Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

月別アーカイブ: 2016年9月

ロハスなインテリアディネートは質感が大切!!

こんにちはインテリアコーディネーター歴10年の白井です。

関連会社でおもにハウジングメーカー様の

インテリアの提案をしております。右隅が私です!!

DSC01122

 

本日はご新築やマンションご入居時などの

ロハスなインテリアコーディネートをご紹介させていただきます。

 

お部屋をコーディネートするうえでカラーコディネートだけでなく

素材感を合わせないと

色合いだけを統一してもなんとなくしっくりきません。どうしてか❓

 

特に最近のご新築のお住まいでは

床材にパイン、杉、桧、メープル、オーク、ウォルナット、ビーチ等々の

無垢材をご使用になるお宅や

壁には漆喰や珪藻土などを上手に取り入れられるお宅が増えており、

マンションなども天然木の突板のフローリングを標準にする物件も増えてきております。

DSC_0105

質感を合わせたコーディネートお客様のお宅参考例

これはご入居される方のお好みが

自然志向、安全志向、ストレスレス志向になってきているからだと思われます。

せっかくそのようなお住まいをコーディネートする場合

お部屋に置く小物や家具、カーテンなどの質感を統一しないと

お部屋全体の雰囲気が崩れます。

折角の無垢の床にしたのにダストボックスがプラスチックのものだったり

木の質感が楽しめるお部屋に化学繊維の絨毯・カーテンが設えてあったり・・・

ですと折角のナチュラルな質感が損なわれます。

1472644423989

ナチュラルモダンを取り入れたお客様のお宅参考例

色だけでなく匂いもそうです。

プラスチック製品が多い100円ショップなどの匂いが苦手な方も多いですよね。

自然志向、安全志向のお部屋には当たり前のことですが

アイアンや天然繊維、ガラス、陶器などが質感があいます。

お部屋は細部のしつらえがとても大切なのです。

 

またモダンでポップ、カジュアル雰囲気を作りたい場合は

プラスチックや化学繊維が合うかもしれませんね。

ただやっぱりロハスな空間なら天然素材の質感がおすすめです。

 

私はモデルルームなどのコーディネートを依頼された場合

色調だけでなく質感のコーディネートを大切にしています。

 

☆☆☆ ここでLIF/LINスタッフよりちょとお知らせ ☆☆☆

“LIF/LIN リフリン”  の関連会社では

4年前に  ウールラグ 羊毛じゅうたん のブランド

 

“ハグみじゅうたん”  を立ちあげております。

もちろんコンセプトは ロハスな自然素材のじゅうたん ラグ です。

“ハグみじゅうたん ”

のホームページはこちらから    http://lohas-rug.com/

 

 

 

第13回【Lif/Lin フォレストシリーズ】 リネンカーテン生地のご紹介

本日ご紹介するのは、Lif/Lin フォレストシリーズの生地 上品で華やかなフラワーデザインです。

 

img_2535

今回からのフォレストシリーズは、今までご紹介していた生地に比べるとデザインと価格共にランクはハイクラスです。
森や植物から四季の移ろいを感じる様に、リネンとあしらった模様にも自然を感じていただきたいという想いでフォレストシリーズを作りました。
ただ、高級感を演出するのではなく、リネンの風合いも楽しみつつ、より上品に上質な素材をお楽しみ頂けます。


 “生地を近くでご覧ください”

 

img_2543

LL5001
生成りのリネン地に、光沢のある刺繍で花柄が描かれております。葉っぱと蔓はホワイトで、お花は落ち着きのあるグレーの糸を使用しています。
一色だけでなく、2色の糸を使用しているため、日差しが当たっているときと、夜暗い場所で見る色ともまた違った色合いを映しますので、飽きのこない魅力があります。
img_2546
実際に窓の前にかけてみると、糸の色味を変えているため立体感が生まれます。
柔らかな雰囲気の生成りがベースなので、ナチュラルな雰囲気もお楽しみいただけます。
img_2544

