Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

月別アーカイブ: 2016年12月

素材のコーディネート

皆さん、カーテンを選ぶときは、何を基準に選びますか?

色?
スタイル??
金額???

どれも大切ですが、リネンカーテンリフリンでは、もうひとつ大切にしていることがあります。

それは・・・

『素材のコーディネート』です。

最近は、無垢の木や漆喰などの塗り壁等、住宅や家具など自然素材にこだわる方も増えていると思います。
それに対して、カーテンの素材を気にする方はまだまだ少ないのかな。と思います。

そもそも、大半のカーテンの素材は何でできているかもよく分からないし、気にもならない。
布でできている。というくらいの感覚ではないかと思います。

最初にお話した、カーテンを選ぶ際の色・柄やスタイル、金額ももちろん大切な要素ですが、自然素材の空間には、自然素材のカーテンを選ぶことをおススメします!

少なくとも、このブログを読んでいただいている方は、リネンがお好きだったり、自然素材のカーテンを探されている方だと思いますので、力説する必要もないかもしれませんが、自然素材の空間に自然素材の家具やカーテンが入ることで、見た目だけではなく居心地の良い空間になることは間違いありません。

2%e3%83%83%e5%b1%b11-5%e5%80%8d%e3%83%92%e3%83%80

%e2%91%a2

自然素材でコーディネートされたおうちは、写真で見ても、きっと心地よい空間なんだろうなぁ。とイメージできますよね。

 

最後に、ここまで読んでいただいて、
『でも、私の家は床も家具も自然素材じゃないから・・・』
と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

それでも、リネンや自然素材のカーテンに興味を持っていただいたら、それがきっかけとなり、少しずつ素材のコーディネートを始めてみるのも素敵です。

小さなことからでも素材のコーディネートを始めてみませんか?

 

 

 

フラットカーテンを検討している方へ~カーテンレールはどこに付いていますか?~

こんにちは。

昔に比べると、既成カーテンでもフラットカーテンを見かけるようになりました。

それでも、まだまだフラットカーテンのことは、よく分からないことが多いですよね。

そこで今回は、フラットカーテンの大きさについてお話します。

以前もブログでフラットカーテンの幅に関する内容をお伝えしたことがあります。
レールの幅に対して、カーテンをどのくらいの大きさで作るかによって、雰囲気も変わるので、皆様のお好みで、幅を決めていただくことができます。

【ブログ】フラットカーテンを検討している方へ
http://www.linen-linen.com/blog/2016/11/04

今回お伝えしたいのは、レールの長さに対して、フラットカーテンの幅をどのくらいにする??という部分は同じですが、カーテンレールの付いている場所によって、大きさを変える必要がある。ということです。

突然ですが、下の写真をご覧ください。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%88%e6%ad%a3%e9%9d%a2%e4%bb%98%e3%81%91%ef%bc%89

①フラットカーテン1.3倍

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%88%e7%aa%93%e6%9e%a0%e5%86%851-3%e5%80%8d%ef%bc%89

②フラットカーテン1.3倍

 

どちらもレールの幅に対して、カーテンの幅は1.3倍です。

②のフラットカーテンは、ちょっと窮屈そうですよね。

この2枚の写真の何が違うのか???というと、
カーテンレールが取り付けられている位置が違います。

①のフラットカーテンのレールは、窓枠の外(壁面)に付いていて、レールの長さも窓の幅よりも少し長いです。
一方②のフラットカーテンのレールは、窓枠の内側に付いているため、当然レールの長さも窓枠の中に収まる長さになります。

一般的には、フラットカーテンはレールの幅に対して、1.3倍程度大きくして作製することをお勧めしています。
ただ、カーテンレールが窓枠の中に付いている場合、カーテンも窓枠の中に収まることになります。その際はレールに対して1.3倍の大きさで作製してしまうと、②の写真のように、ちょっと窮屈な印象になってしまうため、1.2倍程度の大きさにするといいです。

同じ窓で、1.3倍で作製したもの(写真②)と1.2倍で作製したもの(写真③)を比べると
このような感じになります。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%88%e7%aa%93%e6%9e%a0%e5%86%851-3%e5%80%8d%ef%bc%89

②フラットカーテン1.3倍

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%88%e7%aa%93%e6%9e%a0%e5%86%851-2%e5%80%8d%ef%bc%89

③フラットカーテン1.2倍

 

どのくらいの大きさで作るかによっても、印象も変わりますね。

フラットカーテンを作製する場合は、カーテンレールの付いている位置にも注目してみてください!

 

 

 

 

天然素材リネンのカーテンは上質なぶんお高いのではという方へ

天然素材 特にリネンは上質だがその分価格も高いのでは?

