Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

カテゴリー別アーカイブ: デザイン製品開発

自然素材のリネンカーテンは高いのでは?

自然素材、天然素材は
風合いがよく健康にも良いのはわかるけど
特に高級素材のリネンは上質だがその分価格も高くなるのでは?        とお思いの方も多いと思います。

もちろん大量に安価で生産される                      アクリル、ナイロン等の化学繊維のカーテンと比べお高くはなります。

ただ
Lif/Linのリネンカーテンが天然繊維のリネンのわりに使いやすい価格設定なのは
海外の生産地で管理や開発などを協業で行い                 オリジナルで製造しているからなのです。

当社のオリジナルリネン生地製造協力工場の織機

 

ヨーロッパ産の上質リネンを当社提携工場でデザイン作製、生産管理を協業のもと生産されています。

品質管理打ち合わせ  H29.3

品質だけでなくデザイン、健康面でも
日本人の感性に合った意匠、                        品質に国内のホルムアルデヒド検査(国内の第三者機関にて定期的に実施)や
他検査も行いデザイン性だけでなく安全も優先に製造されています。
乳幼児の衣類にもご使用いただけるレベルでおつくりしています。

また来週から9日から生産地での打ち合わせがあるので渡航してきす。

より良い品質向上の打ち合わせができそうでとても楽しみです・・・

私のリネンの服のアイテムです。15年前から愛用のジャケットも一生MONO  続き

長年リネンを愛用している中でなんとなく感じた使い心地の良さ。

これを本業のインテリアの仕事で活かせないかと思い

リネンの特性を調べました・・・

いままでなんとなく感じた使い心地の良さは何故か?

・どうして肌触りがよいのか

リネンは麻の仲間の中でもしなやかで、やわらかな風合いが親しまれ

上質な繊維として中世から愛用されていた

そのうえ天然繊維なので擦れても静電気が帯びにくく、

肌が乾燥しにくい。

・肌触りが良いのと寒い冬でもすぐ乾く!!その上、部屋干し臭がしない

リネン繊維はストロー状の中空になっいるので乾きが早く清涼感があり

無垢の床などと同じく湿度を調節する効果もあります。

その上、中空部分に空気の層があり意外と保温性もある

・洗ったままの少しシワがある加減がおしゃれな素材なので

アイロンかけしなくても良い

リネンは程よいシワ感がシャリ感が愛用者に好まれており

中世ヨーロッパでは女性のランジェリーとして愛用されていたとのこと

肌触りや着崩れても味わいがある天然繊維ならではの特性です

・一番古いリネンのジャケットはもう15年愛用していています。

何十回と自宅で洗濯していますが全然ほころびない非常に強い

リネンは水にぬれて繊維がしまることにより

もともと強い繊維がより堅牢になり永持になります。

水にも強く腐りにくく リネン繊維で織り込まれたテーブルクロスは

何十年も使用したものは骨董品として高値で扱われることもあるようです

 

いろいろとリネンを調べるうちに

いつかリネンのインテリアアイテムを自分で手掛けてみたいとの思いで

リネンのカーテンをプロデュースしました。

来春にはリネン生地によるソファブランドもお披露目予定です。

 

 

 

 

カーテンテキスタイルの新作デザインの打ち合わせに出発!!!  2/2

先週からの続きで

リネン生地の製品化までの流れです。

デザイン画を数十枚作成の上、生産地に渡航、

デザイン画の一部です。

デザイン画をもとに現地で織り込む糸を選んでいきます。

デザイン画から色々な色彩の糸を選定しながら

LIF/LIN のコンセプトに合う

ロハスでやすらぎが感じられ、揺らいだ雰囲気を表現しながら実際の生地として

作成していくのはとても難しいのです。

今まで試作で作成して失敗を数多くした経験の積み重ねで

出来上がっていきます。

 