LL5002
こちらは爽やかな白が特徴の花柄デザイン。

img_2548
窓の前にかけてみると、また雰囲気が変わりますね。
白地のリネンの気品さと、刺繍の華やかさがとても魅力ある一枚です。
シェードとしてお使いいただいても良いですし、日当たりが良い場所に一枚で使って頂くと、まぶしさは遮りながらも程よく光の面影を残し、デザインが浮き出て華やかな印象になります。

img_2542

ぜひ、リフリンのフォレストシリーズの上品なリネンカーテンをお楽しみください。

Lif/Lin リフリンのリネンカーテン開発について

 

 

Lif/Lin リフリン の開発されてから2年が経ちますが

開発構想は2000年までに遡ります。Lif/Lin リフリンの販売元である 株式会社LLtrade の関連会社が運営している

1999年OPENのインテリアショップ beau decor ではショップのコンセプトを健康、環境、造りにこだわり、ロハスなインテリアを今でも変わらずに提案しています。

DSC01107

そこでは自然素材好きなスタッフが集まり「家具」「雑貨」「カーテン」「絨毯」それぞれのショップを一つのエリアで運営しております。

木の質感を大切にした家具、

DSC01127

大人になっても使える学習机、

DSC01114

家具の塗装も植物オイルを使用した家具、

DSC01128

作り手の顔が感じられる工芸雑貨、

自然素材で織り上げられたランチョンマットやテーブルクロス・・・

DSC01129

そのような環境でしたが

 

ただカーテンのショップだけが化繊のカーテンばかりで

ちょっと、イヤ結構しっくりこない ということで当時のカーテン担当スタッフに

はるばる東欧のリトアニアに赴いてもらい

2000年ころよりリネン生地の輸入を始めました。

そしてただリネン生地を輸入するだけではなく

デザイン開発や生産管理、品位管理まで自社で運営することで

よりよい品質アップと自然素材のわりにつかいやすい価格を目指し

2014年に Lif/Linリフリン ブランドを立ち上げました。

 

リネンカーテン 打ち合わせ2

生産地での打ち合わせ風景。

 

そんな少し長い歴史の中で

健康、環境、造りにこだわった上質なロハスインテリアを

試行錯誤しながらグーループ全体で開発しています。

 

 

 

 

 

 

福井でもLif/Linのお取り扱い店舗が誕生しました。

昔から福井では織り機や編み機産業が盛んで様々織物が生産されていました。その福井県下で初のLif/Linをお取り扱いいただく店舗様が誕生しました。

越前市のアンシャンテタナカ様です。

ウォルナットをはじめとした無垢材の家具を扱う素敵な素材です。

自然素材の扱いに長けたスタッフ様がご案内しています。

大判の生地見本をご覧になれますので是非お店にご来店くださいませ。

アンシャンテタナカ様のHP

第12回【Lif/Lin エアリーシリーズ】 リネンカーテン生地のご紹介

本日ご紹介するのは、Lif/Lin エアリーシリーズのレース生地 リフリンのカラフルボーダーデザインです。

 

img_2583

左から、 LL3041  LL3042
こちらは、 前回ご紹介した LL2141LL2142 のレースバージョンとなります。


“生地を詳しくご覧ください”

LL3041

LL3041

img_2562

こちらはLL2002の生地とのダブルシェードにしています。

レースを手前に持ってくることで、日中でも夜でもデザインをお楽しみいただけます。

 

 

LL3042

LL3042

爽やかで大胆なボーダー柄です。

茶色やブルー、ベージュなどが入っていて、賑やかながらも落ち着きのある印象があります。

~厚手の LL2142 とは厚みも見た目も違います~

img_2575

 左 LL2142(厚地)  右 LL3042(レース)

