Lif/Linブログ
Lif/Linブログ Lohasで安心・安全なリネンカーテン【リフリン】の公式ブログです。

リネンって何で出来ている?

こんにちは。

Lif/Linのリネンカーテンは厳選された天然リネン100%で作られています。

ですが、そもそも「“リネン”とは何なんだろう…?」と疑問に思われていらっしゃる方も多いかと思います。


“リネンって…?”

リネンとは、フラックスという植物の茎を原料とした天然繊維。

種類としては麻の仲間に入ります。

(上写真がフラックス。可愛らしいフラックスのお花が咲いています。)

 

“麻”と聞くと「ゴワゴワ、チクチクした手触り」という固いイメージを持たれる方も多いかもしれません。

確かに、梱包材として使う麻ひもや穀物を入れる麻袋など、硬い手触りでがっしりしたものが多いですよね。

実は麻にもたくさんの種類があり、リネンはその中でも柔らかな素材のもの。

麻袋などに使われている麻はリネンではなく“ジュード”という素材にあたります。

 

リネンはその肌触りの柔らかさや通気性の良さから、主に寝具や衣服などに用いられています。

肌触りは滑らかですが、素材としては麻の一種であるためとても丈夫。

先ほど写真でもご紹介したフラックスの茎部分は

折ってちぎろうとしてもなかなかちぎれないのですよ!

 

リネンカーテンを作る際には、このフラックスの茎を繊維状にし、撚っていくことでリネン糸を作っていきます。

天然繊維を撚っていくため、リネン糸は太さが決して均一ではない、表情ある糸へとなっていくのです。

このことで生まれるリネンの特徴、“ネップ”については以前のブログでも紹介されていました。

併せてご覧ください!→『自然の恵み!リネンカーテンの特徴

 

そんなリネン糸で作られたリネンカーテンの表情はとても豊か。

ぜひLif/Linのリネンカーテンの触り心地とその表情をご体感くださいませ。