それを簡易サイズのサンプルで一週間かけて手機で織り上げていきます。

ただ手機で織り上げるとかなりラフに仕上がるので

これはあくまで参考までに、のレベルです。

簡易のサンプルをさらに改良を加えてさらに簡易サンプルを

手機で織り上げてもらいます。

またこれも一週間ほどかかります。

それで出来上がった簡易サンプルを

さらに最終サンプル作成に検討の上数点に絞り

それぞれの柄を各デザイン200メートルづつ作成して

それを社内コンペにかけ製品化していきます。

 

関連会社で販売している

【ハグみじゅうたん】 https://lohas-rug.com/ は

デザイン画の作成から製品化まで一年ほどかかりますが

リネンカーテンはおおよそ半年ちょっとで何とか出来上がります。

二つのブランドもかなり手間をかけて商品化しています。

なので意匠登録もばっちりです。

 

このような感じで手間暇かけて創り上げられているのです。

デザインコンセプトはLOHASでアースカラー・・・

リネンカーテン 【Lif/Lin】や ロハス絨毯 【ハグみじゅうたん】の

インテリアテキスタイルのデザイン、開発を担当している G-refom

のデザインコンセプトはもちろんLOHASで上質です。

人それぞれ感じ方が違う色彩心理も

華やかさの中にも穏やかさを感じられるように

アースカラーをセレクト!!

 

そしてアースカラーの色彩のなかに様々なテイストを少し加えています。

大地、草原、夕日、海の色、空の色、雪原などに近い

ナチュラルな色彩をベースに

モダン、シンプル、エレガントなどのデザインテイスト、糸の選定etc

それぞれ重ねてデザインされます。

 

 

デザインの手順は絨毯もカーテンもほとんど同じ

まずはデザイン画を作成

絨毯の上にデザイン画がたくさん乗っています。

8年前は採用になるのは作成したデザイン画の中から2割ほど

現在はデザインの精度も上がり5割ほどです。

カーテンとしてデザインされたデザイン画が

絨毯のデザインとして採用されることも、またその逆もあります。

 

採用にならなくてもかなり良いデザインが多くありますが

そこは試作を作ったのちに実物での社内コンペを行い

さらに厳選したもののみ新作として採用されます。

 

ちなみに来シーズンのデザイン画の中から試作採用になったものが

先日出来上がってきました

それがこれです。

全体の画像ではわかりにくいですが

アップにするとご覧のとおり

細部まで色彩の変化や色の濃淡を変え繊細に作り出されます。

 

来月出来上がってくる試作と合わせ社内コンペの後

さらに改良を加え第二試作を経てデビューします。

 

デザイン画を作成してデザイン画コンペ

そして試作を二度ほど作る時間も合わせ

試作品コンペを経てデビューです。

おおよそ一年がかかりますが意外と早くできるのです。

 

【ハグみじゅうたん】 http://lohas-rug.com/ の

細やかなデザイン、品質は

日本国内でグッドデザイン賞を受賞だけでなく

海外でも評価され来年から海外での販売も開始される予定です。

 

Lif/Lin のリネンカーテンも販売後まだ二年少しですが

製品コンセプト、デザインなど

海外からのご評価も少しずつ頂けるようになりました。

 

 

 

カーテンテキスタイルの新作デザインの打ち合わせに出発!!!  1/2

リネンカーテンの生地製造はかなり進んでおり

オートメーション化されているので生地が出来上がってからの

最終の検品は日本で行っております。

 

関連会社で発売されている

【ハグみじゅうたん】https://lohas-rug.com/ 

検品は現地で100%行っているので

渡航は1~2か月に一度のペースなのでその点は大分違います。

 

先日、年に二度のほど行う現地での生産打ち合わせに行って

デザインや新しい製造事業の打ち合わせにしてきました。

 

いざ成田から出発

6~8月は気温も50℃近くになるのですが

この時期は少し涼しく現地も25℃くらいで仕事には快適です。

 

 

リネン生地の製品化の工程は

 