同じ場所で吊るしておりますが、LL3042のレース生地の方が窓の外をなんとなく感じていただくことができます。

 img_2566

左 LL2142(厚地)   右 LL3042(レース)

左の厚手の生地は、より目が詰まっているのに比べ、右のレースの生地は光や風を取り込むため、少し軽やかに織り上げています。

 

 


“Recommend style”

①大胆に、掃出しの窓へ

img_2588 img_2580

LL3041  を大胆にも掃出しの窓に吊るしたイメージです。
日中はお部屋に爽やかなブルーの彩りがアクセントとして映えますが、夜には厚手のカーテンを閉めてしっとり落ち着いた雰囲気に…。
タッセルなど、遊び心をプラスすれば、あなただけのスタイルをお楽しみいただけます。

 

②さりげなく小窓に

IMG_7093

お部屋の一か所に違った色味のカーテンを選んで個性を出してみるのもおすすめです。

爽やかに光を取り込んでくれて、とても気持ち良い窓になりますね!

カーテンを検討している方へ。ヒダ有カーテンとヒダ無カーテンの違い!

みなさま、こんにちは。

カーテンを探していると、
3ッ山2倍ヒダカーテンや2ッ山1.5倍ヒダカーテン・フラットカーテン…
という言葉をよく聞くと思います。

でも実際、どれがどう違うのか分からない!

という方も多いです。

そこで今回は、主なカーテンの種類と、仕上がりをご紹介致します。

 

【3ッ山2倍ヒダカーテン】

上部のヒダを3つつまんだカーテンで、窓の幅に対して、2倍の生地を使っています。

IMG_1720

3%e3%83%83%e5%b1%b12%e5%80%8d%e3%83%92%e3%83%80

 

生地をたっぷりと使用するため、ボリュームも出て、高級感が出ます。
オーダーカーテンの場合、この3ッ山2倍ヒダで作製することが一般的ではあります。

 

【2ッ山1.5倍ヒダカーテン】

上部のヒダを2つつまんだカーテンで、窓の幅に対して、1.5倍の生地を使っています。

IMG_1704

2%e3%83%83%e5%b1%b11-5%e5%80%8d%e3%83%92%e3%83%80

3ッ山2倍ヒダカーテンよりも、使用する生地の量が少なく、ボリュームも少なくなるため、
少し軽い印象にもなります。

 

【フラットカーテン】

上部のヒダをまったく取らないスタイルです。

IMG_1717

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%83%881-3%e5%80%8d

上部でヒダを取る、3ッ山2倍ヒダカーテンや、2ッ山1.5倍ヒダカーテンに比べて、
よりラフな印象になります。

3ッ山2倍ヒダカーテンや、2ッ山1.5倍ヒダカーテンと違い、ヒダをとらないため、
1枚の布を窓に掛けたような、カジュアルな印象になります。

3ッ山2倍ヒダカーテンや、2ッ山1.5倍ヒダカーテンはヒダをつまむことで、
必然的にカーテンのウェーブが出ますが、フラットカーテンの場合、
1枚の布を掛けただけでは平面的になってしまうため、窓の幅よりも30%程度大きめにして、カーテンを閉じたときでもなだらかなウェーブが出るように作製することが一般的です。

 

昔は、オーダーカーテン=3ッ山2倍ヒダ というイメージがありますが、
リネンカーテンの場合は、2ッ山1.5倍ヒダカーテンやフラットカーテンのように、
カジュアルに取り入れていただくのもおススメです!