とお思いの方も多いと思います。

大量生産で作られる化学繊維から比べれば

材料も限られ加工する手間がかかるので少々お高くなります。

でも大丈夫!!
Lif/Linのリネンカーテンはヨーロッパ産の上質リネンを海外の当社提携工場で

生産指導、デザイン作製、生産管理を協業のもと

日本流の生産管理、無駄の排除、計画的な生産工程を取り入れえることで

自然素材 リネン を少しでも使いやすい価格での生産を実現しています。

打ち合わせ3

その上で

日本人の感性に合った意匠、品質に

国内のホルムアルデヒド検査(国内の第三者機関にて定期的に実施)や

他検査も行いデザイン性だけでなく安全も優先に製造されています。

DSC01093

 

 

 

リネンカーテンLif/Lin(リフリン)5つの安全・安心⑤『選べる安心』

リネンカーテンLif/Lin(リフリン)の5つの安全・安心。
最後の5つ目は、『選べる安心』です。

ただ今、Lif/Lin(リフリン)では、
●主に無地のフィールドシリーズ
●レースのエアリーシリーズ
●刺繍を施したフォレストシリーズ
の3シリーズ合わせて、83柄の中からお好きなものを選んでいただくことができます。

%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%86%e3%83%b31220-3585

 

リネンカーテンは今までなかったわけではありません。
以前から存在していましたが、その多くが、リネンそのままの色の生成りや白という、シンプルなものだったのです。

でも、一般的なカーテンは、たくさんの色柄の中から選べるのに、リネンカーテンにしたいときは、選択肢が少ない。なんて寂しいですよね。

そこで、Lif/Lin(リフリン)では、日本人の住宅や感性に合うデザインの生地を作っちゃいました!

同じお部屋でも、カーテン1枚で、ガラっと雰囲気が変わるもの。

カーテンを選ぶ段階から、楽しめるのです。

もちろん、昔からあるシンプルな生成りや白の生地も、リネン特有の素材感をダイレクトに楽しむことができます。

9

 

Lif/Lin(リフリン)のリネンカーテンは、世界有数のリネンの産地である東欧や南アジアより輸入しています。
輸入するだけではなく、産地への生産指導や日本基準の生産管理を現地との協業で行うことで、無駄なコストを排除し、お求め安い価格を実現しています。

①豊富な色柄からお好みのものを選んでいただける
②お求め安い価格を実現

で、Lif/Lin(リフリン)のリネンカーテンを安心して選んでいただくことができるのです。

 

 

 

リネンカーテンLif/Lin(リフリン) イベント開催中です!

こんにちは。
ただ今茨城県つくば市にある、HOME SIC STYLE SHOP つくば店様で、オーダーカーテンフェアを開催されています。

img_2371

家具だけではなく、インテリア小物なども充実した、住空間を提案するライフスタイルショップです。

倉庫を改装した開放感あふれるお店で、カーテンフェア期間中はLif/Lin(リフリン)の全柄をご覧頂くことができます。

img_2368

 

img_2372

ぜひ、この機会に遊びにいらしてください。
そして、天然素材の気持ちよさを、実際にお手にとってお確かめくださいませ。

 

 

HOME SIC STYLE SHOP つくば店

2016年12月1日(木)~12月29日(木)
茨城県つくば市要300
029-877-4255
10:30~19:00

ホームページはこちらから↓↓↓
http://www.homesic.com/shop/tsukuba.html

 

リネンカーテンLif/Lin(リフリン)5つの安全・安心④『火災への安心』

リネンカーテンLif/Lin(リフリン)5つの安全・安心の4回目。

今回は『火災への安心』です。

最近、また地震なども多くなり、防災への意識がより高まっています。

カーテンと防災???

普段の生活では、あまり結びつかないかもしれませんが、消防法の改定により、高層マンションでの防炎カーテンの使用も義務化されているのです。

一般的な防炎カーテンは、化学繊維でできたものがほとんどですが、Lif/Lin(リフリン)のリネンカーテンは自然の風合いを楽しみながら、高層マンションなどの集合住宅での防炎規制に適応しています。
防炎加工を施しているため、表面は少しサラッとした感じになりますが、リネンの風合いは損なわれません。
※Lif/Linの防炎加工はオプションで、防炎性能(二)となります。

img_3013

写真は防炎加工を施したカーテンです。

マンションへのお引越しを機に、Lif/Linのリネンカーテンを選んでいただきました。
防炎の規制はあるけれども、自然素材のカーテンにしたい!
そんな想いにも、Lif/Linのリネンカーテンならお応えできます!

 

マンションはモダンな雰囲気のイメージも強いですが、最近ではリノベーションなども含め、自然素材で仕上げたい。という方も多くなっています。

マンションで防炎規制はあるけれども、自然素材を使いたい!

そんな方にもお勧めです。

リネン素材の癒しと共に、安心もプラスしてお使いいただけます!