事前に作成したデザイン画をもと打ち合わせ

スーツケースに入れていたのでデザイン画も少しよれよれになっていますが

デザイン画を実際に試作で作る工程は

来週に続きます。

 

 

高層マンションの防炎対策がすすめられているようです

一昨年春に発生した高層マンションによる火災事故から

より高層ビルや集合住宅での防災対策が厳格化されているようです。

お取引先のマンションデベロッパーさまからのご依頼や

新たに高層マンションにご入居されるお客様からの問い合わせ等が

非常に増えております。

またリゾートホテルや旅館などにディスプレー装飾として

LIF/LINリフリンのリネン生地を採用していただく施設も多くなってきており

その時の仕様は当然 オプションの防炎加工でご依頼があります。

 

建築基準法では高さ31メートルを超える建築物(マンション等の建物も含む)や

事務所や店舗、その他消防法で定められた不特定多数の方の出入りのある宿泊施設

や医療施設、公共施設などでは、防炎ラベルの付いたカーテンの使用が義務づけら

れております。
天然素材のカーテンで防炎ラベル対応ができる商品はほとんどありませんでしたが

Lif/Lin(リフリン)のリネンカーテンはオプションで防炎加工を施し防炎ラベル

ニ (マンション等の集合住宅 可)が取り付けられます。

消防法認定(財)日本防炎協会が認定した防炎カーテンには全てこちらの

防炎ラベルが取り付けられます。

ただ防炎カーテンは、全く燃えないというわけではありません。

防炎ではないカーテンより

火が付きにくい、 燃え広がりにくい、 炎があがりにくい、 炎が消えやすい

などの違いがあります。

また天然素材のカーテンは化学繊維等の生地より有害な煙が出にくいと

言われています。

ただし天然素材に防炎機能を付けるので水洗いすると防炎の効果が薄まります

ので洗濯する場合はドライクリーニングをお勧めします。また洗濯後も防炎機能を

維持したい方にはカーテン加工後の再度の防炎処理もお受けしています。

天然素材リネンのカーテンは上質なぶんお高いのではという方へ

天然素材 特にリネンは上質だがその分価格も高いのでは?

とお思いの方も多いと思います。

大量生産で作られる化学繊維から比べれば

材料も限られ加工する手間がかかるので少々お高くなります。

でも大丈夫!!
Lif/Linのリネンカーテンはヨーロッパ産の上質リネンを海外の当社提携工場で

生産指導、デザイン作製、生産管理を協業のもと

日本流の生産管理、無駄の排除、計画的な生産工程を取り入れえることで

自然素材 リネン を少しでも使いやすい価格での生産を実現しています。

打ち合わせ3

その上で

日本人の感性に合った意匠、品質に

国内のホルムアルデヒド検査(国内の第三者機関にて定期的に実施)や

他検査も行いデザイン性だけでなく安全も優先に製造されています。

DSC01093

 

 

 

第17回【Lif/Lin フォレストシリーズ】 リネンカーテン生地のご紹介

こんにちは。
今までご紹介してまいりました、Lif/Lin生地の小辞典も、最終回となります。
ご覧いただいているみなさま、いつもありがとうございます。

本日ご紹介するのは、Lif/Lin フォレストシリーズ どんなテイストにも溶け込んでくれる、ナチュラルな花模様 です。
生地は麻100%、刺繍部分にはレーヨンを使用しております。
img_3147

こちらの花柄刺繍生地は、全部で9種類のカラーからお選びいただけます。

 


“色合いの違いをご説明します”

LL5041 LL5042 LL5043

img_3165

・・・麻本来の生成り生地をベースに刺繍には色糸を使い個性を出しています。

自然な雰囲気の中に、刺繍が際立っていますよね。

 

cid_c8366d32-27db-47ea-af53-88dfe0edd952planexcid_f5490d0f-6e83-4edd-87a6-a99330d2f381planex

LL5043 をお客様のお宅に納めたお写真です。

素材の風合いも相俟って、落ち着く空間に仕上がっていますね。

 