 

第11回【Lif/Lin エアリーシリーズ】 リネンカーテン生地のご紹介

本日ご紹介するのは、Lif/Lin エアリーシリーズのレース生地 窓が額縁になる、絵画のようなリーフデザインです。

img_2473

左から、 LL4001 LL4002 LL4003

 

こちらの特徴は、手の込んだ刺繍。刺繍部分はレーヨンを使用しております。

img_2480

透き通るようなレース生地に蔦が這うような葉っぱの総柄はさりげなくお部屋を彩ってくれます。

こちらのリーフデザインは、普段ご自宅で過ごす日中の明るい時間に、レースカーテンでもリネンの上質さと美しい刺繍デザインを楽しんでほしいという想いで作製しました。
厚手のカーテンは、デザインや種類が豊富ですが、夜に閉じるのが一般的であり、勿体なく感じます。

日中お家で家事や洗濯をされる方は、レースカーテンの方が目にする時間が長いのかもしれません。
毎日目にするお部屋の一番面積の大きなインテリアです。
こだわるか、こだわらないかでお部屋の雰囲気も、その日の気分も一変しますので、お気に入りの生地を選ばれるのをお勧めしています。

 


“それぞれの生地の特徴” 

 

LL4001

LL4001  
リネンの繊維の色をそのまま残した生成りのお色で仕上げております。
自然な風合いもあり、やわらかい日差しを取り込んでくれるのが素敵な一枚です。

 

img_2227
やわらかい風合いが、そよ風が入ってよりきれいに映し出されております。

 


 

LL4002

白地に白の刺繍糸で織り込んだデザインです。
純白のような色味に入った葉っぱ柄がさりげなくおしゃれな雰囲気を醸し出します。
LL4002

%e2%91%a0%ef%bd%89%e6%a7%98-2

アイアンとの相性も良く、素敵な仕上がりです。

 


 

LL4003

LL4003

ブルーのリネン地に白の刺繍糸で模様を入れ込んであります。
お色違いの糸で仕上げているため、葉っぱ柄が見てよくお分かりいただけます。
アクセントカラーとして小窓などにお使いいただくのもおすすめです。

%e2%91%a1w%e6%a7%98-1

出窓にお選びいただきました。ブルーが爽やかさを演出しております。

第10回【Lif/Lin エアリーシリーズ】 リネンカーテン生地のご紹介

こんにちは。

本日ご紹介するのは、Lif/Lin エアリーシリーズのレース生地 お部屋をシャープな印象に、色遣いを楽しめるストライプレースカーテンです。

 

img_2468

左から、 LL3012 LL3013 LL3014

 

 


“それぞれの生地の特徴”

 

LL3012

LL3012

リフリンのレース生地の中では一番白いです。
そこにしっかりとわかりやすいストライプが効いていますので、のっぺりせず、お部屋をシャープな印象にしたいという方におすすめです。
IMG_0211

明るい白は、馴染むというより、しっかり存在感もあるので、お部屋を明るくしてくれる良さがあります。
こちらのお写真はのれんスタイル。
廊下とリビングとの間に仕切りという意味でも、さりげなくおしゃれなのれんは素敵なお宅にぴったりです。

 

 

LL3013

LL3013

空のような水色です。
ブルーのリネン地に白いストライプが効いています。
お部屋のアクセントともなってくれますが、爽やかな印象があるので、一か所だけこのブルーで遊んでみるのも良いかもしれません!
LL3014

LL3014

こちらは、実物の方がピンクが強いような気がします。
光の当たり具合でまた色味の印象も変わりますが、他にない華やかできれいな色です。

img_2467
店内には、LL3014で仕立てたダブルシェードを展示しております。
こちらの厚手のリネンはLL2006です。

同系色で合わせ、レースの生地を手前にしました。
これで、夜に厚手の生地を下ろしてもレースのストライプ柄を楽しむことができますね。

おしゃれなカーテンを探している方におすすめ。Lif/Lin(リフリン)お客様の声更新中!

