然素材は素晴らしいのです!!!

ご納得いただいた方は、ぜひリネンカーテンを使ってみてください。
ご納得いただけなかった方も、ご納得いただくためにもぜひリネンカーテンを使ってみてください!

 

 

 

 

素材のコーディネート 自然素材には自然素材を。 

こんにちは。

ジメジメしてなかなか過ごしにくい日々が続いていますね。

突然ですが、カーテンを選ぶ際に皆さんは何を基準に選びますか?

色?
柄??
スタイル???

どれも間違ってはいません。

でも、空間を占める割合も大きいカーテンは、これでいいのかな?
と心配になってしまいますよね。

私たちがおススメしているカーテン選び方の中に、

“素材のコーディネート”

というものがあります。

自然素材の住宅には、自然素材のアイテムを選ぶ。

ということです。

このコーディネートという言葉、なんだか難しそうに思いますが、
実は、皆さんも毎日のお洋服でも無意識に行っているはずです。

お洋服を選ぶときも、色や柄、シルエットなどで組み合わせを選びますよね。
その中に、素材のコーディネートもしていませんか?

意識はしていなくても、色の組み合わせは悪くないのに、なんかしっくりこないなぁ。
なんてこともあります。

それ、きっと素材のコーディネートがちぐはぐなのではないでしょうか。

 

 

自然素材の住宅には、自然素材のカーテンを。

 

このように言葉で聞いたら、理解しやすいですが、意外とできていないんです。

 

これからのカーテン選びは、素材のコーディネートも大切なポイントになります!

 

 

 

 

赤ちゃんの肌着レベルの安全を。 リネンカーテンLif/Lin

こんにちは。

本日の新潟は朝からすごい雨が降ったりやんだり、真冬のような強風が吹いています。

天候に限らず、ニュースでは毎日様々な場所で、いろいろなことが起きています。

1日を無事に終えることが、当たり前のようでいて、
実はとても幸せなことであるようにも思います。

また、今は様々なアレルギー物質に対して、反応が出てしまう方も少なくはないですよね。

私も金属アレルギーがあり、しかも大人になってから発症しました。

 

カーテンと安全

あまりピンとこない方も多いとは思いますが、
リフリンのリネンカーテンは安心して使っていただくことができます。

 

そのポイントは2つあります。

 

①汚れにくい

カーテンの汚れのほとんどは、空気中にあるホコリによるものです。
リネンカーテンは化学繊維に比べて、静電気が起きにくいため、ホコリも寄せ付けにくく、
さらに、付着してもパタパタと払っていただくことで、ホコリも落ちやすいのです。

また、リネンに含まれているペクチンという物質によって、
汚れにくく、尚且つ汚れがしみこみにくいのです。

 

②赤ちゃんの肌着レベル

リフリンのリネンカーテンは、日本の安全基準に合わせ、
第3者機関にて定期的にホルマリン検査を行っております。
赤ちゃんの肌着と同じレベルの安全基準をクリアしているため、
お子様がカーテンにくるまって遊んでも安心です。

 

生産者が見える野菜を選ぶように、
リネンカーテンも安全を基準に選んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

自然素材は呼吸をするから伸びたり縮んだり!!

天然素材であるリネンは湿度により伸びたり縮んだりします。

それは天然素材特有の調湿効果があるからです。

室内の湿気を吸収したり、吐き出したり

人間が息を吸ったり吐いたるするのと同じかもしれませんね!!

室内の湿度が高い場合湿気をリネンが吸い込み、

逆に湿度が低い場合は放出したり

素材自体が呼吸をして湿度を調節してくれるからです。

これは天然木の床や珪藻土の壁なども同じ作用があります。

天然木材も湿気が多い場所では膨らみ、

湿気が少ない乾燥した場所では割れてきたりするのと同じなのです。

化学繊維と異なり素材が生きているのです。

 

その代わりに

リネンをはじめ天然繊維全般は生地として仕上げた後水洗いをすると縮みます。

水洗いをすることにより生地が締り全体的に5%ほど縮みます。

織り込んだばかりの時は糸と糸の間に隙間がありますが

水通しをすると生地が締まり隙間がなくなる分縮みますが

そのことによりより生地が締まり強靭になり

耐久性が増し何十年も長持ちするといわれています。

ただ縮むのは最初に水通しをしたときだけでそれ以降はほとんど縮みません

 

カーテンとして縫製後水洗いで洗濯をされる方は5%程出来上がり寸法を

長くお仕立てする方法もあります。

Lif/Linリネンカーテンでは製品前のリネン生地に事前に水洗いを施す

防縮加工(オプション)もお受けしています。

防縮加工を施した製品の水洗い後の収縮率は1%程(監査結果による)となります。

 

 

 

 

リネンカーテンのある生活を送りませんか? リネンカーテンLif/Lin

 

毎日お天気がよくなってくると、毎朝晩のカーテンの開け閉めも楽しくなります。
これは、リネンカーテンならではの体験ではないかと思っております。

 

リネンカーテン越しに入ってくる日差しの量で、その日のお天気が分かります。

 

リネンカーテンの裾の長さで、その日の湿度が高いのか、それとも低いのかも分かります。

 

朝、リネンカーテンを開けた時、リネンカーテンがおはよう!と言ってくれます。
※感じ方は個人差があります。

 

夜、リネンカーテンを閉める時、リネンカーテンが今日も1日お疲れ様。と言ってくれます。
※感じ方は個人差があります。

 

金額や柄など悩んで悩んで選んだ大切なカーテンなので、丁寧に開け閉めします。

 

身体の中に入る食品は、産地や素材を選んだり、
食べる順番を気にかけますよね。

でも、身の回りのものは直接からだの中に入るわけではないので、
どうしても二の次になってしまいます。

リネンカーテンは身体の中には入りませんが、
心の中に普段の生活で忘れていたものを思い出させてくれる気がします。

そんなリネンカーテンを皆さんの生活の中に取り入れてみませんか?

 

まるで、大切な家族が増えたような。
そんな気分を味わえるかもしれません。
※感じ方は個人差がありますので、リネンカーテンを通して、
皆様もいろいろなことを感じてみてください(笑)

 

 

本物の持っているチカラ リネンカーテンLif/Lin

こんにちは。

今回は、先日お客様から伺った素敵なお話をご紹介したいと思います。

そのお客様のご自宅はご新築されて3年くらい経つけれど、お子様のお部屋にカーテンは付いていませんでした。

それは、立地として外からの視線が気にならなかったので、カーテンがなくても生活ができる環境だったからなのです。

向かいに新築の住宅が建ったわけでもないのですが、お子様のお部屋にリネンカーテンを購入していただきました。

購入を決められた理由を聞いてみると・・・

カーテンを掛けるなら、リネンにしたいと思っていました。
化学繊維のカーテンとリネンのカーテンでは全然違いますからね。
本物を使うことで、本物が分かる人になってほしい。

お子様のお部屋のリネンカーテンには、そんな思いが込めれらているのでした。

 

本物を知るにも本物に触れなければ分からないのだろうと思います。

 

お子様の成長のお役にも立てると思ったら、とっても嬉しいですね。

 

お子様のお部屋にリネンカーテンなんてもったいない!?

いえいえ、お子様は大人以上に気持ちのいいものが分かりますからね。
小さいうちから本物に触れる機会を増やしてみてはいかがでしょうか。