LL5044 LL5045 LL5046

img_3181

・・・生地は清潔感のある白地に、刺繍の色を変えて個性を出しております。

%e7%9f%b3%e5%b1%b1%e6%a7%98%e3%80%80%e6%b8%a1%e8%be%ba%ef%bc%88%e4%ba%94%e5%8d%81%e5%b5%90%ef%bc%89-26

LL5046  の生地をカーテンとシェードにした際のお写真です。

同じ生地でも、スタイルが違うと、それだけで全く違った表情になります。

白地ですと、昼間にカーテンを閉めても暗くなりすぎることもないので、思わず厚手のカーテンだということを忘れて日中でも楽しめそうですね。


LL5047 LL5048 LL5049

img_3167

・・・生地に色をつけ、刺繍糸は白を使用しています。

左から深みのあるグレーがかったブラック、爽やかなイエローグリーンとライトブルーです。

 

 

ナチュラルな空間にやわらかなリネンの風合いときれいな発色で、カーテンを絵のようにお楽しみいただけます。

img_3139

カーテンとしてお部屋に取り入れると華やかに…

 

img_3185

クッションカバーなどの小物にしてもアクセントになるので、季節感を出すことができ、おすすめです!

 

 

 


“窓の外から見てもうっとり…”

リフリンのリネンカーテンは、敢えて裏地をつけておりません。

img_3131

線画のようで、裏からも眺めたくなりますね。

 

カーテンをかけているとき、窓の外からご覧いただくと、花柄の刺繍模様が綺麗に浮かび上がります!
img_3135

裏地を付けていないからこその楽しみ方ですね。
…でもなぜ、リフリンのリネンカーテンは裏地をつけないのでしょうか??

それは、 リネンには伸縮性 があるためです。
雨の日には湿気を吸い込むことで生地が伸び、晴れた日には湿気を吐きだして伸びた生地が元に戻ったりと、毎日呼吸をしています。
そのため、裏地に違う布を付けると、表の生地と裏の生地の伸縮率の違いからヨレが起こる原因になってしまうのです。

裏地を付けることに向いていないため、完全に外からの光を遮ることはできません。

遮光性がない分、良いこともたくさんあります。

外からの光を柔らかく通してくれることによって、お日様の光で自然と目が覚めたり、外がどんなお天気なのかを知ることもできます。
季節の移ろいをお部屋の中から感じることもできるかもしれませんね。
スローライフ、丁寧な暮らしをされている方は、リネンがそばにあることで、より生活が楽しく豊かになるのではないでしょうか…

 

 

リネンを取り入れた心地よい暮らしを楽しんでください♪

第16回【Lif/Lin フォレストシリーズ】 リネンカーテン生地のご紹介

本日ご紹介するのは、Lif/Lin フォレストシリーズ 暮らしを楽しくしてくれる、華やか且つ上品なリーフデザイン です。

生地は麻100%、刺繍部分にはレーヨンを使用しております。

img_3120

 


“生地紹介”

LL5031
LL5031

 

 

LL5032
LL5032

 

LL5033
LL5033

 

LL5034
LL5034

 

 

 


“それぞれの生地の特徴をご覧ください”

 

LL5031

img_3112

麻本来の染色をしていない生成りの生地に、ベージュホワイトのような刺繍がさりげなく織り込んであります。

日差しが綺麗に映る日中には、光の透け感をお楽しみいただけます。

IMG_6466

 

こちらはお客様のお宅です。
厚手のカーテンにLL5031をお選びいただきました。上品でお部屋にぴったりです。
また全然違った表情で、透き通るような透明感を感じていただけます。
img_3121

刺繍が生地全体に施されていても、柔らかい上品な印象を与えてくれます。

 

 


LL5032

img_3101

リフリンの生地の中で一番華やかな生地です。

華やかでも素材感が出ているのでうるさい印象はありません。
生成りなどの落ち着いたファブリックや反対に可愛らしい小物との相性も良く、
意外と万能な色合いかもしれませんね。