こんにちは。

いつもリネンカーテンLif/Lin(リフリン)のブログをご覧いただき、ありがとうございます。

このブログもどんどん更新しておりますが、ブログと同じように更新されているのが、お客様の声です。

リネンのカーテンを使ってみたいけど、カーテンのことがよく分からない。。。
カーテンっていろいろなスタイルが選べるけど、どんな風に仕上がるのかな???
生地の種類がたくさんあって楽しいけど、実際どれを選んだらいいのかな・・・

皆様と同じような不安を持っている方は、たくさんいらっしゃると思います。

そんな時、このお客様の声のページで施工例や実際のお客様の感想を参考にしてみてください!

http://www.linen-linen.com/voice

 

今回は、お客様の声にアップさせていただいた方の写真を少し紹介いたします。

柏崎市 S様㈫(LL2002 タッセルLL2001) 長岡市 O様㈰(LL1002+LL1001) %e6%b2%b3%e7%ab%af%e6%a7%98%ef%bc%92

ベースの生地とは別の生地をプラスしたり、同じ生地を向きを変えてプラスしたり・・・
柔らかい布を縫い合わせて作るからこそできる、オリジナルのカーテンです。

1472644423989 上越市 K様㈫(LL2023・LL3002) %e2%91%a2

色のカーテンも空間の差し色になって素敵です!

新潟市 M様㈫(LL5002) 3 %e2%91%a0

刺繍入りのカーテンは、より華やかな空間になりますね。

 

これからも随時更新していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。
そして、やっぱりリネンのカーテンって素敵だな!って思っていただけたら、ぜひお近くのLif/Lin(リフリン)取扱店様で実際の生地をお手にとって見てみてください!!!

第9回【Lif/Lin エアリーシリーズ】 リネンカーテン生地のご紹介

こんにちは。

今回で、9回目になりますリフリンリネンカーテン生地のご紹介ですが、今回からはリネンのレース生地のご紹介をいたします。

レース第一弾は、 Lif/Lin エアリーシリーズ  ベーシックな風合いを楽しむリネンレース です。
img_2489
左から、 LL3002 LL3001

 


 “生地のご紹介です”

 

LL3001

LL3001

ベーシックなシンプルデザインです。
リネン本来の色をそのまま残していて、自然な雰囲気を楽しむことができます。

 

__-1

お使いいただいているお客様のお写真です。
自然な色合いそのままに、 温もりある生成りの色がすっきりみせてくれています。
うらやましいほど眺めの良いマンションにお住まいでいらっしゃり、レース一枚づけでお使いいただいております。

 


 

 

LL3002

LL3002

こちらは、お色違いの白。
少し黄みがかっているので、真っ白は浮いてしまうかも…と不安な方にもおすすめ。
自然な雰囲気もありますので、風合いをお楽しみいただけますし、厚手のカーテンに色を入れても相性が良いです。

 

img_1627

 

先日納めさせていただいたお客様のお写真。
自然素材のお家の壁や手織りのキリムなどとも相性抜群ですね。
ログハウスのお部屋を明るく魅せたいとの想いで厚手とレース両方に白をお選びいただきました。


“お客様からの心配事…リネンのレースカーテン生地は透けない?”

化学繊維のポリエステルなどは、人工的に作られるため、均一な長い糸を作ることができます。
一方、自然素材の麻は、1本の糸の長さに限りがあったり、太さが均一ではないため、ざっくりと織りあがります。

なので、透け感もありそう…とご心配されるお客様もいらっしゃいますが、実は思ったほど透けないんですよ
そして、リネン地は実はポリエステルなどの化学繊維よりも厚みがありますので比べてみるのも良いでしょう。

 

手に取ってみると…

img_2481

かなり近くで見ていますので、化繊のカーテンと同じように透け感はもちろんあります。

 

夜、窓に吊るしてみました。 

img_2483

LL3001

人影もわかりづらく、気になりません。

ガラス越しに見ても、人通りが多かったり道路に面したお部屋でない限り、透けるということは、わかりづらいのでプライバシーも守ってくれます。

 

程よく光を取り込んでくれて、心地よい暮らしを叶えてくれる、自然素材のリネンカーテン。
レースは毎日目にする大切な場所です。

ぜひお気に入りのカーテンにされてみてはいかがでしょうか??