 

img_3122

春に咲く、桜の葉のような鮮やかなカラーリングですが、ナチュラルな表情があるので、お子さんのお部屋の小窓に遊び心で絵のようにかけてみるのもきっと素敵ですね。

 

 


LL5033

img_3109

落ち着いたチャコールグレーの生地に、落ち着きのあるピンクの刺繍が映えています。

 

img_3113

可愛いすぎず、大人らしさのある色遣いなので、ちょっと色味を落ち着かせたいときにおすすめです。

秋の紅葉が落葉する時を彷彿させるデザインです。

例えばベージュ系のソファに、クッションカバーとして季節感を取り入れても良いですね。

 

 


LL5034

 

img_3106

ネイビーに近いようなグレーの生地に、シルクのような白っぽい葉の刺繍が施され、
インパクトのあるデザインです。

日中に窓にかけるとやさしくさりげなく光が通るので、黒っぽいですがお部屋が暗くなりすぎるかな…という心配は必要ないかもしれません。

 

 

img_3115

こちらの4種類の生地の中ですと、一番落ち着いております。

白やベージュ系で統一されたお部屋の中にアクセントカラーとして取り入れるのも面白そうですね。

 

ナチュラルな質感とデザインに飽きることなく、反対に変わりゆく風合いをお楽しみいただけます。

 


いかがでしたでしょうか?
リネンと聞くと、生地自体の素朴なイメージを持たれたりもしますが、実はとっても上品で繊細な表情のある素敵なカーテンになりますよね。

 

 

 

第15回【Lif/Lin フォレストシリーズ】 リネンカーテン生地のご紹介

こんにちは。
本日ご紹介するのは、Lif/Lin フォレストシリーズ エレガントさを演出するダマスクデザイン です。
img_2962

エレガントさを演出する、ダマスクデザイン。
ダマスクとはイスラムの植物や花、果物などの自然の恵みを表した伝統的な模様です。
化学繊維のカーテンだと艶があってよりエレガンスに感じられそうですが、それとは違って、リフリンのダマスクデザインは、リネンを使っているからこその魅力があります。
リネンの風合いは落ち着きもあり、お部屋にもナチュラルに溶け込むような気取らない上品さを感じられます。

 

 


 “生地を詳しく見てみました”

 

LL5021

LL5021

 

 

LL5022

LL5022

 

 

LL5023

LL5023

 

文様は上品でゴージャスな雰囲気もありますが、ベースのリネンが抜け感があり、決まり過ぎない風合いが魅力的です。

 

 


“Recommend style”

img_2980

こちらは  LL5021  LL3001 の組み合わせです。
LL5021 はクリーム色のような落ち着いた色合いの刺繍糸で仕立てられておりますので、さりげなくお洒落に演出してくれます。
ラグやインテリアに色が入っていたり、重厚感のあるウォールナットなどの深めの色合いの床や家具との相性もばっちりです。

 

 

 

%e4%b8%ad%e5%a4%ae%e5%8c%ba%e4%ba%95%e4%b8%8a%e6%a7%98%e3%80%80%e4%b8%ad%e9%87%8e-3

こちらは LL5022 のリネンシェードです。
一枚づけにすることで、日中締め切っていてもお部屋を明るく刺繍が浮き出て窓が絵のようになります。
厚手の生地なので夜の透け感も感じにくく、安心です。

 

 


 

“太陽光にかざしてみました”

リネンの醍醐味は、日中の陽の光を浴びて糸の模様が風合いとなって表れるところなのではないでしょうか。
img_2977

LL5021

 

img_2994

LL5022

 

img_2988

LL5023

日中にカーテンを締め切っていても、明かりをさりげなく取り込んでくれるので、お部屋が暗くなってしまうことがありません。
日差しの強い場所に一枚シェードとして取り入れたり、さりげなくカーテンで上品な雰囲気を取り入れて個性的なお部屋にすることもできます。